ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年4月28日付(ドイツ発ハード・ロック!スコーピオンズ) ]
2014-04-25(Fri) 16:14:40
01/01「見つめて欲しい」フィル・コリンズ
02/03「ハロー(出逢いの扉)」ライオネル・リッチー
03/02「フットルース」ケニー・ロギンス
04/04「ホールド・ミー・ナウ」トンプソン・ツインズ
05/05「ミス・ミー・ブラインド」カルチャー・クラブ
06/08「ラヴ・サムバディ」リック・スプリングフィールド
07/11「ユー・マイト・シンク」カーズ
08/10「夢見るトレイシー」トレイシー・ウルマン
09/06「オートマチック」ポインター・シスターズ
10/13「かつて愛した女性へ」フリオ・イグレシアス&ウィリー・ネルソン

11/07「ウォッチング・ミー」ロックウェル
12/23「レッツ・ヒア・ボーイ」デニース・ウィリアムス
13/20「キッスに御・用・心」ゴーゴーズ
14/18「トゥナイト」クール&ザ・ギャング
15/12「アダルト・エデュケイション」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
16/19「ドント・アンサー・ミー」アラン・パーソンズ・プロジェクト
17/27「Oh,シェリー」スティーヴ・ペリー
18/09「ヒア・カムズ・ザ・レイン・アゲイン」ユーリズミックス
19/22「オーソリティ・ソング」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
20/16「ガールズ」ドゥワイト・トゥイリー

21/25「ロンゲスト・タイム」ビリー・ジョエル
22/26「ブレイクダンス」アイリーン・キャラ
23/14「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン
24/24「リーヴ・イット」イエス
25/28「ファイン・ファイン・ディ」トニー・ケアリー
26/30「ダンシン・イン・ザ・シーツ」シャラマー
27/36「タイム・アフター・タイム」シンディ・ローパー
28/31「ノー・モア・ワーズ」ベルリン
29/29「愛に抱かれて」プリテンダーズ
30/32「シスター・クリスチャン」ナイト・レンジャー

31/33「ウェイト」ヴァン・ヘイレン
32/15「今夜はイート・イット」アル・ヤンコヴィック
33/17「ハイスクールはダンステリア」シンディ・ローパー
34/34「ヒーロー」ボニー・タイラー
35/37「ボーダーライン」マドンナ
36/46「ザ・リフレックス」デュラン・デュラン
37/45「ホワイト・ホース」レイド・バック
38/47「ハリケーン」スコーピオンズ
39/40「イッツ・マイ・ライフ」トーク・トーク
40/51「ハート・オブ・ロックン・ロール」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース


【ニューエントリーこめんと】

☆「ザ・リフレックス」デュラン・デュラン
(The Reflex / Duran Duran)

>アルバムの冒頭に収録されていたポップ・ロックを、ナイル・ロジャースの手によって強化され3rdシングルとしてリリース。その後チャートを急上昇し、2週に渡り全米を制覇という大偉業を達成し、アルバムを再びトップ10内に呼び戻すプロモーションにも一役買う事となる。実際アルバム・バージョンとはその聴き応えに大きな差が生じるシングル・バージョンなのだが、当時はアルバムとは別にシングルも購入し、その違いをも楽しんだものである。

アルバム「セヴン&ザ・ラグド・タイガー」(Seven And The Ragged Tiger)に収録。
【試聴はコチラ】
(アルバム・バージョン)

☆「ホワイト・ホース」レイド・バック
(White Horse / Laid Back)

>1979年デンマークで結成されたシンセ・ポップ系デュオ。
当時の日本では、とても受け入れ辛いであろうクセの強いファンク調シンセ・ダンス・ナンバー。全米においてもトップ40入りまで10週を要しているのだが、37位→27位というジャンプ・アップもありながら最高位は26位というよーわからん存在。ある意味実験的要素の強い作品なのかもしれないが、アルバム収録曲に耳をすましてみると普通のシンセ・ポップどころかレゲエまで含まれているという多国籍仕様?日本ではまったりと聴かせるレゲエ調の「サンシャイン・レゲエ」がちょっとした話題にもなったのだが、当時この様々なジャンルの作品が詰め込まれたアルバムを手にしたファン(?)は、ワタシを含めて果たしてちゃんと楽しめたのやら?それでも近年ベスト盤を入手し、結構楽しんだワタシでありましたとさ。(なんじゃ、そりゃ)

アルバム「サンシャイン・レゲエ」(Keep Smiling)に収録。
【試聴はコチラ】
(サンシャイン・レゲエ)

☆「ハリケーン」スコーピオンズ
(Rock You Like A Hurricane / Scorpions)

>1965年西ドイツで結成されたハードロック・バンド。
ライヴ&アルバム・アーティストとして勝手にワタシが決め付けていた彼らが、よもやトップ40ヒットを放つ時が来るとはねぇ。明らかにヒットを意識した作りのロック・ナンバーなのだが、思わずアルバムを購入してしまうくらいカッコイイのだからそれはしょーがないってか。この完成度で最高位25位止まりなのは、その時代の流行にそぐわなかったためなのかも。

アルバム「禁断の刺青」(Love At First Sting)に収録。
virgin killer
↑スコーピオンズといえば、未だにこのジャケットがトラウマ級に印象深し。
【試聴はコチラ】

☆「ハート・オブ・ロックン・ロール」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
(The Heart Of Rock 'N' Roll / Huey Lewis and The News)

>アルバムのOPを飾っていた、彼らの音楽性を象徴するかのような飾り気のないロック・ナンバー。最高位6位とトップ5入りは叶わなかったものの、アルバムがチャート・イン39週目にして全米No.1にまで引き上げさせた功労曲。アメリカの主要都市が歌詞に含まれているが、香港・東京が含まれているサービス・バージョン(?)も存在。

アルバム「スポーツ」(Sports)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外70位★

☆「ビリーヴ・イン・ミー」ダン・フォーゲルバーグ
(Believe In Me / Dan Fogelberg)

>エレキギターを前面に打ち出した前シングルとは打って変わって、従来の路線に戻したようなアコースティック調のソフト・ナンバーだが、最高位48位とトップ40入り成らず。以降没落への道をたどる事となるのは、惜しい限り…。

アルバム「ウィンドウズ・アンド・ウォールズ」(Windows And Walls)に収録。
【試聴はコチラ】

★圏外73位★

☆「ブレイク・フリー」クィーン
(I Want To Breake Free / Queen)

>楽曲がどーのこーのというよりも、PVによるその衝撃度にすべて持っていかれたのか、最高位45位止まりとなってしまったようで。(おいおい)

アルバム「ザ・ワークス」(The Works)に収録。
【試聴はコチラ】

★圏外87位★

☆「オリジナル・シン」インエクセス
(Original Sin / Inxs)

>ダリル・ホールがコーラスに参加し、ナイル・ロジャースがプロデュースという意欲作。PVは来日してまで撮影されたというそのヒットに対する入れ込み様だったのだが、全米での評価は厳しく最高位58位止まり。当時は彼らのファンの仲間入りしていたワタシから見ても独特のダサさに失笑してしまった(スミマセン!)のだが、アルバム自体は結構楽しめたというこの不思議!?

アルバム「ザ・スウィング」(The Swing)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年4月チャートTB : 0CM : 0
1984年5月5日付(全米でようやく脚光?スレイド)HOME1984年4月21日付(全米デビュー!ボン・ジョヴィ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/780-8786ab38



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。