ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年8月18日付(唯一のトップ40ヒット、トゥイステッド・シスター) ]
2014-08-15(Fri) 15:53:45
01/01「ゴーストバスターズ」レイ・パーカー Jr.
02/04「愛の魔力」ティナ・ターナー
03/03「ステイト・オブ・ショック」ジャクソンズ
04/02「ビートに抱かれて」プリンス
05/06「スタック・オン・ユー」ライオネル・リッチー
06/08「あなたを夢見て」ダン・ハートマン
07/12「ミッシング・ユー」ジョン・ウェイト
08/05「サッド・ソングス」エルトン・ジョン
09/10「サングラス・アット・ナイト」コリー・ハート
10/13「愛をもう一度」ピーボ・ブライソン

11/09「おまえにヒート・アップ」ロッド・スチュワート
12/07「ダンシング・イン・ザ・ダーク」ブルース・スプリングスティーン
13/15「パナマ」ヴァン・ヘイレン
14/17「ラウンド・アンド・ラウンド」ラット
15/20「シー・バップ」シンディ・ローパー
16/19「いつも夢見て」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
17/25「ザ・ウォリアー」スキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイス
18/23「ライツ・アウト」ピーター・ウルフ
19/22「ロック・ミー・トゥナイト」ビリー・スクワイア
20/24「セクシー・ガール」グレン・フライ

21/21「シーズ・マイン」スティーヴ・ペリー
22/11「ブレイクダンス」オリー&ジェリー
23/35「レッツ・ゴー・クレイジー」プリンス&ザ・レヴォリューション
24/14「レッグス」ZZ トップ
25/30「オール・オブ・ユー」フリオ・イグレシアス&ダイアナ・ロス
26/27「グラマラス・ライフ」シーラE
27/34「ドライヴ」カーズ
28/33「ダイナマイト」ジャーメイン・ジャクソン
29/29「アリバイ」セルジオ・メンデス
30/31「夜空のモーメント」ビリー・ジョエル

31/36「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー
32/37「ちぎれたハート」バナナラマ
33/18「ジャンプ」ポインター・シスターズ
34/16「アイズ」ビリー・アイドル
35/40「ライト・バイ・ユア・サイド」ユーリズミックス
36/43「17」リック・ジェームス
37/39「マイ・オー・マイ」スレイド
38/42「トゥー・サイズ・オブ・ラヴ」サミー・ヘイガー
39/47「ノット・ゴナ・テイク・イット」トゥイステッド・シスター
40/52「カヴァー・ミー」ブルース・スプリングスティーン


【ニューエントリーこめんと】

☆「17」リック・ジェイムス
(17 / Rick James)

>ラスト・トップ40ヒットとなってしまったファンクな自作&セルフ・プロデュース曲。B.B.誌お得意の原題同様の最高位というサービスは受けられず、最高位36位というのは楽曲の出来からすれば致し方ないかも。(ゴメン)

アルバム「リフレクションズ」(Reflections)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「トゥー・サイズ・オブ・ラヴ」サミー・ヘイガー
(Two Sides Of Love / Sammy Hagar)

>アメリカン・ロックらしい爽快感にあふれた自作ナンバーだが、チャート的には最高位38位と振るわず。ちょっとインパクト不足だったか?

アルバム「VOA(ヴォイス・オブ・アメリカ)」(VOA)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ノット・ゴナ・テイク・イット」トゥイステッド・シスター
(We're Not Gonna Take It / Twisted Sister)

>1972年ニューヨーク州で結成されたロック・バンド。
そのメロディアスなハード・ロックよりも、どうしても長尺でコミカルなPVのイメージが強いのだが、唯一のトップ40ヒットとして最高位21位まで上昇しているのも忘れてはいけません。

アルバム「ステイ・ハングリー」(Stay Hungry)に収録。
Stay Hungry
↑当時知り合いからアルバム借りて聴いたのだが、シングル曲以外は記憶に残らなかったっていうか…。
【試聴はコチラ】
(長尺コミカルPV)

☆「カヴァー・ミー」ブルース・スプリングスティーン
(Cover Me / Bruce Springsteen)

>超ベストセラー・アルバムからの2ndシングル。ワタシ的にはいまいちパッとしないロック・ナンバーなのだが、最高位7位とトップ10ヒットにまで成長しているのはさすが“ボス”ってか。

アルバム「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」(Born In The U.S.A.)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外87位★

☆「恋するビデオ」ジェフ・リン
(Video / Jeff Lynne)

>1947年イギリス出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼プロデューサー。本名ジェフリー・リン。
E.L.O.のフロントマンとしておなじみの彼による、ソロ名義でのシングルだったのだがHot100内滞在3週、最高位85位と大撃沈。まぁ、E.L.O.名義で発表していてもこの内容では結果は同じ?(スミマセン)

サントラ「エレクトリック・ドリーム」(Electric Dreams)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年8月チャートTB : 0CM : 0
1984年8月25日付(ソロ名義で再びトップ40ヒット、リンジー・バッキンガム)HOME1984年8月11日付(好調な全米デビュー、バナナラマ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/796-ea4c5e7f



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。