ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年8月4日付(弟に負けじとばかりに登場!ジャーメイン・ジャクソン) ]
2014-08-01(Fri) 15:16:15
01/01「ビートに抱かれて」プリンス
02/02「ゴーストバスターズ」レイ・パーカー Jr.
03/04「ステイト・オブ・ショック」ジャクソンズ
04/03「ダンシング・イン・ザ・ダーク」ブルース・スプリングスティーン
05/09「愛の魔力」ティナ・ターナー
06/06「おまえにヒート・アップ」ロッド・スチュワート
07/07「サッド・ソングス」エルトン・ジョン
08/15「スタック・オン・ユー」ライオネル・リッチー
09/11「ブレイクダンス」オリー&ジェリー
10/13「あなたを夢見て」ダン・ハートマン

11/05「アイズ」ビリー・アイドル
12/08「レッグス」ZZ トップ
13/10「ジャンプ」ポインター・シスターズ
14/14「ドクター・ドクター」トンプソン・ツインズ
15/18「愛をもう一度」ピーボ・ブライソン
16/20「パナマ」ヴァン・ヘイレン
17/19「サングラス・アット・ナイト」コリー・ハート
18/12「パラダイス~愛のテーマ」マイク・レノ&アン・ウィルソン
19/23「ラウンド・アンド・ラウンド」ラット
20/16「マジック」カーズ

21/17「セルフ・コントロール」ローラ・ブラニガン
22/22「アイム・フリー」ケニー・ロギンス
23/29「ミッシング・ユー」ジョン・ウェイト
24/25「シーズ・マイン」スティーヴ・ペリー
25/30「セクシー・ガール」グレン・フライ
26/32「ロック・ミー・トゥナイト」ビリー・スクワイア
27/26「カリビアン・ロマンス」エディ・グラント
28/34「ライツ・アウト」ピーター・ウルフ
29/35「いつも夢見て」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
30/31「アリバイ」セルジオ・メンデス

31/36「グラマラス・ライフ」シーラE
32/33「ターン・トゥ・ユー」ゴーゴーズ
33/37「ザ・ウォリアー」スキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイス
34/39「シー・バップ」シンディ・ローパー
35/21「リフレックス」デュラン・デュラン
36/42「オール・オブ・ユー」フリオ・イグレシアス&ダイアナ・ロス
37/44「ダイナマイト」ジャーメイン・ジャクソン
38/38「恋のカウントダウン」フェイス・トゥ・フェイス
39/41「夜空のモーメント」ビリー・ジョエル
40/45「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー


【ニューエントリーこめんと】

☆「オール・オブ・ユー」フリオ・イグレシアス&ダイアナ・ロス
(All Of You / Julio Iglesias & Diana Ross)

>カントリー界の大御所とのデュエットに続いては、ブラック・ミュージック界を代表する女性シンガーとのデュエットで全米を席巻。ドラマチックにあふれたポップ・ナンバーだが、意外と伸びず最高位19位に甘んじている。しかし秋口には、トップ40ヒット2曲を含んだアルバムがトップ5に食い込む売り上げを見せるのはお見事。

アルバム「ベル・エアー1100」(1100 Bel Air Place)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ダイナマイト」ジャーメイン・ジャクソン
(Dynamite / Jermaine Jackson)

>古巣のモータウンを離れ、新たなる移籍先から発表されたアルバムからの1stヒット。かつての持ち味だったファンクっぽさが失われ、ポップさが増したR&Bナンバーが最高位15位を記録している。

アルバム「ダイナマイト」(Dynamite)に収録。
Dynamite.jpg
↑どちらかと言えば、ファンク調時代の方が好みかも?(アルバム未購入ですが)
【試聴はコチラ】

☆「夜空のモーメント」ビリー・ジョエル
(Leave A Tender Moment Alone / Billy Joel)

>ベストセラー・アルバムから5曲目となるトップ40ヒット。ハーモニカおじさんことトゥーツ・シールマンスの奏でるその音色が印象深いソフト・ナンバー。最高位27位。

アルバム「イノセント・マン」(An Innocent Man)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー
(When You Close Your Eyes / Night Ranger)

>ロック・バラードにてその存在感を示した彼らによる、ポップ系のロック・ナンバー。最高位14位と好結果を示し、当時のワタシにアルバム購入に至らせた作品でもある。

アルバム「ミッドナイト・マッドネス」(Midnight Madness)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年8月チャートTB : 0CM : 0
1984年8月11日付(好調な全米デビュー、バナナラマ)HOME1984年7月28日付(快調にソロ・デビュー、ピーター・ウルフ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/794-7208dc91



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。