ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年12月8日付(強力な相棒を得て大ヒット!フィリップ・ベイリー) ]
2014-12-05(Fri) 13:00:17
01/02「アウト・オブ・タッチ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
02/01「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」ワム
03/03「フィール・フォー・ユー」チャカ・カーン
04/07「ワイルド・ボーイズ」デュラン・デュラン
05/06「オール・スルー・ザ・ナイト」シンディ・ローパー
06/10「ひとりぽっちのロンリー・ナイト」ポール・マッカートニー
07/11「シー・オブ・ラヴ」ハニー・ドリッパーズ
08/08「ペニー・ラヴァー」ライオネル・リッチー
09/13「クール・イット・ナウ」ニュー・エディション
10/14「ウィ・ビロング」パット・ベネター

11/21「ライク・ア・ヴァージン」マドンナ
12/05「あなたのとりこ」ティナ・ターナー
13/15「キャント・ホールド・バック」サヴァイヴァー
14/09「ストラット」シーナ・イーストン
15/04「パープル・レイン」プリンス
16/18「ヴァロッテ」ジュリアン・レノン
17/17「とどかぬ想い」コリー・ハート
18/19「ウォーキング・オン・ア・シン・ライン」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
19/12「カリビアン・クィーン」ビリー・オーシャン
20/24「オール・アイ・ニード」ジャック・ワグナー

21/27「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」ブルース・スプリングスティーン
22/25「恋にふるえて」ジャーメイン・ジャクソン
23/29「ラン・トゥ・ユー」ブライアン・アダムス
24/26「ハロー・アゲイン」カーズ
25/16「心の愛」スティーヴィー・ワンダー
26/28「ウィ・アー・ザ・ヤング」ダン・ハートマン
27/34「アンダースタンディング」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
28/36「君こそすべて」シカゴ
29/31「愛は気ままに」REOスピード・ワゴン
30/32「センティピード」リビー・ジャクソン

31/20「デザート・ムーン」デニス・デ・ヤング
32/35「ストレンジャー・イン・タウン」トト
33/40「恋するジェイミー」レイ・パーカーJr.
34/42「ボーイズ・オブ・サマー」ドン・ヘンリー
36/33「ホワット・アバウト・ラヴ」ケニー・ロジャースWithキム・カーンズ&ジェームス・イングラム
37/45「イージー・ラヴァー」フィリップ・ベイリー&フィル・コリンズ
38/43「ベル・オブ・セントマーク」シーラ・E.
39/46「テンダー・イヤーズ」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
40/56「ラヴァー・ボーイ」ビリー・オーシャン


【ニューエントリーこめんと】

☆「ボーイズ・オブ・サマー」ドン・ヘンリー
(The Boys Of Summer / Don Henley)

>ソロ名義での2枚目となるアルバムからの1stシングル。結構日本でも人気のある、どこかノスタルジックな気分にさせてくれるソフト調のロック・ナンバー。それほど派手なチャート・アクションはなかったとはいえ着実に上昇し続け、最高位5位にまで到達している。

アルバム「ビルディング・ザ・パーフェクト・ビースト」(Building The Perfect Beast)に収録。
Building The Perfect Beast
↑4曲ものトップ40ヒットを生み出したものの、アルバムとしての完成度はちょっと物足りない?
【試聴はコチラ】

☆「イージー・ラヴァー」フィリップ・ベイリー&フィル・コリンズ
(Easy Lover / Philip Bailey)

>1951年コロラド州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。
アース・ウインド&ファイアの主軸メンバーとして活躍した彼による、2枚目となるソロアルバムからの1stシングル。フィル・コリンズのプロデュースのもと、彼との共同制作&デュエットというゴージャスな組み合わせにより誕生したこのポップ・ロックは、最高位2位にまで到達するという大ヒットを記録。これまた日本でも人気のあるナンバーでミリオン・セラーをも記録しているのだが、ワタシには当時からいまいちピンと来ない一曲で、誠にもってスミマセン。

アルバム「チャイニーズ・ウォール」(Chinese Wall)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ベル・オブ・セントマーク」シーラ・E
(The Belle Of St.Mark / Sheila E.)

>これまたプリンス臭(?)がプンプンするファンクなダンス・ナンバー。最高位34位と前作ほどのヒットには至らなかったものの、結構完成度の高い一曲。当時は行きつけの駅前個人電気店兼レコード店に入荷していたアルバムを、購入するかどうか一ヶ月くらい悩んだ末諦めたという思い出があり。(おいおい)

アルバム「グラマラス・ライフ」(The Glamorous Life)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「テンダー・イヤーズ」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
(Tender Years / John Cafferty & The Beaver Brown Band)

>この年の2月に78位をピークに圏外に消え去っていた骨太なソフト・ロックが、前作の再ヒットに触発され今回は最高位31位にまで上昇。前作ほどの派手さはないとはいえ結構味わい深さのある作品だが、アルバムとしては冒頭曲(前ヒット)とこの2曲目を聴くだけで満足してしまうというのが唯一の弱点?

アルバム「エディ・アンド・ザ・クルーザーズ」(Eddie And The Cruisers)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ラヴァー・ボーイ」ビリー・オーシャン
(Lover Boy / Billy Ocean)

>全米でブレイクするきっかけとなった前作とは、また違った方向性を持った陽気なポップ・ナンバー。最高位2位と首位を脅かす位置まで上昇したのは、やはりヒット曲仕掛け人であるロバート・ジョン・“マット”・ランジの存在が“大”であろうかな。

アルバム「カリビアン・クィーン」(Suddenly)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年12月チャートTB : 0CM : 0
1984年12月15日付(ついに全米制覇達成!フォリナー)HOME1984年12月1日付(トップ40初登場!U2)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/812-6aca5842



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。