ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1978年1月21日付(映画のメイン・テーマそろい踏み?) ]
2015-05-10(Sun) 15:38:29
01/01「ベイビー・カム・バック」プレイヤー
02/02「愛はきらめきの中に」ビー・ジーズ
03/03「愛のほほえみ」ドリー・パートン
04/04「胸につのる想い」ロッド・スチュワート
05/15「ショート・ピープル」ランディ・ニューマン
06/06「スリップ・スライディン・アウェイ」ポール・サイモン
07/07「ヘイ・ディニー」ショーン・キャシディ
08/10「伝説のチャンピオン」クィーン
09/09「永遠への航海」スティクス
10/17「ステイン・アライブ」ビー・ジーズ

11/16「素顔のままで」ビリー・ジョエル
12/05「バック・イン・ラヴ・アゲイン」L.T.D.
13/14「浮気なスー」レイフ・ギャレット
14/20「愛の面影」アンディ・ギブ
15/22「ふれあい」ダン・ヒル
16/18「ターン・トゥ・ストーン」エレクトリック・ライト・オーケストラ
17/19「太陽の戦士」アース、ウィンド&ファイア
18/23「ダンス・ダンス・ダンス」シック
19/21「アイ・ゴー・クレイジー」ポール・デイビス
20/08「悲しい女」ボブ・ウェルチ

21/26「愛しのデザレ」ニール・ダイアモンド
22/11「恋するデビー」デビー・ブーン
23/31「愛のエモーション」サマンサ・サング
24/28「悲しき願い」サンタ・エスメラルダ
25/12「ユー・キャント・ターン・ミー・オフ」ハイ・エナジー
26/03「ブルー・バイユー」リンダ・ロンシュタット
27/34「ホワッツ・ユア・ネーム」レーナード・スキナード
28/29「帰らざる航海」カンサス
29/32「ネイティブ・ニューヨーカー」オデッセイ
30/37「遙かなる旅路」フォリナー

31/25「瞳のささやき」クリスタル・ゲイル
32/36「麗しのペグ」スティーリー・ダン
33/40「あの娘が標的」コモドアーズ
34/45「ファン・ファン・ファン」コン・ファンク・シャン
35/42「ラヴリー・ディ」ビル・ウィザース
36/38「アズ(永遠の誓い)」スティーヴィー・ワンダー
37/48「ハッピー・アニヴァーサリー」リトル・リバー・バンド
38/39「ソウル・アンド・インスピレーション」ダニー&マリー・オズモンド
39/48「未知との遭遇のテーマ」ジョン・ウィリアムス
40/50「未知との遭遇のテーマ」ミーコ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ファン・ファン・ファン」コン・ファンク・シャン
(Ffan / Con Funk Shun)

>1969年カリフォルニア州で結成されたR&B/ファンク・バンド。
初となるトップ40ヒットは、ホーンセクションがイカした日本人受けしそうなディスコ調ファンク・ナンバー。最高位23位と、そこそこの成功を収めている。

アルバム「シークレッツ」(Secrets)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ラヴリー・ディ」ビル・ウィザース
(Lovely Day / Bill Withers)

>1938年カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼プロデューサー。本名ウイリアム・ハリソン・ウィザースJr.。
72年に「リーン・オン・ミー」(Lean On Me)のビッグ・ヒットで知られる彼による、5年ぶり5曲目となるトップ40ヒット。ちょっと物足りないソフト調のR&Bが、最高位30位まで上昇。これが最後のトップ40エントリーとなってしまったのだが、81年グローバー・ワシントンJr.の「クリスタルの恋人たち」(Just The Two Of Us)でボーカルを担当し、大ヒットを記録している。

アルバム「夢の世界」(Menagerie)に収録。
【試聴はコチラ】
「クリスタルの恋人たち」

☆「ハッピー・アニヴァーサリー」リトル・リバー・バンド
(Happy Anniversary / Little River Band)

>1975年オーストラリアで結成されたロック・バンド。
この美しいコーラスで始まるポップ・ロックがワタシにとってのL.R.B.初体験となったのだが、当時はそれ以外は取り立てて魅力を感じ取ることが出来なかったとはいえ、それなりの存在感を感じた一曲。最高位は16位。彼らが奏でる魅惑のサウンドの虜にされるのは、次のトップ40ヒットからである。

アルバム「妖しいダイアモンド」(Diamantina Cocktail)に収録。
Diamantina Cocktail
↑今回収録曲をダイジェストで試聴してみたのだが、なかなか良さげな内容♪
【試聴はコチラ】

☆「未知との遭遇のテーマ」ジョン・ウィリアムス
(Theme From Close Encounter Of The Third Kind / John Williams)

