ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年9月29日付(ソロ名義でのビッグ・ヒット!チャカ・カーン) ]
2014-09-26(Fri) 14:48:07
01/02「レッツ・ゴー・クレイジー」プリンス&ザ・レヴォリューション
02/01「ミッシング・ユー」ジョン・ウェイト
03/05「ドライヴ」カーズ
04/03「シー・バップ」シンディ・ローパー
05/09「心の愛」スティーヴィー・ワンダー
06/04「愛の魔力」ティナ・ターナー
07/07「ザ・ウォリアー」スキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイス
08/08「グラマラス・ライフ」シーラE
09/10「ちぎれたハート」バナナラマ
10/11「カヴァー・ミー」ブルース・スプリングスティーン

11/06「いつも夢見て」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
12/14「忘れ得ぬ君に」シカゴ
13/16「ラッキー・スター」マドンナ
14/17「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー
15/22「カリビアン・クィーン」ビリー・オーシャン
16/15「ダイナマイト」ジャーメイン・ジャクソン
17/19「トーチャー」ジャクソンズ
18/12「スタック・オン・ユー」ライオネル・リッチー
19/13「ゴーストバスターズ」レイ・パーカーJr.
20/25「ラッキー・ワン」ローラ・ブラニガン

21/21「ノット・ゴナ・テイク・イット」トゥイステッド・シスター
22/29「ソー・エキサイテッド」ポインター・シスターズ
23/26「ゼア・ゴーズ・マイ・ベイビー」ドナ・サマー
24/32「オン・ザ・ダーク・サイド」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
25/27「ゴー・インセイン」リンジー・バッキンガム
26/28「アーウィ・アーウィ」フィクス
27/31「サム・ガイズ」ロッド・スチュワート
28/18「ライツ・アウト」ピーター・ウルフ
29/33「ボップ・ティル・ユー・ドロップ」リック・スプリングフィールド
30/35「スウェプト・アウェイ」ダイアナ・ロス

31/20「サングラス・アット・ナイト」コリー・ハート
32/36「あの娘のシューズ」エルトン・ジョン
33/37「フレッシュ・フォー・ファンタジー」ビリー・アイドル
34/44「ブルー・ジーン」デヴィッド・ボウイ
35/39「デザート・ムーン」デニス・デ・ヤング
36/24「ロック・ミー・トゥナイト」ビリー・スクワイア
37/40「ストラット」シーナ・イーストン
38/49「フィール・フォー・ユー」チャカ・カーン
39/41「イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」ネイキッド・アイズ
40/42「シャイン、シャイン」バリー・ギブ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ブルー・ジーン」デヴィッド・ボウイ
(Blue Jean / David Bowie)

>世界的に支持を受けた前アルバムに続く、新アルバムからの1stシングル。自作によるポップなロック・ナンバーは、快調にチャートを上昇し続けたのだが最高位8位にて急停止。しかもアルバムからのトップ40ヒットがこれ一曲のみで終了してしまったのは、ちと寂しいのぉ。

アルバム「トゥナイト」(Tonight)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「フィール・フォー・ユー」チャカ・カーン
(I Feel For You / Chaka Khan)

>1953年イリノイ州出身のシンガー・ソングライター。本名イヴェット・マリー・スティーヴンス。
ファンク・バンドのルーファスに所属しながらソロ名義でも活躍していた彼女だが、83年にバンドが解散し、本格的にソロ一本に絞ってスタートしたアルバムからの1stシングル。当時を席巻していたプリンスによるプロデュースと提供を受けたダンス系R&Bの破壊力は伊達ではなく、74年ルーファス時代にスティーヴィー・ワンダーから提供を受け、最高位3位を記録した「テル・ミー・サムシング・グッド」(Tell Me Something Good)同様の大ヒットにまで成長。以降、ソロにてヒット曲を量産していくのかと思いきや、なんとラスト・トップ40ヒットとなってしまうとはねぇ、う~む。(結果的には、ソロでのトップ40ヒットはわずか2曲のみ)

アルバム「フィール・フォー・ユー」(I Feel For You)に収録。
I Feel For You
↑ジャケット・デザインもいいが、中身もなかなかGood!
【試聴はコチラ】
「テル・ミー・サムシング・グッド」

☆「イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」ネイキッド・アイズ
((What)In The Name Of Love / Naked Eyes)

>デビュー・アルバムからのトップ40ヒット3曲どころか、アルバムそのものが超お気に入りとなった当時のワタシにとっては、超待望となる2ndアルバムからの1stシングルであるシンセ・ポップだったのだが…。正直イントロを耳にした時からヤな予感はしていたものの、最高位39位とやはり全米での感想も同様だったようで、とにかく入手してみたアルバムの方もメンバー二人の楽曲製作能力は枯渇気味だったのか、前作のように楽しめたかというとねぇ。(涙) この後コンビは解消し、ロブ・フィッシャーは86年にクライミー・フィッシャーを結成、「ラヴ・チェンジズ」(Love Changes (Everything))のトップ40ヒットを生み出すのだが、99年にガンのため39歳で他界している。

アルバム「イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」(Fuel For The Fire)に収録。
【試聴はコチラ】
「ラヴ・チェンジス」

☆「シャイン、シャイン」バリー・ギブ
(Shine Shine / Barry Gibb)

>1946年イギリス出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼プロデューサー。本名バリー・アラン・クロンプトン・ギブ。
ビー・ジーズのリーダー格による、実質2枚目となるソロ名義アルバムからの1stシングル。80年代突入後、グループ自体の人気が急降下していた最中、ソロとしてこの年、実弟・モーリスに続いて初となるトップ40ヒットを記録。ビー・ジーズっぽさを感じさせるポップ・ナンバーとはいえ、やはり物足りなさをも思いっきり感じさせ、最高位37位とヒット・メイカーだったバリーの創作力にもお疲れ感がありありと…。(スミマセン) 
それにしても末弟のアンディが88年3月に早世して以降、03年1月に三男・モーリス、12年5月次男・ロビンがこの世を去り、70年代にRSO旋風を築いた立役者であるバリーひとりが健在という現在、その寂しさは計り知れないかも。

アルバム「ナウ・ヴォイジャー」(Now Voyager)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年9月チャートTB : 0CM : 2
1984年10月6日付(全米での快進撃スタート!ワム)HOME1984年9月22日付(ソロにて新たなる旅立ち!?デニス・デ・ヤング)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。