ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1985年5月11日付 ]
2005-07-11(Mon) 20:17:06
01/02「クレイジー・フォー・ユー」マドンナ
02/01「ウィ・アー・ザ・ワールド」U.S.A.フォー・アフリカ
03/04「ドント・ユー」シンプル・マインズ
04/03「リズム・オブ・ザ・ナイト」デバージ
05/05「ワン・ナイト・イン・バンコック」マレー・ヘッド
06/07「サム・ライク・イット・ホット」パワー・ステイション
07/10「スムース・オペレイター」シャーデー
08/11「恋のかけひき」ワム
09/06「オブセッション」アニモーション
10/14「ルール・ザ・ワールド」ティアーズ・フォー・フィアーズ

11/09「オール・シー・ウォンツ・トゥドゥ・イズ・ダンス」ドン・ヘンリー
12/16「アクセル・フォリーのテーマ」ハロルド・フォルターメイヤー
13/08「ナイトシフト」コモドアーズ
14/15「ドント・カム・アラウンド」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
15/12「イエスタディ」フォリナー
16/20「サドゥンリー」ビリー・オーシャン
17/19「ニュー・アティチュード」パティ・ラベル
18/25「フレッシュ」クール&ザ・ギャング
19/24「オンリー・ゲット・ベター」ハワード・ジョーンズ
20/26「イン・マイ・ハウス」メリー・ジェーン・ガールズ

21/18「言わずにおいて」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
22/27「ジャスト・ア・ジゴロ~ノーバディ」デヴィッド・リー・ロス
23/13「アイム・オン・ファイア」ブルース・スプリングスティーン
24/31「ウォーキング・オン・サンシャイン」カトリーナ&ザ・ウェイヴス
25/33「ヘヴン」ブライアン・アダムス
26/30「ワン・ロンリー・ナイト」REOスピードワゴン
27/21「ロック&ロール・ガールズ」ジョン・フォガティ
28/32「セレブレイト・ユース」リック・スプリングフィールド
29/17「ワン・モア・ナイト」フィル・コリンズ
30/35「偽りの愛」ジュリアン・レノン

31/34「君のシルエット」ルーサー・ヴァンドロス
32/41「エンジェル」マドンナ
33/38「スマグラーズ・ブルース」グレン・フライ
34/22「いかした彼女」シカゴ
35/36「ロスト・イン・ラヴ」ニュー・エディション
36/40「ネヴァー・エンディング・ストーリーのテーマ」リマール
37/39「どどかぬ愛」アリソン・モイエ
38/43「ザ・サーチ・イズ・オーヴァー」サヴァイヴァー
39/ー「ススーディオ」フィル・コリンズ
40/46「ビリーヴ・ミー」ユーリズミックス


【ニューエントリーこめんと】

☆「エンジェル」マドンナ
(Angel / Madonna)

>ベストセラー・アルバム「ライク・ア・ヴァージン」(Like A Virgin)より、
3rdシングル・カット。
安定したメロディ・ラインのミディアム・ナンバー。
最高位5位。
ヒットのツボを押さえているのはいいが、少々面白みに欠けるかな?

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F058%2F122058%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv40525

☆「ザ・サーチ・イズ・オーヴァー」サヴァイヴァー
(The Search Is Over / Survivor)

>彼らにとって、初のスロー・バラードとしての大ヒットナンバー。
最高位4位をマーク。
しかしワタシとしましては、やっぱポップなロックナンバーの方が好きだなぁ。
アルバム「ヴァイタル・サインズ」(Vital Signs)からの3rdシングル。
このヒットに味を占める事なく、ロック道を進んでくれたのは良いことだ♪

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000I014001004/

☆「ススーディオ」フィル・コリンズ
(Sussudio / Phil Collins)

>Hot100初登場39位!
前作に引き続いてNo,1に立つ(1週)作品なのだが、お得意のバラードではなく
“ロック”である。
ロックであろうとお馴染みのフィル節は健在ナリ!
まさにジェネシス要らず!?(^^)
アルバム「フィル・コリンズ3」(No Jacket Required)からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002IHQ001001/

☆「ビリーヴ・ミー」ユーリズミックス
(Would I Lie To You? / Eurythmics)

>また不気味なエレ・ポップを聴かせるのかと身構えたのだが、なんと、
ややハードでロック調の仕上がりな作品なのに驚かされた。
音楽性の幅広さを、このあたりでアピールしたかったのであろうか?
初期の頃の“毒”が、だんだん薄くなりつつあるのはファンにとって、
どのように捕らえられたかはワタシには知るよしもない。
最高位5位を記録している部分をみれば、成功と見ていいのかな?
アルバム「ビー・ユアセルフ・トゥナイト」(Be Yourself Tonight)からの
先行シングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002VI0001005/

★圏外85位★

☆「ホールド・ミー」メヌード
(Hold Me / Menudo)

>77年、プエルトルコ発ショタ・・・いや、やや濃いメの美男子アイドル
5人組が、アメリカン・チャートに初上陸だ!
メンバーは、17歳を迎えると強制的に排除されるという誠に過酷な条件に
さらされているのは有名か?
中途半端にイイ感じのミディアム・ロックは、最高位62位・・・。
しかもチャート・イン曲はコレっきり・・・。
しかし、元メンバーだったかのリッキー・マーティンが、十数年後に大ヒットを
繰り出すのはこの当時は想像もつかなかったであろうかな。
なお、どうでもイイ事だが、日本のアイドル“モーニング娘。”は、
彼らのメンバー交代システムを一部採用して生まれたようだ。
1985年5月チャートTB : 0CM : 0
1985年1月12日付HOME1979年3月10日付

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/9-ae43bebc



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。