>1932年ニューヨーク州出身の作曲家兼指揮者兼ピアニスト。本名ジョン・タウナー・ウイリアムス。
76年の「スターウォーズのテーマ」(Main Title)に引き続いてその年を代表するヒット映画の作曲を担当し、メイン・テーマ曲がトップ40にエントリー。OPのフレーズは、一度耳にすれば一生脳裏にこびりつくであろうインパクトを持ったインスト・ナンバー。39位→26位、20位→14位という脅威のジャンプアップを見せ、下記のディスコ・バージョンの追撃を振り払おうとしたが、最高位13位で急停止。楽曲は「スターウォーズ~」に劣らない魅力を持った作品なのだが、映画の方は日本でも数回TVにて放映され一応ワタシも視聴はしたのだが、いつも序盤で飽きてしまい未だにその内容は不明。

サントラ「未知との遭遇」(Close Encounters Of The Third Kind)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「未知との遭遇のテーマ」ミーコ
(Theme From Close Encounters / Meco)

>1939年ペンシルバニア州出身のプロデューサー兼ミュージシャン。本名ドメニコ・モナルド。

76年「スターウォーズのテーマ」をディスコ調にアレンジし、オリジナルを超えた大ヒットを記録した彼によるアレンジ大作戦第二弾。完成度は今回も悪くはないとはいえ本家の出来っぷりには敵わなかったようで、今回は最高位25位に甘んじている。それにしても40位と39位に同時チャートインさせるB.B.誌は、茶目っ気にあふれてまくっている?

アルバム「未知との遭遇」(Encounters Of Every Kind)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外85位★

☆「狂気の叫び」キッス
(Shout It Out Loud / Kiss)

>76年にスタジオ録音バージョンが最高位31位まで上昇した作品を、今回はライヴ・バージョンでのシングル・リリース。75年に「ロックンロール・オールナイト」(Rock and Roll All Nite)のライヴ・バージョンが、スタジオ録音バージョン(最高位68位)を超えるヒット(最高位12位)を記録したため二匹目のなんちゃらを狙ったのかもしれないが、今回は最高位54位止まり。

アルバム「アライヴ2」(Alive II)に収録。
【試聴はコチラ】
(スタジオ・バージョン)
音楽チャート1978年1月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1978年1月14日付(ちょっと凡庸なディスコ?コモドアーズ) ]
2015-04-29(Wed) 20:02:48
01/02「ベイビー・カム・バック」プレイヤー
02/01「愛はきらめきの中に」ビー・ジーズ
03/05「愛のほほえみ」ドリー・パートン
04/09「胸につのる想い」ロッド・スチュワート
05/04「バック・イン・ラヴ・アゲイン」L.T.D.
06/07「スリップ・スライディン・アウェイ」ポール・サイモン
07/10「ヘイ・ディニー」ショーン・キャシディ
08/08「悲しい女」ボブ・ウェルチ
09/11「永遠への航海」スティクス
10/13「伝説のチャンピオン」クィーン

11/06「恋するデビー」デビー・ブーン
12/12「ユー・キャント・ターン・ミー・オフ」ハイ・エナジー
13/03「ブルー・バイユー」リンダ・ロンシュタット
14/14「浮気なスー」レイフ・ギャレット
15/17「ショート・ピープル」ランディ・ニューマン
16/18「素顔のままで」ビリー・ジョエル
17/28「ステイン・アライブ」ビー・ジーズ
18/20「ターン・トゥ・ストーン」エレクトリック・ライト・オーケストラ
19/19「太陽の戦士」アース、ウィンド&ファイア
20/23「愛の面影」アンディ・ギブ

21/21「アイ・ゴー・クレイジー」ポール・デイビス
22/25「ふれあい」ダン・ヒル
23/26「ダンス・ダンス・ダンス」シック
24/24「愛をささやくとき」ベイ・シティ・ローラーズ
25/16「瞳のささやき」クリスタル・ゲイル
26/29「愛しのデザレ」ニール・ダイアモンド
27/27「燃える想い」ダイアナ・ロス
28/31「悲しき願い」サンタ・エスメラルダ
29/30「帰らざる航海」カンサス
30/15「イッツ・ソー・イージー」リンダ・ロンシュタット

31/37「愛のエモーション」サマンサ・サング
32/33「ネイティブ・ニューヨーカー」オデッセイ
33/34「ガールズ・スクール」ポール・マッカートニー&ウイングス
34/38「ホワッツ・ユア・ネーム」レーナード・スキナード
35/22「マイ・ウェイ」エルビス・プレスリー
36/40「麗しのペグ」スティーリー・ダン
37/47「遙かなる旅路」フォリナー
38/42「アズ(永遠の誓い)」スティーヴィー・ワンダー
39/39「ソウル・アンド・インスピレーション」ダニー&マリー・オズモンド
40/49「あの娘が標的」コモドアーズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「遙かなる旅路」フォリナー
(Long, Long Way From Home / Foreigner)

