ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年10月27日付(ロバート・プラントによるプロジェクト、ハニードリッパーズ) ]
2014-10-24(Fri) 16:07:16
01/01「心の愛」スティーヴィー・ワンダー
02/02「カリビアン・クィーン」ビリー・オーシャン
03/03「忘れ得ぬ君に」シカゴ
04/09「パープル・レイン」プリンス
05/04「ラッキー・スター」マドンナ
06/13「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」ワム
07/08「オン・ザ・ダーク・サイド」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
08/05「レッツ・ゴー・クレイジー」プリンス&ザ・レヴォリューション
09/10「ソー・エキサイテッド」ポインター・シスターズ
10/14「サム・ガイズ」ロッド・スチュワート

11/07「カヴァー・ミー」ブルース・スプリングスティーン
12/06「ドライヴ」カーズ
13/16「ブルー・ジーン」デヴィッド・ボウイ
14/19「デザート・ムーン」デニス・デ・ヤング
15/24「フィール・フォー・ユー」チャカ・カーン
16/23「あなたのとりこ」ティナ・ターナー
17/18「あの娘のシューズ」エルトン・ジョン
18/22「ストラット」シーナ・イーストン
19/21「スウェプト・アウェイ」ダイアナ・ロス
20/26「アウト・オブ・タッチ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ

21/11「グラマラス・ライフ」シーラE
22/15「アーウィ・アーウィ」フィクス
23/12「ミッシング・ユー」ジョン・ウェイト
24/28「ホワット・アバウト・ラヴ」ケニー・ロジャースwithキム・カーンズ&ジェームス・イングラム
25/20「ボップ・ティル・ユー・ドロップ」リック・スプリングフィールド
26/30「ペニー・ラヴァー」ライオネル・リッチー
27/31「オール・スルー・ザ・ナイト」シンディ・ローパー
28/17「シー・バップ」シンディ・ローパー
29/34「戦争のうた」カルチャー・クラブ
30/38「ひとりぽっちのロンリー・ナイト」ポール・マッカートニー

31/37「とどかぬ想い」コリー・ハート
32/36「キャント・ホールド・バック」サヴァイヴァー
33/46「シー・オブ・ラヴ」ハニー・ドリッパーズ
34/45「クール・イット・ナウ」ニュー・エディション
35/40「ガール・イン・トラブル」ロミオ・ヴォイド
36/43「ティーチャー・ティーチャー」38スペシャル
37/42「非情のハイウェイ55号」サミー・ヘイガー
38/25「ザ・ウォリアー」スキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイス
39/53「ウォーキング・オン・ア・シン・ライン」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
40/41「ストラング・アウト」スティーヴ・ペリー


【ニューエントリーこめんと】

☆「シー・オブ・ラヴ」ハニー・ドリッパーズ
(Sea Of Love / Honey Drippers)

>1981年イギリスで結成されたロック・バンド。
ロバート・プラントによって立ち上げられたグループで、唯一発表された50年代オールディーズをカバーしたアルバムには、元同僚であるジミー・ペイジの他ジェフ・ベック、ナイル・ロジャースといった層々たるメンバーらが参加。今回59年フィル・フィリップスによる大ヒットのカバーをシングル・カットし、最高位3位にまで上昇する成功を収めることに。R&Bの名作であるこの作品を、80年代風ドラマチック・ナンバーへとアレンジさせているのはお見事。

アルバム「ヴォリューム・ワン」(Volume One)に収録。
Volume One
↑ミニアルバム風の一枚だったのだが、なかなか濃い内容☆
【試聴はコチラ】
(フィル・フィリップスver.)

☆「クール・イット・ナウ」ニュー・エディション
(Cool It Now / New Edition)

>1978年マサチューセッツ州で結成されたR&B系ポップ・グループ。
メンバー6人全員がボーカル&コーラス担当というティーンズ達によるポップなR&Bナンバーが最高位4位まで上昇し、ミリオン・セラーをもマーク。この後も着実にトップ40ヒットを放っていくのだが、80年代後半から90年代にかけてソロや別グループ名義にてビッグ・ヒットを生み出すアーティストへと成長して行くのは圧巻。

アルバム「クール・イット・ナウ」(Cool It Now)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ティーチャー・ティーチャー」38スペシャル
(Teacher teacher / 38 Special)

>映画の内容はさっぱり知らないのだが、サントラからシングル化され最高位25位まで上昇したこのイカしたロック・ナンバーは、いつも通りのパワフルさに納得。でも、...28位→25位→49位...という安定しないチャート・アクションには不満たらたら。

サントラ「ティーチャーズ」(Teachers)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「非情のハイウェイ55号」サミー・ヘイガー
(I Can't Drive 55 / Sammy Hager)

>“法定速度(55マイル)で走っていられるか!”って、そりゃあフェラーリ512BBiを駆っていればまぁそうなるでしょうなぁ。実体験をまさに疾走するようなハード・ロックに仕上げたかのような作品だが、全米での最高位は26位とやや微妙な順位で、法定速度は守らなくてはイケないという賢者らに屈した感じってか?でも当時のワタシは、この作品が気に入りアルバムを買ったとさ。(愚者決定?)

アルバム「VOA(ヴォイス・オブ・アメリカ)」(VOA)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ウォーキング・オン・ア・シン・ライン」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
(Walking On A Thin Line /Huey Lewis & The News)

>トップ10ヒットを連発していた全米No.1アルバムからのカットとはいえ、さすがに5曲目となるとシングルとしてのクォリティもやや低下気味で、最高位18位もやむなしか。でも、彼ららしさが失われていないロックなのはさすが。

アルバム「スポーツ」(Sports)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ストラング・アウト」スティーヴ・ペリー
(Strung Out / Steve Perry)

>アルバムのラストに収録されていたポップ・ロックで、悪くはないナンバーだと思うのだが、全米での評価は最高位1週のみの40位と苛酷。「全米トップ40」での矢口氏による“全く記憶にありません”というコメントは、さらに苛酷。(涙)

アルバム「ストリート・トーク」(Street Talk)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外66位★

「ボディ」ジャクソンズ
(Body / Jacksons)

>ジャクソン家四男のマーロンにより製作されたナンバーだが、高い順位での初登場ながらも最高位47位とトップ40入りならず。楽曲作成能力においては、さすがに六男には敵わなかった?(スミマセン)

アルバム「ヴィクトリー」(Victory)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年10月チャートTB : 0CM : 0
1984年11月3日付(イメチェン成功?パット・ベネター)HOME1984年10月20日付(復活!サヴァイヴァー)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/806-d8bf3131



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。