ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年9月15日付(再ヒットにて成功を手中!ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド) ]
2014-09-12(Fri) 14:43:29
01/01「愛の魔力」ティナ・ターナー
02/02「ミッシング・ユー」ジョン・ウェイト
03/03「シー・バップ」シンディ・ローパー
04/06「レッツ・ゴー・クレイジー」プリンス&ザ・レヴォリューション
05/05「スタック・オン・ユー」ライオネル・リッチー
06/07「いつも夢見て」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
07/10「ドライヴ」カーズ
08/08「ザ・ウォリアー」スキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイス
09/04「ゴーストバスターズ」レイ・パーカーJr.
10/13「グラマラス・ライフ」シーラE

11/09「サングラス・アット・ナイト」コリー・ハート
12/12「ライツ・アウト」ピーター・ウルフ
13/18「ちぎれたハート」バナナラマ
14/17「カヴァー・ミー」ブルース・スプリングスティーン
15/20「ダイナマイト」ジャーメイン・ジャクソン
16/15「ロック・ミー・トゥナイト」ビリー・スクワイア
17/11「ビートに抱かれて」プリンス
18/26「心の愛」スティーヴィー・ワンダー
19/21「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー
20/24「忘れ得ぬ君に」シカゴ

21/14「愛をもう一度」ピーボ・ブライソン
22/25「トーチャー」ジャクソンズ
23/23「ノット・ゴナ・テイク・イット」トゥイステッド・シスター
24/27「ラッキー・スター」マドンナ
25/19「オール・オブ・ユー」フリオ・イグレシアス&ダイアナ・ロス
26/16「ラウンド・アンド・ラウンド」ラット
27/22「あなたを夢見て」ダン・ハートマン
28/36「カリビアン・クィーン」ビリー・オーシャン
29/31「ラッキー・ワン」ローラ・ブラニガン
30/33「ゼア・ゴーズ・マイ・ベイビー」ドナ・サマー

31/34「ゴー・インセイン」リンジー・バッキンガム
32/39「アーウィ・アーウィ」フィクス
33/37「ソー・エキサイテッド」ポインター・シスターズ
34/38「ふたりの絆」スパンダー・バレエ
35/40「バップ・ティル・ユー・ドロップ」リック・スプリングフィールド
36/41「サム・ガイズ」ロッド・スチュワート
37/43「オン・ザ・ダーク・サイド」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
38/28「夜空のモーメント」ビリー・ジョエル
39/44「フレッシュ・フォー・ファンタジー」ビリー・アイドル
40/54「あの娘のシューズ」エルトン・ジョン


【ニューエントリーこめんと】

☆「サム・ガイズ」ロッド・スチュワート
(Some Guys Have All The Luck / Rod Stewart)

>73年パースエイダースによるヒットのカバー。最高位10位と、前シングルに引き続いてトップ10入りと絶好調に見える彼なれど、ワタシ的には80年代に突入後イマイチ彼らしくないトップ40ヒットの連続にガッカリしていたのだが、今回は思い切ってアルバムに手を伸ばしてみたものの、満足のいく結果は得られなかったあの当時。

アルバム「カムフラージュ」(Camouflage)に収録。
【試聴はコチラ】
(パースエイダース)

☆「オン・ザ・ダーク・サイド」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
(On The Dark Side / John Cafferty And The Beaver Brown Band)

>1972年ロードアイランド州にて結成されたロック・バンド。
83年に“エディ&ザ・クルーザーズ”名義で64位まで上昇したロック・ナンバーが、ようやく正当な評価を受けたかのように最高位7位という好成績をゲット。アルバムもトップ10入りを果たし、大ブレイク中の“ボス”のモノマネと揶揄されながらも、以降トップ40ヒット曲を数曲提供してくれる事となる。

サントラ「エディ・アンド・ザ・クルーザーズ」(Eddie And The Cruisers)に収録。
Eddie And The Cruisers
↑良質なシングル・ヒット2曲が冒頭に収録されており、それを聴いただけで満足してしまうっていうか…。(オイオイ)
【試聴はコチラ】

☆「フレッシュ・フォー・ファンタジー」ビリー・アイドル
(Fresh For Fantasy / Billy Idol)

>実に彼らしい不良っぽさ(?)が含まれたロック・ナンバーだったのだが、最高位29位と意外と伸びず。チャート的には不満が残るのだが、作品としてはワタシのお気に入りの一曲でもある。

アルバム「反逆のアイドル」(Rebel Yell)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「あの娘のシューズ」エルトン・ジョン
(Who WearsThese Shoes? / Elton John)

>もう普通に良質なエルトン流ポップ・ナンバー。最高位16位も超妥当な位置?

アルバム「ブレイキング・ハーツ」(Breaking Hearts)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年9月チャートTB : 0CM : 0
1984年9月22日付(ソロにて新たなる旅立ち!?デニス・デ・ヤング)HOME1984年9月8日付(唐突に覚醒!?ビリー・オーシャン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/800-a9fc9767



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。