>全米だけで500万枚のセールスを記録する事となるデビューアルバムからの3rdシングル。楽曲としてのパワーダウンは否めないかもしれないが、最高位20位にまで上昇したのはお見事。

アルバム「栄光への旅立ち」(Foreigner)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「アズ(永遠の誓い)」スティーヴィー・ワンダー
(As / Stevie Wonder)

>39位をピークに49位へと後退後、42位→38位と息を吹き返し再度のトップ40入りを果たしたソウル・ファンク。結果的には最高位36位だったのだが、チャート・アクション的にも楽しめる一曲。

アルバム「キー・オブ・ライフ」(Songs In The Key Of Life)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「あの娘が標的」コモドアーズ
(Too Hot To Trot / Commodores)

>ライヴ盤に一曲だけ収録されていたスタジオ録音の新曲をシングル・カット。当時の流行であるディスコ調のファンク・ナンバーが、最高位24位まで上昇。ちなみに正確な原題は“Too Hot Ta Trot”で、78年に公開となる映画「イッツ・フライデー」のサントラ盤にも収録されているのだが、そちらはドナ・サマー色が濃いのでこの作品の存在感はやや薄め?

アルバム「アメリカン・ツアー」(Commodores Live!)に収録。
Commodores Live!
↑収録曲を見て、ワタシ的には全く興味ナシ。(スミマセン)
【試聴はコチラ】
音楽チャート1978年1月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1978年1月7日付(新譜が追悼盤に…、レーナード・スキナード) ]
2015-04-19(Sun) 19:29:51
01/01「愛はきらめきの中に」ビー・ジーズ
02/06「ベイビー・カム・バック」プレイヤー
03/03「ブルー・バイユー」リンダ・ロンシュタット
04/04「バック・イン・ラヴ・アゲイン」L.T.D.
05/08「愛のほほえみ」ドリー・パートン
06/02「恋するデビー」デビー・ブーン
07/10「スリップ・スライディン・アウェイ」ポール・サイモン
08/09「悲しい女」ボブ・ウェルチ
09/11「胸につのる想い」ロッド・スチュワート
10/15「ヘイ・ディニー」ショーン・キャシディ

11/14「永遠への航海」スティクス
12/12「ユー・キャント・ターン・ミー・オフ」ハイ・エナジー
13/18「伝説のチャンピオン」クィーン
14/19「浮気なスー」レイフ・ギャレット
15/05「イッツ・ソー・イージー」リンダ・ロンシュタット
16/07「瞳のささやき」クリスタル・ゲイル
17/20「ショート・ピープル」ランディ・ニューマン
18/28「素顔のままで」ビリー・ジョエル
19/24「太陽の戦士」アース、ウィンド&ファイア
20/27「ターン・トゥ・ストーン」エレクトリック・ライト・オーケストラ

21/23「アイ・ゴー・クレイジー」ポール・デイビス
22/22「マイ・ウェイ」エルビス・プレスリー
23/32「愛の面影」アンディ・ギブ
24/26「愛をささやくとき」ベイ・シティ・ローラーズ
25/40「ふれあい」ダン・ヒル
26/30「ダンス・ダンス・ダンス」シック
27/29「燃える想い」ダイアナ・ロス
28/39「ステイン・アライブ」ビー・ジーズ
29/35「愛しのデザレ」ニール・ダイアモンド
30/34「帰らざる航海」カンサス

31/33「悲しき願い」サンタ・エスメラルダ
32/13「愛の出発」ベイビーズ
33/36「ネイティブ・ニューヨーカー」オデッセイ
34/37「ガールズ・スクール」ポール・マッカートニー&ウイングス
35/16「みんな一人ぼっち」リタ・クーリッジ
36/17「スイングタウン」スティーヴ・ミラー・バンド
37/41「愛のエモーション」サマンサ・サング
38/52「ホワッツ・ユア・ネーム」レーナード・スキナード
39/43「ソウル・アンド・インスピレーション」ダニー&マリー・オズモンド
40/44「麗しのペグ」スティーリー・ダン


【ニューエントリーこめんと】

☆「愛のエモーション」サマンサ・サング
(Emotion / Samantha Sang)

