ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年2月11日付(ビッグ・ダディからのバックアップ付き?ロックウェル) ]
2014-02-07(Fri) 13:25:46
01/01「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
02/04「ジョアンナ」クール&ザ・ギャング
03/03「トーキング・イン・ユア・スリープ」ロマンティックス
04/02「ロンリー・ハート」イエス
05/11「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン
06/08「ザッツ・オール」ジェネシス
07/07「ランニング・ウィズ・ザ・ナイト」ライオネル・リッチー
08/10「ピンク・ハウス」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
09/09「忘れじのローラ」クリストファー・クロス
10/06「ブルースはお好き?」エルトン・ジョン

11/05「想い出のステップ」マシュー・ワイルダー
12/18「ロックバルーンは99」ネーナ
13/14「レット・ザ・ミュージック・プレイ」シャノン
14/15「イノセント・マン」ビリー・ジョエル
15/21「ハイスクールはダンステリア」シンディ・ローパー
16/12「I・STILL・ 愛してる」レイ・パーカーJr.
17/22「ノーバディ・トールド・ミー」ジョン・レノン
18/19「アラウンド・ユア・フィンガー」ポリス
19/20「情熱のロックン・ロード」プリテンダーズ
20/初「スリラー」マイケル・ジャクソン

21/23「歓喜の調べ」ジェイムス・イングラム&マイケル・マクドナルド
22/16「ホリディ」マドンナ
23/24「ソー・バッド」ポール・マッカートニー
24/13「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
25/29「ニュー・ムーン・オン・マンディ」デュラン・デュラン
26/31「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」ヒューイ・ルイス・&ザ・ニュース
27/32「恋のハート・ビート」クリスティン・マクヴィー
28/39「ヒア・カムズ・ザ・レイン・アゲイン」ユーリズミックス
29/30「センド・ミー・アン・エンジェル」リアル・ライフ
30/17「運命のいたずら」オリヴィア・ニュートン・ジョン

31/35「メタル・ヘルス」クワイエット・ライオット
32/36「ディス・ウーマン」ケニー・ロジャース
33/52「ウォッチング・ミー」ロックウェル
34/33「ナイトバード」スティーヴィー・ニックス
35/37「ギヴ・イット・アップ」K.C.
36/41「フットルース」ケニー・ロギンス
37/38「ザ・ドリーム」アイリーン・キャラ
38/42「悲しみ色に染めて」シーナ・イーストン
39/59「ランゲージ・オブ・ラヴ」ダン・フォーゲルバーグ
40/63「オートマチック」ポインター・シスターズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「スリラー」マイケル・ジャクソン
(Thriller / Michael Jackson)

>アルバムを入手後、収録曲の中で一番違和感を受けていたのがこの作品。アルバムのタイトル・トラックとはいえさすがにシングル化はないだろうと思っていたのだが、7枚目のそれとしてHot100内初登場20位というモンスター・デビューを飾るコトに。ショートなホラー・ムービー仕立てなPVが反響を呼び、82年末に発売されたアルバムがまたまた全米で脚光を浴び、アルバム・チャートのトップを4月中旬まで快走させる起爆剤となる。ワタシとしましては、最高位4位を記録したこの色物風のファンク調ダンス・ナンバーがマイコーの代表作として呼ぶにはちょっと気が引けるのだが、当時の娯楽としてはなかなかオツな存在かもしれませんなぁ。

アルバム「スリラー」(Thriller)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ウォッチング・ミー」ロックウェル
(Somebody's Watching Me / Rockwell)

>1964年ミシガン州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名ケネディ・ウイリアム・ゴーディ。
モータウン・レコードの創設者であるベリー・ゴーディJr.の息子のひとりである彼が、モータウン・レーベルのアーティストとしてここに華々しくデビュー。マイケル・ジャクソンのコーラスも楽しめるというこの自作のポップなR&Bナンバーが快調にチャートを上昇し、最高位2位、そしてミリオンセラーという大成功を収める結果に。この先、モータウンを代表するようなビッグ・アーティストへと成長する布石かと思われたのだが…。

アルバム「スキャンダラスな肖像」(Somebody's Watching Me)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「フットルース」ケニー・ロギンス
(Footloose / Kenny Loggins)

>青春映画「フットルース」の主題歌として、全米で猛威を振るったポップ・ロック・ナンバー。3週に渡り全米を制覇しただけではなく、日本では“サントラおじさん”という愛称で親しまれるきっかけとなったビッグ・ヒットでもある。もちろんミリオンセラーをマークし、現在でも彼の作品がAMラジオから流れると、ほぼ99%の確立でこの作品という根付きようには、ちょっとあたしゃ泣けてきますよ…。(とほほ)
余談ですが、当時海賊版のビデオをたしか2000円というとってもアレなお値段でレンタル視聴したワタシですが、後にTVにてアイドルが吹き替えをしたバージョンが放映されたヤツと比べれば十分に楽しめたので、それはそれでヨシとすっかぁ。(ちょっと投げやり?)

サントラ「フットルース」(Footloose)に収録。
Footloose.jpg
↑4曲ものトップ40ヒットが追加収録されたCDは、結構お買い得ですぞ☆
【試聴はコチラ】

☆「悲しみ色に染めて」シーナ・イーストン
(Almost Over You / Sheena Easton)

>楽曲としては決して悪くはないのだが、ヒット曲としては物足りない感がひしひしと伝わるかのようなバラード・ナンバー。最高位も25位と、どこか中途半端なれど、Hot100内滞在20週はお見事。

アルバム「秘密」(Best Kept Secret)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ランゲージ・オブ・ラヴ」ダン・フォーゲルバーグ
(The Language Of Love / Dan Fogelberg)

>かつてのイメージを払拭とばかりに、アコギからエレキへと持ち替え熱演&熱唱したのが、この躍動感にあふれたポップ・ロック・ナンバー。快調にチャートを急上昇し、イメチェンに成功したかと思われたのだが、トップ20に突入した頃から息切れを起こし始め、結果的には最高位13位とトップ10入りならず。それどころか、ラスト・トップ40ヒットになってしまうという始末。でも、そのチャレンジャーな心構えは、ミュージシャンとして間違った方向性ではあるまいて。

アルバム「ウィンドウズ・アンド・ウォールズ」(Windows And Walls)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「オートマチック」ポインター・シスターズ
(Automatic / Pointer Sisters)

>珍しくルース・ポインターがリード・ボーカルを務めているためか、かつてのヒット曲とは色合いが違い、カッコいいイメージを受けるファンク調のポップ・ダンス・ナンバー。その斬新な試みが功を奏したのか、最高位5位まで上昇するヒットを記録。アルバムからの1stシングルが48位とコケた後、2ndシングルで変化球的(?)な作品で成功を収めたワケなのだが、それを上回るヒット曲がこの後に控えていたのには、この時点でまだ知る由もなし。

アルバム「ブレイク・アウト」(Break Out)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年2月チャートTB : 0CM : 2
1984年2月18日付(ソロとして再スタート、ティナ・ターナー)HOME1984年2月4日付(ソロ名義での初トップ40ヒット、クリスティン・マクヴィー)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。