ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年10月6日付(全米での快進撃スタート!ワム) ]
2014-10-03(Fri) 14:22:08
01/01「レッツ・ゴー・クレイジー」プリンス&ザ・レヴォリューション
02/05「心の愛」スティーヴィー・ワンダー
03/03「ドライヴ」カーズ
04/02「ミッシング・ユー」ジョン・ウェイト
05/04「シー・バップ」シンディ・ローパー
06/12「忘れ得ぬ君に」シカゴ
07/08「グラマラス・ライフ」シーラE
08/13「ラッキー・スター」マドンナ
09/07「ザ・ウォリアー」スキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイス
10/10「カヴァー・ミー」ブルース・スプリングスティーン

11/15「カリビアン・クィーン」ビリー・オーシャン
12/09「ちぎれたハート」バナナラマ
13/06「愛の魔力」ティナ・ターナー
14/11「いつも夢見て」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
15/22「ソー・エキサイテッド」ポインター・シスターズ
16/24「オン・ザ・ダーク・サイド」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
17/17「トーチャー」ジャクソンズ
18/14「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー
19/26「アーウィ・アーウィ」フィクス
20/20「ラッキー・ワン」ローラ・ブラニガン

21/27「サム・ガイズ」ロッド・スチュワート
22/23「ゼア・ゴーズ・マイ・ベイビー」ドナ・サマー
23/34「ブルー・ジーン」デヴィッド・ボウイ
24/25「ゴー・インセイン」リンジー・バッキンガム
25/29「バップ・ティル・ユー・ドロップ」リック・スプリングフィールド
26/30「スウェプト・アウェイ」ダイアナ・ロス
27/32「あの娘のシューズ」エルトン・ジョン
28/初「パープル・レイン」プリンス
29/33「フレッシュ・フォー・ファンタジー」ビリー・アイドル
30/16「ダイナマイト」ジャーメイン・ジャクソン

31/35「デザート・ムーン」デニス・デ・ヤング
32/41「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」ワム
33/38「フィール・フォー・ユー」チャカ・カーン
34/42「あなたのとりこ」ティナ・ターナー
35/37「ストラット」シーナ・イーストン
36/18「スタック・オン・ユー」ライオネル・リッチー
37/40「シャイン・シャイン」バリー・ギブ
38/48「アウト・オブ・タッチ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
39/39「イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」ネイキッド・アイズ
40/43「愛のラストシーン」ジョイス・ケネディ&ジェフリー・オズボーン


【ニューエントリーこめんと】

☆「パープル・レイン」プリンス
(Purple Rain / Prince)

>アルバムのタイトル・トラックを3rdシングルとしてリリース。Hot100内初登場28位という脅威的なアクションを見せたこの感動的なロック・バラードは、その後当然の如く快進撃を始め、定位置であろうNo.1の座に着くのは時間の問題かと思いきや、新興のポップ・デュオに阻まれ惜しくも2位止まり。それでもアルバムを年内中首位を独走させるプロモートの役割を、十分果たしたであろうミリオン・セラー曲でもある。

アルバム「パープル・レイン」(Purple Rain)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」ワム
(Wake Me Up Before You Go-Go / Wham)

>1981年イギリスで結成されたポップ・デュオ。
83年に発表されたデビュー・アルバムが世界的に話題を呼んでいたのだが、全米での人気はいまひとつだったのを反省したのか、2ndアルバムからの1stシングルは、奇才ジョージ・マイケルが製作&プロデュースしたこの超ポップで爽やかななダンス・ナンバーを選択。上記のサイケ調鬼才アーチストを追撃するのが如く同時にチャートを急上昇し、4位から一気に首位へとジャンプ・アップし3連覇の阻止に成功(3週)、ミリオン・セラーをもマーク。以降ビッグ・ヒットを連発し、翌年にはアルバムをも全米の頂点へと引っ張り上げる成功を収める事となる。

アルバム「メイク・イット・ビッグ」(Make It Big)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「あなたのとりこ」ティナ・ターナー
(Better Be Good To Me / Tina Turner)

>81年スパイダーによって発表された作品のカバー。前作のビッグ・ヒットの余韻がまだチャート上に残る中、粋のいいロック調の3rdシングルが早くもトップ40入り。当時の勢いそのままに、最高位5位まで上昇している。

アルバム「プライヴェート・ダンサー」(Private Dancer)に収録。
【試聴はコチラ】
(スパイダー・バージョン)

☆「アウト・オブ・タッチ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(Out Of Touch / Daryl Hall & John Oates)

>ニュー・アルバムからの1stシングルが通算6曲目のNo1(2週)へと輝くのだが、このポップなロック・ナンバーは、アルバムで「ダンス・オン・ユア・ニード」(dance On Your knees)と連続して聴くのがベストでしょうなぁ。いやはや完成度の高い一曲であり、彼らの発表してきたアルバム中、一番良く聴いた作品でもある。

アルバム「BIG BAM BOOM」に収録。
BIG BAM BOOM
↑後にアルバムをCDで買い直ししたら、3800円も請求されて驚いた☆
【試聴はコチラ】

☆「愛のラストシーン」ジョイス・ケネディ&ジェフリー・オズボーン
(The Last Time I Made Love / Joyce Kennedy & Jeffrey Osborne)

>1948年ミシシッピー州出身のシンガー・ソングライター。
ファンク/ロック・バンド、マザーズ・ファイネストのボーカリストである彼女による、初となるソロ名義アルバムからのシングル。R&B/ファンク・バンドのL.T.D.から独立したジェフリー・オズボーンとのデュエット&プロデュースによる、ソフトなソウル・ナンバーがギリギリの最高位40位を記録。それにしてもこのあたりの楽曲は、まるで記憶に残っていないなぁ。(スミマセン)

アルバム「愛のラストシーン」(Looking For Trouble)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年10月チャートTB : 0CM : 0
1984年10月13日付(カントリー界大御所によるゴージャスなシングル?ケニー・ロジャース)HOME1984年9月29日付(ソロ名義でのビッグ・ヒット!チャカ・カーン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/803-886a128d



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。