>1951年オーストラリア出身のシンガー。本名シェリル・ロウ・サング。
10歳の頃から本国で歌手として活動していた彼女が、バリー&ロビンのギブ兄弟から提供を受けたソフトなR&B調ポップ・ナンバー。コーラスとしてバリー・ギブも参加しているのだが、どちらかといえばビー・ジーズとのデュエットに近い作りになってしまっているのはやむなしか。とはいえ最高位3位、そしてミリオン・セラーを獲得というビッグ・ヒットぶりには納得させられる出来ばえの一曲。RSOレーベルではないのが、逆に不思議に思える一発ヒット。

アルバム「愛のエモーション」(Emotions)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ホワッツ・ユア・ネイム」レーナード・スキナード
(What's Your Name / Lynyrd Skynyrd)

>1966年フロリダ州で結成されたロック・バンド。
通算5枚目となるニューアルバムの発売3日後、飛行機事故にて主軸メンバーであるロニー・ヴァンザント(享年29)を含む3名ものメンバーを失い、バンド解散にまで至ってしまうという予期せぬ惨劇が発生。当時A.T.40とはまだ無縁だったワタシには、この事件が全国紙の三面記事トップに大きく報道されていたのを目前にしてもいまいちピンと来なかったのだが、姉が購読していた洋楽音楽誌「ミュージックライフ」でのアルバム広告を思い出し、読み返してみて“ああ!このバンドか!?”という次第。追悼盤としてシングルカットされたこの軽快なサザン・ロックは、77年12月3日付のB.B.誌Hot100に82位という低い位置にて初登場。以降5週目にトップ40入り、そして12週目と13週目に最高位13位をマーク。その後は43位→95位→圏外という、なんていうか突然の悲劇とシングルの売り上げは別物扱いってなチャート・アクションには、少なからずショックを受けましたなぁ。(若かったあの頃) とはいえ、洋楽初心者の当時のワタシには彼らのサザン・ロックを受け入れるには早過ぎたようで、シングル&アルバム共に興味が持てず、バンド名だけが心に刻まれたといいますか、ハイ…。で、40年近くの月日が流れた現在、後聴きとなった「スウィート・ホーム・アラバマ」(Sweet Home Alabama)や「フリー・バード」(Free Bird)に聴き惚れるようになったのは、格段の進化と呼ぶべきなのでしょうか?
なお、87年にロニーの実弟であるジョニーを中心にバンドは再結成され、現在も活動中のようだ。

アルバム「ストリート・サバイバーズ」(Street Survivors)に収録。
Street Survivors
↑事故後、物議を呼んだアルバムジャケットだが、アルバム・チャートでは50位→7位というジャンプ・アップを見せたものの、トップ10内5週、最高位5位というのもちょっと寂しいか。
【試聴はコチラ】

☆「ソウル・アンド・インスピレーション」ダニー&マリー・オズモンド
(You're My Soul And Inspiration / Donny & Marie Osmond)

>オズモンド兄妹の七男・ダニー・オズモンド(1957年ユタ州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼俳優。本名ダニエル・クラーク・オズモンド)と、紅一点の長女・マリー・オズモンド(1959年ユタ州出身のシンガー兼女優。本名オリーブ・マリー・オズモンド)とによるデュオ・ユニット。
オズモンズとしての活動とは別に74年に結成し、オールディーズのカバーをヒットさせていた彼らが、今回は66年ライチャス・ブラザーズのビッグ・ヒットをカバーしたものの、最高位38位という苦戦。良質なポップスに仕上がっているのだが、やはり“本家”同様飽きられてきたのかも。

アルバム"Winning Combination"に収録。
【試聴はコチラ】
(ライチャス・ブラザーズVer.)

☆「麗しのペグ」スティーリー・ダン
(Peg / Steely Dan)

>1972年ニューヨーク州で結成されたジャズ・ロック・バンド。
洋楽初心者である当時のワタシにとっては、結構衝撃を受けたナンバー。この日本の邦・洋楽チャートを追っかけていては決して巡り会えそうもないタイプのメロディには当初戸惑いすら覚えたのだが、どこか惹き付けられる魅力も兼ね備えており、シングル盤を購入してまでその独特のサウンドが持つ魔力(?)を探ろうとしてみたのだが、なかなか答えは出ず仕舞い…。(とほほ) 最高位は11位。なお、未だにフュージョンやクロスオーバーといった音楽ジャンル用語を目や耳にすると、一番に思い浮かべるのがこの時期に提供してくれた彼らの楽曲かも?

アルバム「彩(エイジャ)」(Aja)に収録。
彩(エイジャ)
↑今は亡きファッションモデル・山口小夜子さんが飾ったジャケット・デザインは、今でも色あせしませぬ。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1978年1月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。