ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年7月14日付(新たなるハード・ロックの息吹!ラット) ]
2014-07-11(Fri) 18:01:15
01/01「ビートに抱かれて」プリンス
02/02「ダンシング・イン・ザ・ダーク」ブルース・スプリングスティーン
03/03「ジャンプ」ポインター・シスターズ
04/06「アイズ」ビリー・アイドル
05/05「リフレックス」デュラン・デュラン
06/04「セルフ・コントロール」ローラ・ブラニガン
07/08「パラダイス~愛のテーマ」マイク・レノ&アン・ウィルソン
08/19「ゴーストバスターズ」レイ・パーカー Jr.
09/09「ハート・オブ・ロックンロール」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
10/10「レッグス」ZZ トップ

11/14「おまえにヒート・アップ」ロッド・スチュワート
12/12「マジック」カーズ
13/13「ドクター・ドクター」トンプソン・ツインズ
14/07「タイム・アフター・タイム」シンディ・ローパー
15/21「ステイト・オブ・ショック」ジャクソンズ
16/17「サッド・ソングス」エルトン・ジョン
17/20「ブレイクダンス」オリー&ジェリー
18/16「ダンス・ホール・ディズ」ワン・チャン
19/15「ボーダーライン」マドンナ
20/24「あなたを夢見て」ダン・ハートマン

21/33「スタック・オン・ユー」ライオネル・リッチー
22/11「レッツ・ヒア・ボーイ」デニース・ウィリアムス
23/27「愛の魔力」ティナ・ターナー
24/25「ノー・ウェイ・アウト」ジェファーソン・スターシップ
25/32「愛をもう一度」ピーボ・ブライソン
26/26「ドント・ウォーク・アウェイ」リック・スプリングフィールド
27/31「パナマ」ヴァン・ヘイレン
28/28「アイム・フリー」ケニー・ロギンス
29/30「サングラス・アット・ナイト」コリー・ハート
30/34「カリビアン・ロマンス」エディ・グラント

31/36「シーズ・マイン」スティーヴ・ペリー
32/23「ステイ・ザ・ナイト」シカゴ
33/43「ラウンド・アンド・ラウンド」ラット
34/22「モダン・デイ・ディライラ」ヴァン・スティーブンソン
35/37「アリバイ」セルジオ・メンデス
36/42「ファースト・ディ・オブ・サマー」トニー・ケアリー
37/45「セクシー・ガール」グレン・フライ
38/40「恋するボーイズ」ロビン・ギブ
39/51「ロック・ミー・トゥナイト」ビリー・スクワイア
40/46「ターン・トゥ・ユー」ゴーゴーズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ラウンド・アンド・ラウンド」ラット
(Round And Round / Ratt)

>1976年カリフォルニア州にてミッキー・ラットとして結成され、81年に現バンド名に変更されたロック・バンド。
イントロからしてぐんぐんと来るモノがあり、それがラストまで継続していく完成度の高いハードなロック。最高位こそ12位止まりだったとはいえ、アルバムをトップ10内に突入させる役割は十分果たしているであろう一曲。

アルバム「情欲の炎」(Out Of The Cellar)に収録。
Out Of The Cellar
↑たしか90年代になってから中古でアルバム入手したのだが、トップ40ヒット曲以外はあまりパッとしなかった記憶が…。
【試聴はコチラ】

☆「ファースト・ディ・オブ・サマー」トニー・ケアリー
(The First Day Of Summer / Tony Carey)

>同じアルバムから2曲目となるトップ40ヒットは立派なのだが、...42位→36位→33位(最高位)→43位...という慌ただしいチャート・アクションを展開されては、記憶に残りづらいであろうポップ・ロック。

アルバム「サム・タフ・シティ」(Some Tough City)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「セクシー・ガール」グレン・フライ
(Sexy Girl / Glenn Frey)

>ソロ名義での2ndアルバムからの1stシングル。温もりを感じさせるソフトなポップ・ナンバーが、最高位20位まで上昇。

アルバム「オールナイター」(The Allnighter)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ロック・ミー・トゥナイト」ビリー・スクワイア
(Rock Me Tonite / Billy Squire)

>ジム・ステインマンとの共同プロデュースの下に誕生した自作のロック・ナンバー。過去アルバムを連続購入したワタシにとっては“待ってました!”な彼による新譜からの1stシングルだったのだが、どこか物足りなさを感じてしまいアルバム購入にまで至らなかったあの当時。とはいえ最高位15位と、チャート的には彼にとって最大のヒットを記録している。

アルバム「サインズ・オブ・ライフ」(Signs Of Life)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ターン・トゥ・ユー」ゴーゴーズ
(Turn To You / Go-Go's)

>一時期全米を虜にさせた彼女らによるラスト・トップ40ヒット。最高位32位とはいえ結構楽しめるポップ・ナンバーだと思うのだが、翌年85年には解散し、主要メンバーはソロ活動への道を選択していく事となる。

アルバム「トーク・ショウ」(Talk Show)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外87位★

☆「ユーアー・ザ・ベスト」スタイル・カウンシル
(You're The Best Thing / The Style Council)

>残念ながら全米では最高位76位の小ヒットとなってしまったのだが、唯一のトップ40ヒットとなった作品にも劣らないブルー・アイド・ソウルだと思うよ、あたしゃ。

アルバム「カフェ・ブリュ」(Cafe Bleu)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年7月チャートTB : 0CM : 0
1984年7月21日付(ソロ名義で大ヒット!ジョン・ウェイト)HOME1984年7月7日付(ソロとして一旗あげようとしたのだが?ロビン・ギブ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/791-fcae94ca



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。