ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年5月26日付(“ボス”パワー全開!ブルース・スプリングスティーン) ]
2014-05-23(Fri) 22:15:00
01/02「レッツ・ヒア・ボーイ」デニース・ウィリアムス
02/01「ハロー(出逢いの扉)」ライオネル・リッチー
03/06「タイム・アフター・タイム」シンディ・ローパー
04/03「見つめてほしい」フィル・コリンズ
05/08「Oh, シェリー」スティーヴ・ペリー
06/05「かつて愛した女性へ」フリオ・イグレシアス&ウィリー・ネルソン
07/12「リフレックス」デュラン・デュラン
08/16「シスター・クリスチャン」ナイト・レンジャー
09/13「ブレイクダンス」アイリーン・キャラ
10/04「ホールド・ミー・ナウ」トンプソン・ツインズ

11/11「キッスに御用心」ゴーゴーズ
12/09「ユー・マイト・シンク」カーズ
13/21「ハート・オブ・ロックンロール」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
14/14「ロンゲスト・タイム」ビリー・ジョエル
15/07「ラヴ・サムバディ」リック・スプリングフィールド
16/19「ウェイト」ヴァン・ヘイレン
17/18「ダンシン・イン・ザ・シーツ」シャラマー
18/22「ボーダーライン」マドンナ
19/24「セルフ・コントロール」ローラ・ブラニガン
20/30「イッツ・ア・ミラクル」カルチャー・クラブ

21/15「オーソリティ・ソング」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
22/28「ジャンプ」ポインター・シスターズ
23/10「フットルース」ケニー・ロギンス
24/29「ホワット・ユー・ウォント」ジョー・ジャクソン
25/27「ハリケーン」スコーピオンズ
26/17「夢みるトレイシー」トレイシー・ウルマン
27/32「ラン・ランナウェイ」スレイド
28/35「ステイ・ザ・ナイト」シカゴ
29/40「パラダイス~愛のテーマ」マイク・レノ&アン・ウィルソン
30/38「フーズ・ザット・ガール」ユーリズミックス

31/31「イッツ・マイ・ライフ」トーク・トーク
32/34「マイ・エヴァー・チェンジング・ムーズ」スタイル・カウンシル
33/39「アイズ」ビリー・アイドル
34/37「モダン・デイ・ディライラ」ヴァン・スティーブンソン
35/36「愛のてだて」クリスティン・マクヴィー
36/初「ダンシング・イン・ザ・ダーク」ブルース・スプリングスティーン
37/23「ノー・モア・ワーズ」ベルリン
38/45「ダンス・ホール・ディズ」ワン・チャン
39/59「マジック」カーズ
40/43「ウィスパー・トゥ・ア・スクリーム」アイシクル・ワークス


【ニューエントリーこめんと】

☆「ダンシング・イン・ザ・ダーク」ブルース・スプリングスティーン
(Dancing In The Dark / Bruce Springsteen)

>“ボス”が全盛期を極めたアルバムからの記念すべき1stシングル。Hot100内初登場36位というのも伊達ではない完成度を誇る自作のポップ・ロックが一気にチャートを急上昇し、彼にとって初となるシングルNo.1に輝くかと思いきや、惜しくも2位にて足踏み。しかし、アルバムがチャートイン3週目にて頂点に到達させる役割を十二分に果たした一曲であろうかな。ワタシにとっては当時の夏、高校時代の友人らと日本海へ一泊釣り旅行へ出掛けた思い出ともなる作品でもあーる。なおシングル盤のB面は、88年にナタリー・コールがカバーしてトップ5ヒットを記録した「ピンク・キャデラック」(Pink Cadillac)。
Born In The U.S.A.
↑よもや7曲ものトップ10ヒットを生み出すとは、この時点ではさすがに…!
【試聴はコチラ】
(Pink Cadillac)

アルバム「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」(Born In The U.S.A.)に収録。

☆「ダンス・ホール・ディズ」ワン・チャン
(Dance Hall Days / Wang Chung)

>OPでのギターのリフとパワフルなドラムがかっこいい、クールなポップ・ロック。超ポップな路線へと変更し、大ヒット曲を生み出した86年の彼らよりも、ワタシにとってはこの時期のサウンドが好きだなぁ。最高位は16位。

アルバム「航跡」(Points On The Curve)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「マジック」カーズ
(Magic / The Cars)

>前ヒットにも劣らないポップさに連続トップ10ヒットは難くないと思っていた当時だが、トップ10入り目前の12位にて3週間足踏み。超ガッカリさせられたのだが、その鬱憤はお次の3rdシングルにて晴らされるコトとなる。

アルバム「ハートビート・シティ」(Heatbeat City)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ウィスパー・トゥ・ア・スクリーム」アイシクル・ワークス
(Whisper To A Scream(Birds Fly) / Icicle Works)

>1980年イギリスで結成されたロック・グループ。
最高位37位という一発小ヒットながらも、とっても印象に残るポップなロック・ナンバー。ワタシにとっては79年のブラム・チャイコフスキー、83年のジョー・ボクサーズらと並んで最高位はいまいちなれど、その楽曲の存在感はトップ10ヒット・クラスとして称えたい一発屋ブリティッシュ・バンド・トリオとして、勝手に記憶に刻まれている。(迷惑?)

アルバム「木霊」(The Icicle Works)に収録。
【試聴はコチラ】

★圏外90位★

☆「シー・ドント・ノー・ミー」ボン・ジョヴィ
(She Don't Know Me / Bon Jovi)

>アルバム収録曲中、唯一メンバーが製作に関わっていない作品だったのだが、所属レコード会社からの提供により演奏、そして2ndシングル化。結果的には最高位48位とトップ40までは届かなかったものの、メロディアスなロックが楽しめる一曲。「愛は蜃気楼」という邦題はアレ過ぎたため(?)、これだけはシングル化の際変更されたようだ。

アルバム「夜明けのランナウェイ」(Bon Jovi)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年5月チャートTB : 0CM : 2
1984年6月2日付(一年遅れのブレイク?ZZトップ)HOME1984年5月19日付(ゴージャスなデュエット?マイク・レノ&アン・ウィルソン)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。