ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年10月13日付(カントリー界大御所によるゴージャスなシングル?ケニー・ロジャース) ]
2014-10-10(Fri) 20:12:27
01/02「心の愛」スティーヴィー・ワンダー
02/01「レッツ・ゴー・クレイジー」プリンス&ザ・レヴォリューション
03/03「ドライヴ」カーズ
04/06「忘れ得ぬ君に」シカゴ
05/08「ラッキー・スター」マドンナ
06/11「カリビアン・クィーン」ビリー・オーシャン
07/04「ミッシング・ユー」ジョン・ウェイト
08/10「カヴァー・ミー」ブルース・スプリングスティーン
09/07「グラマラス・ライフ」シーラE
10/05「シー・バップ」シンディ・ローパー

11/09「ザ・ウォリアー」スキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイ
12/16「オン・ザ・ダーク・サイド」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
13/15「ソー・エキサイテッド」ポインター・シスターズ
14/12「ちぎれたハート」バナナラマ
15/13「愛の魔力」ティナ・ターナー
16/19「アーウィ・アーウィ」フィクス
17/21「サム・ガイズ」ロッド・スチュワート
18/28「パープル・レイン」プリンス
19/14「いつも夢見て」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
20/23「ブルー・ジーン」デヴィッド・ボウイ

21/22「ゼア・ゴーズ・マイ・ベイビー」ドナ・サマー
22/25「ボップ・ティル・ユー・ドロップ」リック・スプリングフィールド
23/24「ゴー・インセイン」リンジー・バッキンガム
24/26「スウェプト・アウェイ」ダイアナ・ロス
25/27「あの娘のシューズ」エルトン・ジョン
26/32「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」ワム
27/31「デザート・ムーン」デニス・デ・ヤング
28/34「あなたのとりこ」ティナ・ターナー
29/29「フレッシュ・フォー・ファンタジー」ビリー・アイドル
30/33「フィール・フォー・ユー」チャカ・カーン

31/35「ストラット」シーナ・イーストン
32/38「アウト・オブ・タッチ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
33/41「ホワット・アバウト・ラヴ」ケニー・ロジャースWithキム・カーンズ&ジェームス・イングラム
34/17「トーチャー」ジャクソンズ
35/49「オール・スルー・ザ・ナイト」シンディ・ローパー
36/18「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー
37/37「シャイン・シャイン」バリー・ギブ
38/54「ペニー・ラヴァー」ライオネル・リッチー
39/20「ラッキー・ワン」ローラ・ブラニガン
40/40「愛のラスト・シーン」ジョイス・ケネディ&ジェフリー・オズボーン


【ニューエントリーこめんと】

☆「ホワット・アバウト・ミー」ケニー・ロジャースWithキム・カーンズ&ジェームス・イングラム
(What About Me? / Kenny Rogers with Kim Carnes & James Ingram)

>ケニー自身の他に、デヴィッド・フォスターとリチャード・マークスも製作に参加したバラード・ナンバーを、キム・カーンズ&ジェームス・イングラムという強力な男女ボーカリストをゲストに迎え完成させた一曲。これ以上にない豪華なキャストで挑んだ割には最高位15位というのは正直物足りないと思うのだが、楽曲の出来具合からしては妥当な線なのかも。(まぁ、エラそうに)

アルバム「ホワット・アバウト・ミー」(What About Me?)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「オール・スルー・ザ・ナイト」シンディ・ローパー
(All Through The Night / Cyndi Lauper)

>アルバムでの邦題「魅惑のスルー・ザ・ナイト」がとてもマッチしていた、ドラマチックなポップ・ナンバー。最高位5位まで上昇し、デビュー・アルバムから4曲連続トップ5ヒットを達成。当時はこの作品を耳にし、ようやくアルバム購入に至ったのだが、全米でもアルバムがまたまたトップ10内に返り咲いているのを見ると全米でも同様のファンがそれなりにいたようで、なんか妙な連帯感を感じますなぁ。

アルバム「N.Y.ダンステリア」(She's So Unusual)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ペニー・ラヴァー」ライオネル・リッチー
(Penny Lover / Lionel Richie)

>アルバムから5曲目となるシングルは、当時妻だったブレンダと共同制作されたソフトなポップ・ナンバー。最高位8位とこれまたトップ10入りを果たし、全米だけでアルバムを1000万枚売り上げる超ビッグ・セールスに貢献している。

アルバム「オール・ナイト・ロング」(Can't Slow Down)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外81位★

☆「ヘヴンズ・オン・ファイヤー」キッス
(Heaven's On Fire / Kiss)

>ヘヴィ・メタル路線へと転向後トップ40ヒットとは無縁状態となった彼らによる、ポール・スタンレーのプロデュースによる新アルバムからの1stシングル。ヘヴィメタとはいえ結構メロディアスなためか、最高位49位まで押し上げているのはお見事。アルバムをミリオン売り捌いているのは、さらにお見事!

アルバム「アニマライズ」(Animalize)に収録。
【試聴はコチラ】

★圏外85位★

☆「夢の世界で」ロジャー・ホジソン
(Had A Dream (Sleeping With The Enemy) / Roger Hodgson)

>1950年イギリス出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名チャールズ・ロジャー・ポムフレット・ホジソン。
82年にスーパートランプを脱退した彼による、ソロ・デビュー第一弾アルバムからの1stシングル。最高位48位とトップ40入りは叶わなかったものの、ワタシはしっかりとアルバムを入手したお気に入りのナンバー。しかし、この後音沙汰が全く無くなってしまったがねぇ…。

アルバム「愛なき嵐にむかって」(In The Eye Of The Storm)に収録。
In The Eye Of The Storm
↑CD入手でレビュー書いたから、あまり書くコトないってか。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年10月チャートTB : 0CM : 0
1984年10月20日付(復活!サヴァイヴァー)HOME1984年10月6日付(全米での快進撃スタート!ワム)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/804-1b8c509b



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。