ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1979年2月3日付 ]
2005-07-03(Sun) 12:21:34
01/01「おしゃれフリーク」シック
02/03「Y.M.C.A.」ヴィレッジ・ピープル
03/04「アイム・セクシー」ロッド・スチュワート
04/06「愛は魔術師」オリヴィア・ニュートンジョン
05/02「失われた愛の世界」ビー・ジーズ
06/05「マイ・ライフ」ビリー・ジョエル
07/09「勝利者たち」ホット・チョコレート
08/11「ファイア」ポインター・シスターズ
09/10「セプテンバー」アース・ウィンド&ファイア
10/20「恋のサヴァイヴァル」グロリア・ゲイナー

11/13「溢れる愛」ニコレット・ラーソン
12/16「ダンスに夢中」レイフ・ギャレット
13/14「ニューヨーク・グルーヴ」エース・フレーリー
14/15「夜のしじまに」バリー・マニロウ
15/17「ガット・トゥ・ビー・リアル」シェリル・リン
16/18「シェイク・イット」イアン・マシューズ
17/19「ソウル・マン」ブルース・ブラザーズ
18/26「ヘヴン・ノゥズ」ドナ・サマー&ブルックリン・ドリームス
19/21「ノー・テル・ラヴァー」シカゴ
20/08「ホールド・ザ・ライン」トト

21/22「ドント・ホールド・バック」シャンソン
22/29「蒼い朝」フォリナー
23/24「ザ・ギャンブラー」ケニー・ロジャース
24/25「愛は哀しみに秘めて」メリサ・マンチェスター
25/07「ウー・ベイビー・ベイビー」リンダ・ロンシュタット
26/12「愛のたそがれ」バーブラ・ストライザンド&ニール・ダイアモンド
27/28「テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー」トーキング・ヘッズ
28/30「ホーム・アンド・ドライ」ジェリー・ラファティ
29/31「ベイビー・アイム・バーニン」ドリー・パートン
30/36「シェイク・ユア・グルーヴ」ピーチズ&ハーブ

31/32「シャッタード」ローリング・ストーンズ
32/33「愛は色褪せて」ローズ・ロイス
33/38「涙のダンシング・シューズ」ナイジェル・オルソン
34/23「プロミセス」エリック・クラプトン
35/37「ワン・ラスト・キッス」J.ガイルズ・バンド
36/39「レイディ」リトル・リバー・バンド
37/44「ときめきの彼方へ」ベイビーズ
38/43「風のシルエット」ボビー・コールドウェル
39/27「夜の果ての愛」ボブ・シーガー
40/41「愛のスリル」エグザイル


【ニューエントリーこめんと】

☆「ときめきの彼方へ」ベイビーズ
(Every Time I Think Of You / The Babys)

>1976年ロンドンで結成。
全編に渡って独特の哀愁に包まれたような作りは、前ヒット・シングルの
「イズント・イット・タイム」(Isn't It Time)の流れを汲んでいるような作品で、
これまたジョン・ウェイトのボーカルがなかなか聴かせてくれる。
最高位13位は「イズント~」と同じ記録なれど、これら2曲のヒット作だけで
ワタシにベスト盤を買わせるには十分な働きをしたようである。
81年に解散。
アルバム「ヘッド・ファースト」(Head First)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00008YJGK001009/

☆「風のシルエット」ボビー・コールドウェル
(What You Won't Do For Love / Bobby Caldwell)

>1951年ニューヨーク出身のシンガー・ソングライター。
この当時流行した、A.O.R.サウンドを代表するアーティストの一人でもある。
トップ40ヒットはこれ1曲のみだったのだが、その後の日本での人気は
なかなか衰えず、現在に至るまで来日しコンサートを開いているのはスゴイ!
最高位9位。
アルバム「イヴニング・スキャンダル」(What You Won't Do For Love)からの
シングル・カット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000001PGZ001006/

☆「愛のスリル」エグザイル
(You Thrill Me / Exile)

>大ヒットを記録した前作に続くシングルなのだが、あきらかに
「キス・ユー・オール・オーヴァー」(Kiss You All Over)の劣化コピーのような
感は否めないか?
やっとこさ40位にチャート・インしたものの、次週にはHot100から
消え去るという離れ業(?)をやってのけることとなる。
これ以降彼らはトップ40では顔を見せる事はなくなり(カントリー・
チャートでは大活躍!)、トップ40ヒット最高位曲が1位と40位の2曲のみという
珍記録を打ち立てたのである。(^^;
アルバム"Mixed Emotions"(邦題「エグザイル」だったかな?)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000000CSY001003/

★圏外85位★

☆「フォー・ユー・アンド・アイ」10CC
(For You And I / 10CC)

>地味ながらもとても美しい作品で当時エアチェック・テープで良く聴いたのだが、
アメリカでシングル・カットされ、しかもわずか3週とはいえ
チャート・インしていたのには今回初めて知った。
最高位85位。
まぁ、妥当な順位でしょう。(^^;
アルバム「ブラッディ・ツーリスト」(Bloody Tourists)からの2ndシングル。
洋楽1979年2月チャートTB : 0CM : 0
1979年3月3日付HOME1985年3月2日付

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/89-7c6557a3



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。