ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1979年12月15日付(全米では不発!?バグルス) ]
2015-02-21(Sat) 21:51:35
01/01「ベイブ」スティクス
02/03「スティル」コモドアーズ
03/04「プリーズ・ドント・ゴー」K.C.&ザ・サンシャイン・バンド
04/05「エスケイプ」ルパート・ホルムス
05/06「愛を贈れば」スティーヴィー・ワンダー
06/02「ノー・モア・ティアーズ」バーブラ・ストライサンド&ドナ・サマー
07/08「ユア・オンリー・ロンリー」J.D.サウザー
08/10「愛の証し」キャプテン&テニール
09/07「ハートエイク・トゥナイト」イーグルス
10/11「ロング・ウェイ・ホーム」スーパートランプ

11/13「レイディーズ・ナイト」クール&ザ・ギャング
12/21「ロック・ウィズ・ユー」マイケル・ジャクソン
13/15「クールな変革」リトル・リバー・バンド
14/17「恋はこれっきり」クリフ・リチャード
15/16「ハーフ・ザ・ウェイ」クリスタル・ゲイル
16/18「ヘッド・ゲームス」フォリナー
17/09「人生は航海」バリー・マニロウ
18/20「愛がいっぱい」ドクター・フック
19/33「ロング・ラン」イーグルス
20/26「ジェーン」ジェファーソン・スターシップ

21/23「アイ・ウォント・ユー・トゥナイト」パブロ・クルーズ
22/24「クルージン」スモーキー・ロビンソン
23/27「明日に向かって」ケニー・ロギンス
24/12「愛の残り火」アン・マレー
25/14「ポップ・ミューヂック」M
26/30「弱虫トミー」ケニー・ロジャース
27/40「ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー」プリンス
28/29「アイ・ニード・ア・ラヴァー」ジョン・クーガー
29/32「沈黙」アラン・パーソンズ・プロジェクト
30/35「ウェイト・フォー・ミー」ダリル・ホール&ジョン・オーツ

31/37「危険な噂」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
32/36「ドント・レット・ゴー」アイザック・ヘイズ
33/38「サード・タイム・ラッキー」フォガット
34/34「ラヴ・ペインズ」イヴォンヌ・エリマン
35/39「チキチータ」アバ
36/19「ディム・オール・ザ・ライツ」ドナ・サマー
37/22「タスク」フリートウッド・マック
38/42「恋にめぐり逢い」ディオンヌ・ワーウィック
39/43「夢は終りぬ」リッチー・フューレイ
40/41「ラジオスターの悲劇」バグルス



【ニューエントリーこめんと】

☆「恋にめぐり逢い」ディオンヌ・ワーウィック
(Deja Vu / Dionne Warwick)

>バリー・マニロウがプロデュースしたアルバムからの2ndシングルは、アイザック・ヘイズも制作に参加したソフトなR&Bナンバー。作風は地味ながらも、最高位15位と健闘している。

アルバム「ディオンヌ」(Dionne)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「夢は終りぬ」リッチー・フューレイ
(I Still Have Dreams / Richie Furay)

>1944年オハイオ州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名ポール・リチャード・フューレイ。
バファロー・スプリングフィールドやポコといった複数のバンド・メンバーの一員として活動してきた彼による、ソロ名義での唯一となるトップ40ヒット。今回試聴にて何十年ぶりかに耳にしたイーグルスっぽさを含んだA.O.R.調のポップ・ナンバーだが、やっぱ地味過ぎたのか無念の最高位39位。

アルバム「夢は終りぬ」(I Still Have Dreams)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ラジオスターの悲劇」バグルス
(Video Killed The Radio Star / The Buggles)

>1977年イギリスで結成されたシンセポップ・バンド。
80年代に名プロデューサーとしてその名を世界中に轟かせるトレヴァー・ホーンが在籍していたグループというより、日本ではこのポップ・ナンバー1曲のために存在していたバンドとしてのイメージが強し。実際イギリスではNo.1ヒットに輝くほどのポテンシャルを持った作品だったのだが、全米での評価は1週のみの40位が最高位というローテンション。(65位→44位というジャンプアップは、一体…?) ちなみに日本では、80年の春先にビッグ・ヒットを記録している。

アルバム「プラスティックの中の未来」(The Age Of Plastic)に収録。
The Age Of Plastic
↑当時も現在も、アルバムに対しての興味は湧かず。(スミマセン)
【試聴はコチラ】


★圏外90位★

☆「悲しみのダイアル」レイフ・ギャレット
(Memorize Your Number / Leif Garrett)

>「ダンスに夢中」(I Was Made For Dancin')の世界的ヒットで時のアイドルとして持てはやされた彼だが、その後は色々あって人気は急降下し、「ダンスに~」以降のヒットとしてなんとかワタシの記憶にあるポップ・ナンバー。這いずるように最高位60位まで到達したのだが、正直楽曲のクォリティが…。

アルバム「恋はロックン・ロール」(Same Goes For You)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1979年12月チャートTB : 0CM : 2
『Definitive Collection』Alice CooperHOME『Greatest Hits』B.J. Thomas

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。