ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年11月24日付(快進撃スタート!ブライアン・アダムス) ]
2014-11-21(Fri) 15:19:59
01/01「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」ワム
02/02「パープル・レイン」プリンス
03/04「フィール・フォー・ユー」チャカ・カーン
04/06「アウト・オブ・タッチ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
05/07「あなたのとりこ」ティナ・ターナー
06/03「カリビアン・クィーン」ビリー・オーシャン
07/08「ストラット」シーナ・イーストン
08/09「オール・スルー・ザ・ナイト」シンディ・ローパー
09/10「ペニー・ラヴァー」ライオネル・リッチー
10/05「心の愛」スティーヴィー・ワンダー

11/14「ひとりぽっちのロンリー・ナイト」ポール・マッカートニー
12/19「ワイルド・ボーイズ」デュラン・デュラン
13/18「シー・オブ・ラヴ」ハニー・ドリッパーズ
14/16「クール・イット・ナウ」ニュー・エディション
15/12「デザート・ムーン」デニス・デ・ヤング
16/11「ブルー・ジーン」デヴィッド・ボウイ
17/20「キャント・ホールド・バック」サヴァイヴァー
18/17「戦争のうた」カルチャー・クラブ
19/25「ウィ・ビロング」パット・ベネター
20/13「忘れ得ぬ君に」シカゴ

21/22「とどかぬ想い」コリー・ハート
22/23「ウォーキング・オン・ア・シン・ライン」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
23/15「ホワット・アバウト・ラヴ」ケニー・ロジャースWithキム・カーンズ&ジェームス・イングラム
24/29「ヴァロッテ」ジュリアン・レノン
25/28「ティーチャー・ティーチャー」38スペシャル
26/27「非情のハイウェイ55号」サミー・ヘイガー
27/32「恋にふるえて」ジャーメイン・ジャクソン
28/24「ソー・エキサイテッド」ポインター・シスターズ
29/31「ハロー・アゲイン」カーズ
30/34「ウィ・アー・ザ・ヤング」ダン・ハートマン

31/21「オン・ザ・ダーク・サイド」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
32/42「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」ブルース・スプリングスティーン
33/37「愛は気ままに」REOスピード・ワゴン
34/43「ラン・トゥ・ユー」ブライアン・アダムス
35/40「センティピード」リビー・ジャクソン
36/39「アイ・ニード・ユー・トゥナイト」ピーター・ウルフ
37/38「ティアーズ」ジョン・ウェイト
38/48「ライク・ア・ヴァージン」マドンナ
39/46「オール・アイ・ニード」ジャック・ワグナー
40/41「ストレンジャー・イン・タウン」トト


【ニューエントリーこめんと】

☆「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」ブルース・スプリングスティーン
(Born In The U.S.A. / Bruce Springsteen)

>アルバムのタイトル・トラックを3rdシングルとしてカット。雄々しく歌い上げるその歌詞内容にはそれなりのメッセージが込められているのだが、それを抜きにしても心なしかグッと来るモノがあるロック・ナンバー。最高位こそ9位とはいえ、ワタシにとって“ボス”の代表曲とはコレである。なお、カバーではなくパロディとして、85年にチーチ&チョンによる「ボーン・イン・イースト・L.A.」(Born In East L.A.)が最高位48位、そして90年には2ライブ・クルーによる「バンド・イン・ザ・U.S.A.」(Banned In The U.S.A.)が、最高位20位まで上昇するヒットを記録している。

アルバム「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」(Born In The U.S.A.)に収録。
【試聴はコチラ】
(ボーン・イン・イースト・L.A.)
(バンド・イン・ザ・U.S.A.)

☆「ラン・トゥ・ユー」ブライアン・アダムス
(Run To You / Bryan Adams)

>彼にとって記念すべき代表作へと進化する事となるアルバムからの1stシングル。いきなり最高位6位と好結果を残したポップ・ロックだが、この時点ではまだこれが序章だったに過ぎないほどこの後ヒット・シングルを生み出していく事実は、まさに圧巻。

アルバム「レックレス」(Reckless)に収録。
Reckless.jpg
↑トップ40ヒットを大量に生み出し、ベスト盤に近い内容になっちゃった?
【試聴はコチラ】

☆「ライク・ア・ヴァージン」マドンナ
(Like A Virgin / Madonna)

>ナイル・ロジャースを中心としたプロデュースのもとに制作された2ndアルバムからの1stシングル。この時点で既にスーパースターの風格を感じさせるこのダンス調ポップ・ナンバーは、チャート・イン後わずか6週後には頂点を極め、6週もの長期に渡りチャートを制圧。もちろんミリオン・セラーをも獲得というビック・ヒットを記録。なお、85年にはアル・ヤンコヴィックによってパロディ化された「ライク・ア・サージャン」(Like A Surgeon)が、最高位47位まで上昇している。

アルバム「ライク・ア・ヴァージン」(Like A Virgin)に収録。
【試聴はコチラ】
(ライク・ア・サージャン)

☆「オール・アイ・ニード」ジャック・ワグナー
(All I Need / Jack Wagner)

>1959年ミズーリー州出身のシンガー兼俳優。本名ピーター・ジョン・ワグナー。
本業は俳優である彼による、唯一となるトップ40ヒット。一発屋とはいえ、その甘い歌声にマッチしたドラマチックなバラード・ナンバーは、当時彼が出演していたTVドラマ「ジェネラル・ホスピタル」に挿入歌として使用されたのも良き宣伝材料となり、最高位2位まで上昇する大ヒットを記録している。

アルバム「オール・アイ・ニード」(All I Need)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ストレンジャー・イン・タウン」トト
(Stranger In Town / Toto)

>新ボーカリストを迎えて制作されたアルバムからの1stシングルだったのだが、グラミー賞6部門を受賞した前アルバムからのヒット曲群と比較すると、独特の雰囲気を持っているとはいえ明らかに楽曲クォリティが劣化したポップ・ロックで、最高位30位という手厳しい評価も致し方がないかも。正直初聴きした当時はそれなりのショックを受けたという、いらん思い出のオマケ付きの一曲。(スンマセン)

アルバム「アイソレーション」(Isolation)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外90位★

☆「ビッグ・イン・ジャパン」アルファビル
(Big In Japan / Alphaville)

>1982年ドイツで結成されたシンセポップ・バンド。
ヨーロッパ圏では大ヒットを記録したシンセポップだが、日本ではちょっと話題にはなっただけでビッグにはなれず、全米においては最高位66位とほとんど相手にされなかったようで…。

アルバム「ビッグ・イン・ジャパン」(Forever Young)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年11月チャートTB : 0CM : 2
1984年12月1日付(トップ40初登場!U2)HOME1984年11月17日付(一発ヒットながら印象深し、リビー・ジャクソン)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。