ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年3月17日付(天才的パロディスト、アル・ヤンコヴィック) ]
2014-03-14(Fri) 15:09:33
01/01「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン
02/02「ハイスクールはダンステリア」シンディ・ローパー
03/05「ウォッチング・ミー」ロックウェル
04/03「ロックバルーンは99」ネーナ
05/09「フットルース」ケニー・ロギンス
06/04「スリラー」マイケル・ジャクソン
07/07「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」ヒューイ・ルイス・&ザ・ニュース
08/08「ヒア・カムズ・ザ・レイン・アゲイン」ユーリズミックス
09/06「ノーバディ・トールド・ミー」ジョン・レノン
10/12「ニュー・ムーン・オン・マンディ」デュラン・デュラン

11/14「恋のハート・ビート」クリスティン・マクヴィー
12/15「オートマチック」ポインター・シスターズ
13/17「アダルト・エデュケイション」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
14/16「ランゲージ・オブ・ラヴ」ダン・フォーゲルバーグ
15/11「アラウンド・ユア・フィンガー」ポリス
16/10「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
17/13「レット・ザ・ミュージック・プレイ」シャノン
18/20「ギヴ・イット・アップ」K.C.
19/24「ホールド・ミー・ナウ」トンプソン・ツインズ
20/34「見つめて欲しい」フィル・コリンズ

21/27「ミス・ミー・ブラインド」カルチャー・クラブ
22/28「想いは果てしなく」38スペシャル
23/29「ランナー」マンフレッド・マンズ・アース・バンド
24/26「危ないダンシング」リフレックス
25/25「悲しみ色に染めて」シーナ・イーストン
26/37「ハロー(出逢いの扉)」ライオネル・リッチー
27/30「レッツ・ステイ・トゥゲザー」ティナ・ターナー
28/35「RADIO GA GA」クィーン
29/31「ニュー・ソング」ハワード・ジョーンズ
30/32「カム・バック・アンド・ステイ」ポール・ヤング

31/33「ディスペレイト・タイムス」オリヴィア・ニュートン・ジョン
32/38「ガールズ」ドゥワイト・トゥイリー
33/18「イノセント・マン」ビリー・ジョエル
34/42「夢見るトレイシー」トレイシー・ウルマン
35/19「ジョアンナ」クール&ザ・ギャング
36/59「今夜はイート・イット」アル・ヤンコヴィック
37/41「レッド・レッド・ワイン」UB40
38/40「ドント・レット・ゴー」ワン・チャン
39/49「ラヴ・サムバディ」リック・スプリングフィールド
40/45「トゥナイト」クール&ザ・ギャング


【ニューエントリーこめんと】

☆「夢見るトレイシー」トレイシー・ウルマン
(They Don't Know / Tracy Ullman)

>1959年イギリス出身の女優兼コメディアン兼シンガー。
79年カースティ・マッコールによるヒットのカバーにて、トップ40デビュー。多重録音のためか、ちょっと仰々しいサウンドになっているポップ・ナンバーだが、最高位8位と唯一のトップ40ヒットがトップ10ヒットにまで成長。ポール・マッカートニーがゲストとして出演しているPVは、今観ても何か笑えますよ。

アルバム「夢見るトレイシー」(You Broke My Heart In 17 Places)に収録。
【試聴はコチラ】
(カースティ・マッコール)

☆「今夜はイート・イット」アル・ヤンコヴィック
(Eat It / Weird Al Yankovic)

>1959年カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼パロディスト。本名アルフレッド・マシュー・ヤンコヴィック。
ミュージシャン達をもうならせる天才的パロディストによる初となるトップ40ヒットは、マイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」をパロッた一品。PVもまんまパロッた作戦が成功したのか、はたまたプロデューサーを請け負ったリック・デリンジャーの手腕なのか、Hot100内初登場59位後→36位→18位というマイコー級のジャンプアップを見せ付けたのだが、結果的には最高位12位という妥当な位置(?)にて沈静。日本でも彼の存在は大きく知られるようになり、当時ワタシも釣られてアルバム買っちゃったよ、おい!

アルバム「スリだー」("Weird Al" Yankovic In 3-D)に収録。
Yankovic In 3-D
↑歌詞内容が分からなくても楽しめてしまうこのパワーとは一体…?
【試聴はコチラ】

☆「レッド・レッド・ワイン」UB40
(Red, Red Wine / UB 40)

>1978年イギリスで結成されたレゲエ/ポップ・バンド。
68年ニール・ダイアモンドによるヒットを、レゲエ調ポップスへと仕立て上げトップ40デビュー。本国ではNo.1に輝いたものの、全米では最高位34位止まり。しかし、88年にはちょっとだけ創意工夫した新バージョンにて全米をも制覇する事となる。

アルバム「レイバー・オブ・ラヴ」(Labour Of Love)に収録。
【試聴はコチラ】
(ニール・ダイアモンド)

☆「ラヴ・サムバディ」リック・スプリングフィールド
(Love Somebody / Rick Springfeild)

>リック本人主演の映画の挿入歌。自作にセルフ・プロデュースも兼ねた力の入ったハードなポップ・ロックで、最高位も5位と好調なセールスをマーク。俳優としてアーティストとして、まさに同時に頂点を極めた感のある当時30代半ばの春であろうかな。

サントラ「ハード・トゥ・ホールド」(hard To hold)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「トゥナイト」クール&ザ・ギャング
(Tonight / Kool & The Gang)

>ソフト路線も悪くはないのだが、やはり彼らにはこのようなファンク調ダンス・ナンバーが良く似合うかな。ワン・ワード・タイトル曲2作目も、最高位13位と好調を継続。

アルバム「イン・ザ・ハート」(In The Heart)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外85位★

☆「ハンターズ・オブ・ザ・ナイト」Mr.ミスター
(Hunters Of The Night / Mr. Mister)

>1982年アリゾナ州で結成されたポップ系ロック・バンド。
元ペイジスのメンバーらによって新たに立ち上げられた新生バンドによる、初となるHot100ヒット。最高位こそ57位と振るわなかったものの、本領発揮はお次の2ndアルバムからであーる。

アルバム「アイ・ウェア・ザ・フェイス」(I Wear The Face)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年3月チャートTB : 0CM : 0
1984年3月24日付(“名曲”と断言、アラン・パーソンズ・プロジェクト)HOME1984年3月10日付(ビッグ・アーティスト二人によるそろい踏み!フィル&ライオネル)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/774-b5415ccc



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。