ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年4月14日付(ソロでも大成功!スティーヴ・ペリー) ]
2014-04-11(Fri) 13:08:55
01/01「フットルース」ケニー・ロギンス
02/03「見つめて欲しい」フィル・コリンズ
03/02「ウォッチング・ミー」ロックウェル
04/10「ハロー(出逢いの扉)」ライオネル・リッチー
05/06「オートマチック」ポインター・シスターズ
06/07「ミス・ミー・ブラインド」カルチャー・クラブ
07/04「ヒア・カムズ・ザ・レイン・アゲイン」ユーリズミックス
08/11「ホールド・ミー・ナウ」トンプソン・ツインズ
09/08「アダルト・エデュケイション」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
10/05「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン

11/09「ハイスクールはダンステリア」シンディ・ローパー
12/13「今夜はイート・イット」アル・ヤンコヴィック
13/20「ラヴ・サムバディ」リック・スプリングフィールド
14/15「夢見るトレイシー」トレイシー・ウルマン
15/19「ユー・マイト・シンク」カーズ
16/12「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」ヒューイ・ルイス・&ザ・ニュース
17/17「ガールズ」ドゥワイト・トゥイリー
18/16「RADIO GA GA」クィーン
19/31「かつて愛した女性へ」フリオ・イグレシアス&ウィリー・ネルソン
20/24「トゥナイト」クール&ザ・ギャング

21/25「ドント・アンサー・ミー」アラン・パーソンズ・プロジェクト
22/27「キッスに御・用・心」ゴーゴーズ
23/22「カム・バック・アンド・ステイ」ポール・ヤング
24/18「恋のハート・ビート」クリスティン・マクヴィー
25/29「オーソリティ・ソング」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
26/28「リーヴ・イット」イエス
27/21「ランゲージ・オブ・ラヴ」ダン・フォーゲルバーグ
28/14「ロックバルーンは99」ネーナ
29/40「ロンゲスト・タイム」ビリー・ジョエル
30/32「ファイン・ファイン・ディ」トニー・ケアリー

31/41「ブレイクダンス」アイリーン・キャラ
32/38「愛に抱かれて」プリテンダーズ
33/33「キッズ・アメリカン」マシュー・ワイルダー
34/35「ヒーロー」ボニー・タイラー
35/39「ノー・モア・ワーズ」ベルリン
36/47「Oh,シェリー」スティーヴ・ペリー
37/37「ワン・イン・ア・ミリオン」ロマンティックス
38/56「レッツ・ヒア・ボーイ」デニース・ウィリアムス
39/45「ダンシン・イン・ザ・シーツ」シャラマー
40/46「ボーダーライン」マドンナ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ブレイクダンス」アイリーン・キャラ
(Breakdance / Irene Cara)

>サントラ関連のダンス・ナンバー担当として、一時代を築いた彼女によるラスト・トップ40ヒット。有終の美を飾るのもダンス・ナンバーというのも実に彼女らしく、最高位8位という好成績を遺している。

アルバム「ホワット・ア・フィーリン」(What A Feelin')に収録。
【試聴はコチラ】

☆「Oh,シェリー」スティーヴ・ペリー
(Oh Sherrie / Steve Perry)

>1949年カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名ステファン・レイ・ペリー。
77年ジャーニーのメイン・ボーカリストとして加入後、バンドをスーパーバンドにまで引き上げた功労者によるソロ名義での初トップ40ヒット。当時の恋人に対しての思いをつづったパワフルなラヴ・ソング。残念ながらシェリー嬢との仲は長続きしなかったものの、プロデュースと製作に携わったその作品の完成度は高く、最高位3位まで上昇。ミュージシャンとしてのポテンシャルの高さを世間に知らしめたのである。

アルバム「ストリート・トーク」(Street Talk)に収録。
Street Talk
↑トップ40ヒットを4曲も生み出したのはお見事☆
【試聴はコチラ】

☆「レッツ・ヒア・ボーイ」デニース・ウィリアムス
(Let's Here It For The Boy / Deniece Williams)

>ジョージ・デュークのプロデュースによるリズミカルなダンス・ナンバーが、78年ジョニー・マティスとのデュエット「涙のデュエット」(Too Much, Too Little, Too Late)以来2曲目となるNo.1(2週)ヒットを獲得。はしょりまくった邦題が、なかなかイカす?

サントラ「フットルース」(Footloose)に収録。
【試聴はコチラ】
(涙のデュエット)

☆「ダンシン・イン・ザ・シーツ」シャラマー
(Dancing In The Sheets / Shalamar)

>この週サントラ「フットルース」から二曲目となるトップ40ヒットは、ちょっと地味目ながらもダンサブルなポップ・ナンバー。最高位17位とコチラも控えめな成績だが、楽曲としてはなかなか味わい深い一品ではなかろうか。

サントラ「フットルース」(Footloose)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ボーダーライン」マドンナ
(Borderline / Madonna)

>ダンス系ナンバーでスーパースターへと駆け上っていく彼女にとって、今となっては貴重とすら感じ取れる哀愁に満ちたポップ・ナンバー。Hot100内チャートイン後、15週もかけて最高位10位に到達というのもかなり貴重な記録かもしれないが、Hot100内滞在30週という記録も貴重かも。当時はこの作品が気に入り、アルバムを購入したものであーる。

アルバム「バーニング・アップ」(Madonna)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年4月チャートTB : 0CM : 0
1984年4月21日付(全米デビュー!ボン・ジョヴィ)HOME1984年4月7日付(日本ではメジャー・ヒット?ボニー・タイラー)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/778-15cdbbb3



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。