ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年1月28日付(三十路過ぎてからノリノリのデビュー!シンディ・ローパー) ]
2014-01-24(Fri) 11:53:48
01/01「ロンリー・ハート」イエス
02/03「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
03/04「トーキング・イン・ユア・スリープ」ロマンティックス
04/06「ブルースはお好き?」エルトン・ジョン
05/05「想い出のステップ」マシュー・ワイルダー
06/08「ジョアンナ」クール&ザ・ギャング
07/02「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
08/09「ランニング・ウィズ・ザ・ナイト」ライオネル・リッチー
09/07「運命のいたずら」オリヴィア・ニュートン・ジョン
10/12「ザッツ・オール」ジェネシス

11/14「忘れじのローラ」クリストファー・クロス
12/13「ピンク・ハウス」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
13/11「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」デュラン・デュラン
14/16「I・STILL・ 愛してる」レイ・パーカーJr.
15/10「セイ・イット・イズント・ソゥ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
16/17「ホリディ」マドンナ
17/15「ザ・カーリー・シャッフル」ジャンプン・ザ・サドル
18/22「レット・ザ・ミュージック・プレイ」シャノン
19/24「イノセント・マン」ビリー・ジョエル
20/34「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン

21/25「情熱のロックン・ロード」プリテンダーズ
22/33「ロックバルーンは99」ネーナ
23/31「アラウンド・ユア・フィンガー」ポリス
24/27「歓喜の調べ」ジェイムス・イングラム&マイケル・マクドナルド
25/28「ソー・バッド」ポール・マッカートニー
26/26「ベイビー・アイ・ライド」デボラ・アレン
27/36「ノーバディ・トールド・ミー」ジョン・レノン
28/18「時のささやき」デバージ
29/21「涙のラスト・レター」バリー・マニロウ
30/19「愛は消えても」38スペシャル

31/45「ハイスクールはダンステリア」シンディ・ローパー
32/38「センド・ミー・アン・エンジェル」リアル・ライフ
33/35「ナイトバード」スティーヴィー・ニックス
34/30「ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト」ジェフリー・オズボーン
35/32「サイン・オブ・ファイア」フィクス
36/37「リメンバー・ザ・ナイト」モーテルズ
37/48「ニュー・ムーン・オン・マンディ」デュラン・デュラン
38/50「メタル・ヘルス」クワイエット・ライオット
39/41「ザ・ドリーム」アイリーン・キャラ
40/54「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」ヒューイ・ルイス・&ザ・ニュース


【ニューエントリーこめんと】

☆「ハイスクールはダンステリア」シンディ・ローパー
(Girl Just Want To Have Fun / Cyndi Lauper)

>1953年ニューヨーク州出身のシンガー・ソングライター兼女優。本名シンシア・アン・ステファニー・ローパー。
カルチャー・クラブの女性ソロ版ってなイメージがあった当時だったのだが、このトップ40デビュー曲もご他聞にもれず80'sポップの見本のような明るさと楽しさに満ちあふれたダンス・ナンバー。トップ40入り後は一気に加速状態に入り、首位を伺う所まで攻め込んだものの惜しくも2位に甘んじる。洋楽はカーペンターズ以降女性ボーカル物のアルバムには手を出していなかった当時のワタシでしたが、このミリオン・セラー曲にはかなり惹かれるモノを感じ、後続のシングルに期待を馳せたのだが…。

アルバム「N.Y.ダンステリア」(She's So Unusual)に収録。
Shes So Unusual
↑多種多様なポップスの詰め合わせは、カルチャー・クラブ以上!?
【試聴はコチラ】

☆「ニュー・ムーン・オン・マンディ」デュラン・デュラン
(New Moon On Monday / Duran Duran)

>ちょっとあっさりとした感じを受けるポップ・ロックなのだが、やはりそれなりの完成度を秘めた一曲。最高位10位と、しっかりトップ10入りを果たしているのは、当時のアーティスト・パワーというヤツなのかも。

アルバム「セブン&ザ・ラグド・タイガー」(Seven And The Ragged Tiger)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「メタル・ヘルス」クワイエット・ライオット
(Bang Your Head (Metal Health) / Quiet Riot)

>全米No.1アルバムからの2ndシングルは、オリジナル曲での勝負にて最高位31位まで上昇。トップ5ヒットを記録した前カバー・シングルに、決して引けを取らないくらいライヴで映えそうなハードロック・ナンバー。

アルバム「メタル・ヘルス~ランディ・ローズに捧ぐ~」(Metal Health)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ザ・ドリーム」アイリーン・キャラ
(The Dream / Irene Cara)

>映画「D.C.キャブ」の挿入歌。残念ながら映画の存在も知らなければ、最高位37位にまで上昇したこの陽気なポップ・ナンバーの記憶もなし。今回改めて試聴してみると、日本ではCMを通じて大ヒットを記録したテリー・デサリオの「オーバーナイト・サクセス」(Overnight Success)に似てないかい?(おいおい)

アルバム「フラッシュ・ダンス~ホワット・ア・フィーリン」(What A Feelin')に収録。
【試聴はコチラ】
(オーバーナイト・サクセス)

☆「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」ヒューイ・ルイス・&ザ・ニュース
(I Want A New Drug / Huey Lewis and The News)

>彼らの本領が全米で発揮されたのが、この飾り気のない骨太なロックン・ロール・ナンバーからであろう。最高位6位と、この時点で最大のヒットをマークし、アルバム売り上げに大きく貢献していく作品でもある。さらには、某映画の挿入歌に盗作疑惑を持ちかける存在として君臨する事ともなるオマケ付き。

アルバム「スポーツ」(Sports)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外87位★

☆「反逆のアイドル」ビリー・アイドル
(Rebel Yell / Billy Idol)

>アルバムからの1stシングルながらも最高位は46位とトップ40入りは逃しているものの、彼のライヴでは欠かせないであろうハイテンションなロック・ナンバー。シングルでの快進撃は、次の2ndリリースからであーる。

アルバム「反逆のアイドル」((Rebel Yell)に収録。
【試聴はコチラ】

★圏外94位★

☆「テンダー・イヤーズ」ジョン・キャファティ&ビーバー・ブラウン・バンド
(Tender Years / John Cafferty & Beaver Brown Band)

>前Hot100ヒットではエディ&ザ・クルーザーズ名義だったのだが、この作品からは本名(?)にてクレジットされてのチャートインだったのだが、最高位は78位止まり。前作同様トップ40ヒットとして蘇えるのは、もうちょっと先なのじゃ。(なんのこっちゃ)

サントラ「エディ・アンド・ザ・クルーザーズ」(Eddie & The Cruisers)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年1月チャートTB : 0CM : 0
1984年2月4日付(ソロ名義での初トップ40ヒット、クリスティン・マクヴィー)HOME1984年1月21日付(ドイツ語バージョンでの大ヒット!ネーナ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/765-ea7a6cb8



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。