ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年12月1日付(トップ40初登場!U2) ]
2014-11-28(Fri) 15:36:51
01/01「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」ワム
02/04「アウト・オブ・タッチ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
03/03「フィール・フォー・ユー」チャカ・カーン
04/02「パープル・レイン」プリンス
05/05「あなたのとりこ」ティナ・ターナー
06/08「オール・スルー・ザ・ナイト」シンディ・ローパー
07/12「ワイルド・ボーイズ」デュラン・デュラン
08/09「ペニー・ラヴァー」ライオネル・リッチー
09/07「ストラット」シーナ・イーストン
10/11「ひとりぽっちのロンリー・ナイト」ポール・マッカートニー

11/13「シー・オブ・ラヴ」ハニー・ドリッパーズ
12/06「カリビアン・クィーン」ビリー・オーシャン
13/14「クール・イット・ナウ」ニュー・エディション
14/19「ウィ・ビロング」パット・ベネター
15/17「キャント・ホールド・バック」サヴァイヴァー
16/10「心の愛」スティーヴィー・ワンダー
17/21「とどかぬ想い」コリー・ハート
18/24「ヴァロッテ」ジュリアン・レノン
19/22「ウォーキング・オン・ア・シン・ライン」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
20/15「デザート・ムーン」デニス・デ・ヤング

21/38「ライク・ア・ヴァージン」マドンナ
22/16「ブルー・ジーン」デヴィッド・ボウイ
23/20「忘れ得ぬ君に」シカゴ
24/39「オール・アイ・ニード」ジャック・ワグナー
25/27「恋にふるえて」ジャーメイン・ジャクソン
26/29「ハロー・アゲイン」カーズ
27/32「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」ブルース・スプリングスティーン
28/30「ウィ・アー・ザ・ヤング」ダン・ハートマン
29/34「ラン・トゥ・ユー」ブライアン・アダムス
30/18「戦争のうた」カルチャー・クラブ

31/33「愛は気ままに」REOスピード・ワゴン
32/35「センティピード」リビー・ジャクソン
33/23「ホワット・アバウト・ラヴ」ケニー・ロジャースWithキム・カーンズ&ジェームス・イングラム
34/41「アンダースタンディング」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
35/40「ストレンジャー・イン・タウン」トト
36/47「君こそすべて」シカゴ
37/37「ティアーズ」ジョン・ウェイト
38/26「非情のハイウェイ55号」サミー・ヘイガー
39/45「プライド」U2
40/50「恋するジェイミー」レイ・パーカーJr.


【ニューエントリーこめんと】

☆「アンダースタンディング」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・バレット・バンド
(Understanding / Bob Seger & The Silver Bullet Band)

>カントリー・ロック調の心地よいナンバーなのだが、どうにもこうにも既出の作品から派生させた新曲ってな気がしてなりません。それでも最高位17位まで上昇しているのは、まさに当時全米における彼の人気の度合いが計れるというモノなのかも。

サントラ「ティーチャーズ」(Teachers)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「君こそすべて」シカゴ
(You're The Inspiration / Chicago)

>前シングルに引き続いて必殺のバラードがアルバムからの3rdシングルに選択されたのだが、これまた前作同様最高位3位まで上昇する大ヒットを記録。加えてトップ10入り間近まで上昇後、下降しかけていたアルバムをついにトップ10内にまで押し上げ(最高位4位)、全米においてバンド至上最大の売り上げを誇る事となる。以降シカゴ=ロック・バラードという図式が定着してしまうのだが、彼らのファンによる賛否両論はともかく、ワタシとしては良曲を提供してくれればそれでヨシであーる。

アルバム「シカゴ17」(Chicago 17)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「プライド」U2
((Pride)In The Name Of Love / U2)

>1976年アイルランドで結成されたロック・バンド。
彼らのサウンドとして初めて耳にした「ニュー・イヤーズ・ディ」(New Year's Day)のダークさにちょっと引いていたワタシですが、このギターとドラムを主軸としたサウンドにボーカルが割って入るという、77年ハートのヒット曲「バラクーダ」(Barracuda)と似た構成が成されたロック・ナンバーには、一気に惹き込まれたあの当時。33位をピークに後退を始めたのにはちょっとショックだったのだが、彼らにとって初となるトップ40ヒットはワタシにとっては結構衝撃的でございましたとさ。そして、さらに3年後の87年に発表されたアルバムにより、一気にビッグ・バンドの仲間入りする事実には、この時点では知る由もなし。

アルバム「焔」(The Unforgettable Fire)に収録。
The Unforgettable Fire
↑即入手とはいかなかったのだが、手ごたえを感じた一枚☆
【試聴はコチラ】
(バラクーダ)

☆「恋するジェイミー」レイ・パーカーJr.
(Jamie / Ray Parker Jr.)

>ソロ名義でのヒット曲を中心に集めた、ちょっと中途半端なベスト盤に収録されていた新曲。レイディオ時代を彷彿とさせる温もりを感じさせるポップなR&Bが、最高位14位まで上昇している。

アルバム「チャートバスターズ」(Chartbusters)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外74位★

☆「トゥナイト」デヴィッド・ボウイ
(Tonight / David Bowie)

>77年イギー・ポップとの共同作として発表された作品を、ティナ・ターナーとのデュエットを実現させたレゲエ・ポップだったのだが、最高位53位とトップ40に届かず。まぁ、シングルとしては色々と物足んない一品だったかな。

アルバム「トゥナイト」(Tonight)に収録。
【試聴はコチラ】
(イギー・ポップver.)
音楽チャート1984年12月チャートTB : 0CM : 0
1984年12月8日付(強力な相棒を得て大ヒット!フィリップ・ベイリー)HOME1984年11月24日付(快進撃スタート!ブライアン・アダムス)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/811-6800e54a



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。