ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年4月21日付(全米デビュー!ボン・ジョヴィ) ]
2014-04-18(Fri) 15:32:34
01/02「見つめて欲しい」フィル・コリンズ
02/01「フットルース」ケニー・ロギンス
03/04「ハロー(出逢いの扉)」ライオネル・リッチー
04/08「ホールド・ミー・ナウ」トンプソン・ツインズ
05/06「ミス・ミー・ブラインド」カルチャー・クラブ
06/05「オートマチック」ポインター・シスターズ
07/03「ウォッチング・ミー」ロックウェル
08/13「ラヴ・サムバディ」リック・スプリングフィールド
09/07「ヒア・カムズ・ザ・レイン・アゲイン」ユーリズミックス
10/14「夢見るトレイシー」トレイシー・ウルマン

11/15「ユー・マイト・シンク」カーズ
12/09「アダルト・エデュケイション」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
13/19「かつて愛した女性へ」フリオ・イグレシアス&ウィリー・ネルソン
14/10「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン
15/12「今夜はイート・イット」アル・ヤンコヴィック
16/17「ガールズ」ドゥワイト・トゥイリー
17/11「ハイスクールはダンステリア」シンディ・ローパー
18/20「トゥナイト」クール&ザ・ギャング
19/21「ドント・アンサー・ミー」アラン・パーソンズ・プロジェクト
20/22「キッスに御・用・心」ゴーゴーズ

21/16「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」ヒューイ・ルイス・&ザ・ニュース
22/25「オーソリティ・ソング」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
23/38「レッツ・ヒア・ボーイ」デニース・ウィリアムス
24/26「リーヴ・イット」イエス
25/29「ロンゲスト・タイム」ビリー・ジョエル
26/31「ブレイクダンス」アイリーン・キャラ
27/36「Oh,シェリー」スティーヴ・ペリー
28/30「ファイン・ファイン・ディ」トニー・ケアリー
29/32「愛に抱かれて」プリテンダーズ
30/39「ダンシン・イン・ザ・シーツ」シャラマー

31/35「ノー・モア・ワーズ」ベルリン
32/41「シスター・クリスチャン」ナイト・レンジャー
33/44「ウェイト」ヴァン・ヘイレン
34/34「ヒーロー」ボニー・タイラー
35/18「RADIO GA GA」クィーン
36/53「タイム・アフター・タイム」シンディ・ローパー
37/40「ボーダーライン」マドンナ
38/23「カム・バック・アンド・ステイ」ポール・ヤング
39/42「夜明けのランナウェイ」ボン・ジョヴィ
40/46「イッツ・マイ・ライフ」トーク・トーク


【ニューエントリーこめんと】

☆「シスター・クリスチャン」ナイト・レンジャー
(Sister Christian / Night Ranger)

>ハード・ロック路線が今ひとつ売れぬならばロック・バラード系はどうか、とばかりに2ndシングルとしてリリースしてみれば、なんと最高位5位という彼らにとって最大級となるヒットを記録。間奏のギター・プレイには聴き応えがあるとはいえ、この作品が30位→20位や16位→8位というジャンプアップには違和感を覚えたのだが、まぁ彼らもついに全米でブレイクしたから良しとすっかぁと安堵していたあの当時。結果的にはこのバラード・ヒットが、バンドとしての音楽の方向性を決定させてしまう事となるのは、果たしてファンにとっては吉となったのか、それとも…。ちなみにワタシがこの2ndアルバムを入手したのは、3rdシングルを耳にしてからである。

アルバム「ミッドナイト・マッドネス」(Midnight Madness)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ウェイト」ヴァン・ヘイレン
(I'll Wait / Van Halen)

>ビッグ・ヒットとなった前作に続くトップ40ヒットは、少しコマーシャリズムを抑えたかのようなミディアム・スローなロック・ナンバー。当時は地味さすら感じさせたのだが、今回単曲で改めて聴きなおしてみると最高位13位にも頷ける出来ばえに、今更ながら感心感心。(まぁ、エラそーに)

アルバム「1984」(1984)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「タイム・アフター・タイム」シンディ・ローパー
(Time After Time / Cyndi Lauper)

>ストレートなポップ・ソングで鮮烈デビューを決めた彼女が、2ndシングルとして選択したのは打って変わってウェット調のバラード・ナンバー。これが前作を超えるチャート・アクションを披露した後、2週に渡り全米を制覇。“静”でも“動”でもOKという両刀使い(?)な彼女によるシングル・ヒット量産劇場は、今始まったばかりであーる。ちなみにワタシは、“動”の方が好きッス☆

アルバム「N.Y.ダンステリア」(She's So Unusual)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「夜明けのランナウェイ」ボン・ジョヴィ
(Runaway / Bon Jovi)

>1983年ニュージャージー州で結成されたロック・バンド。
リード・ボーカリストのジョン・ボン・ジョヴィが率いるハード系ロック・バンドによるトップ40デビュー曲は、最高位こそトップ40滞在わずか1週の39位とまるで振るわなかったメロディアスなロック・ナンバーだったのだが、上記のナイト・レンジャー同様日本ではそれなりの支持を受け、86年の大ブレイク前に日本では一足早く人気アーティストの仲間入りを果たしている。なお85年には麻倉未稀によってカバーされ、さらに97年にはギタリストのリッチー・サンボラが反町隆史の「Forever」で軽快なギター・プレイを披露し、別の意味で浮いている。

アルバム「夜明けのランナウェイ」(Bon Jovi)に収録。
Bon Jovi
↑どちらかといえば、あたしゃナイト・レンジャー派かな。(おいおい)
【試聴はコチラ】
(麻倉未稀)
Forever

☆「イッツ・マイ・ライフ」トーク・トーク
(It's My Life / Talk Talk)

>1981年ロンドンで結成されたニューウェイブ系ロック・バンド。
前出であるリアル・ライフと同系統のサウンドのためか、現在でもごっちゃにしてしまうシンセ・ポップ。最高位31位まで上昇した当時のお気に入りの一曲で、2ndトップ40ヒット曲にも期待したのだがそれは叶わず、アルバム購入も見送ってしまいましたとさ。(ゴメン)

アルバム「イッツ・マイ・ライフ」(It's My Life)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年4月チャートTB : 0CM : 0
1984年4月28日付(ドイツ発ハード・ロック!スコーピオンズ)HOME1984年4月14日付(ソロでも大成功!スティーヴ・ペリー)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/779-72e21eb8



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。