ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年6月9日付(ビッグなメジャー・ヒット!プリンス) ]
2014-06-06(Fri) 16:05:15
01/02「タイム・アフター・タイム」シンディ・ローパー
02/01「レッツ・ヒア・ボーイ」デニース・ウィリアムス
03/04「Oh, シェリー」スティーヴ・ペリー
04/05「リフレックス」デュラン・デュラン
05/06「シスター・クリスチャン」ナイト・レンジャー
06/08「ハート・オブ・ロックンロール」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
07/03「ハロー(出逢いの扉)」ライオネル・リッチー
08/09「ブレイクダンス」アイリーン・キャラ
09/11「セルフ・コントロール」ローラ・ブラニガン
10/14「ジャンプ」ポインター・シスターズ

11/12「ボーダーライン」マドンナ
12/07「見つめてほしい」フィル・コリンズ
13/13「ウェイト」ヴァン・ヘイレン
14/18「ダンシング・イン・ザ・ダーク」ブルース・スプリングスティーン
15/16「イッツ・ア・ミラクル」カルチャー・クラブ
16/10「かつて愛した女性へ」フリオ・イグレシアス&ウィリー・ネルソン
17/20「ホワット・ユー・ウォント」ジョー・ジャクソン
18/23「アイズ」ビリー・アイドル
19/22「パラダイス~愛のテーマ」マイク・レノ&アン・ウィルソン
20/17「ダンシン・イン・ザ・シーツ」シャラマー

21/15「ロンゲスト・タイム」ビリー・ジョエル
22/26「ステイ・ザ・ナイト」シカゴ
23/25「ラン・ランナウェイ」スレイド
24/27「フーズ・ザット・ガール」ユーリズミックス
25/36「レッグス」ZZ トップ
26/32「マジック」カーズ
27/29「モダン・デイ・ディライラ」ヴァン・スティーブンソン
28/35「おまえにヒート・アップ」ロッド・スチュワート
29/30「マイ・エヴァー・チェンジング・ムーズ」スタイル・カウンシル
30/34「愛のてだて」クリスティン・マクヴィー

31/33「ダンス・ホール・ディズ」ワン・チャン
32/44「ドクター・ドクター」トンプソン・ツインズ
33/37「ホワット・イズ・ラヴ」ハワード・ジョーンズ
34/31「ハリケーン」スコーピオンズ
35/41「ノー・ウェイ・アウト」ジェファーソン・スターシップ
36/57「ビートに抱かれて」プリンス
37/38「ウィスパー・トゥ・ア・スクリーム」アイシクル・ワークス
38/39「あなたを夢見て」ダン・ハートマン
39/47「ドント・ウォーク・アウェイ」リック・スプリングフィールド
40/40「ミュージック・タイム」スティクス


【ニューエントリーこめんと】

☆「ドクター・ドクター」トンプソン・ツインズ
(Doctor! Doctor! / Thompson Twins)

>アルバムのOPを飾っていたちょっとダーク調のシンセ・ポップ。あまり好みのナンバーではなかったのだが、最高位11位という好セールスを記録。

アルバム「ホールド・ミー・ナウ」(Into The Gap)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ノー・ウェイ・アウト」ジェファーソン・スターシップ
(No Way Out / Jefferson Starship)

>80年代に突入後、彼らのサウンドがちょっとワタシが求めているものと違う感覚がありアルバム入手を控えていたのだが、この最高位24位まで上昇した壮大なポップ・ロックには心を奪われ、久しくLPを入手したあの当時。それ自体はワタシを満足させてくれる内容とはいかなかったものの、この楽曲は現在でもお気に入りの一曲。そして、ジェファーソン・スターシップ名義でのラスト・トップ40ヒットでもある。

アルバム「ニュークリア・ファニチャー」(Nuclear Funiture)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ビートに抱かれて」プリンス
(When Doves Cry / Prince)

>独特の“毒”を残したまま一般大衆のお耳にまで浸透させる殿下サウンドの完成に漕ぎ着けたのが、この自作のサイケなポップ・ナンバー。初となる全米制覇(5週)を達成し、我々日本人にもその存在感を思いっきりアピールしてくれたダブル・ミリオン達成のビッグ・ヒット。自身が主役を演じた映画の方はちょっとアレだったのだが、アルバムの売り上げがそれをちゃっかり帳消しにしてしまうあたりはさすが一流“ミュージシャン”ってか。

サントラ「パープル・レイン」(Purple Rain)に収録。
Purple Rain
↑ヒット曲満載で、当然こちらもビッグ・セールスを記録ゥ♪
【試聴はコチラ】

☆「ドント・ウォーク・アウェイ」リック・スプリングフィールド
(Don't Walk Away / Rick Springfield)

>こちらも自身が主役を務めた映画のサントラからの自作2ndヒットなのだが、自作楽曲のクォリティが前ヒットより落ちたためか最高位も26位と伸びず。

サントラ「ハード・トゥ・ホールド」(Hard To Hold)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外82位★

☆「ブリンギン・オン・ザ・ハートブレイク」デフ・レパード
(Bringin' On The Heartbreak / Def Leppard)

>81年に発表された2ndアルバム再リリース時、リミックス・バージョンとして収録されたこの作品をシングル化。最高位こそ61位止まりなれど、美しいコーラスとメロディラインが楽しめるのはさすが。

アルバム「ハイ・アンド・ドライ」(High 'n' Dry)に収録。
【試聴はコチラ】

★圏外87位★

☆「レバノン」ヒューマン・リーグ
(The Lebanon / Human League)

>ニューアルバムからの1stシングルとなったシンセ・ポップなのだが、最高位64位と大コケ。当時常連だった駅前の電器店兼レコード店では、大々的(?)にアルバム予約キャンペーンも展開されてはいたのだが…。

アルバム「ヒステリア」(Hysteria)に収録。
【試聴はコチラ】

★圏外89位★

☆「ホールド・ミー」テディ・ペンダーグラスwithホイットニー・ヒューストン
(Hold Me / Teddy Pendergrass with Whitney Houston)

>まだ無名時代のホイットニー・ヒューストンとのソウル・バラードのデュエット。実質ホイットニーにとってはヒット・チャート初お披露目となった作品だが、最高位46位とトップ40入り成らず。現在ふたりとも鬼籍入りしてしまっているのは、単なる時の流れだけではないような気がするのがちょっと物悲しいかも。なお、ホイットニーのデビュー・アルバム「そよ風の贈りもの」(Whitney Houston)にも収録されている。

アルバム「愛の贈り物」(Love Language)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年6月チャートTB : 0CM : 2
1984年6月16日付(好調継続!エルトン・ジョン)HOME1984年6月2日付(一年遅れのブレイク?ZZトップ)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。