ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年1月21日付(ドイツ語バージョンでの大ヒット!ネーナ) ]
2014-01-17(Fri) 13:17:32
01/02「ロンリー・ハート」イエス
02/01「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
03/09「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
04/06「トーキング・イン・ユア・スリープ」ロマンティックス
05/07「想い出のステップ」マシュー・ワイルダー
06/08「ブルースはお好き?」エルトン・ジョン
07/05「運命のいたずら」オリヴィア・ニュートン・ジョン
08/13「ジョアンナ」クール&ザ・ギャング
09/10「ランニング・ウィズ・ザ・ナイト」ライオネル・リッチー
10/03「セイ・イット・イズント・ソゥ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ

11/04「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」デュラン・デュラン
12/17「ザッツ・オール」ジェネシス
13/22「ピンク・ハウス」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
14/21「忘れじのローラ」クリストファー・クロス
15/16「ザ・カーリー・シャッフル」ジャンプン・ザ・サドル
16/20「I・STILL・ 愛してる」レイ・パーカーJr.
17/25「ホリディ」マドンナ
18/24「時のささやき」デバージ
19/23「愛は消えても」38スペシャル
20/12「アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト」ローリング・ストーンズ

21/18「涙のラスト・レター」バリー・マニロウ
22/26「レット・ザ・ミュージック・プレイ」シャノン
23/11「オール・ナイト・ロング」ライオネル・リッチー
24/28「イノセント・マン」ビリー・ジョエル
25/34「情熱のロックン・ロード」プリテンダーズ
26/36「ベイビー・アイ・ライド」デボラ・アレン
27/35「歓喜の調べ」ジェイムス・イングラム&マイケル・マクドナルド
28/31「ソー・バッド」ポール・マッカートニー
29/29「ゴールド」スパンダー・バレエ
30/30「ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト」ジェフリー・オズボーン

31/44「アラウンド・ユア・フィンガー」ポリス
32/32「サイン・オブ・ファイア」フィクス
33/42「ロックバルーンは99」ネーナ
34/47「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン
35/41「ナイトバード」スティーヴィー・ニックス
36/初「ノーバディ・トールド・ミー」ジョン・レノン
37/38「リメンバー・ザ・ナイト」モーテルズ
38/40「センド・ミー・アン・エンジェル」リアル・ライフ
39/39「イン・ザ・ムード」ロバート・プラント
40/14「アップタウン・ガール」ビリー・ジョエル


【ニューエントリーこめんと】

☆「アラウンド・ユア・フィンガー」ポリス
(Wrapped Around Your Finger / The Police)

>アルバムからの4thシングルなれど、まだまだ高クォリティで味わい深いポップ・ロックが楽しめるとはねぇ。最高位8位にも十分頷けるし、PVがまた完成度高し。

アルバム「シンクロニシティ」(Synchronicity)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ロックバルーンは99」ネーナ
(99 Luftballones / Nena)

>1960年ドイツ出身の女性シンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼女優を代表としたロック・バンド。本名ガブリエル・スザンヌ・ケルナー。
軽快なロックのリズムに乗せ、ゲルマン美女による母国語で歌われた反戦歌。12位→4位というジャンプ・アップを見せた時は、“一気に行っちゃうか!?”と思わされたのだが、惜しくも最高位2位止まり。結果的にはHot100内にチャートインした唯一のヒット曲だったのだが、ネーナ嬢がムダ毛の処理を行っていない衝撃度同様、日本でもそれなりのヒットを記録。 

アルバム「プラスティック・ドリームス」(Nena)に収録。
【試聴はコチラ】
(英語バージョン)

☆「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン
(Jump / Van Halen)

>“1984年はオレたちの年!”とばかりに発表されたアルバムからの1stシングル。そのタイトル通り、47位→34位→20位→11位→5位→2位と大ジャンプを繰り返した後、連続5週間に渡り全米を席巻するビッグ・ヒットを記録し、ミリオン・セラーをもゲットというハジけっぷりを披露!エディによるギタープレイのみならず、キーボード捌き(白鍵のみ?)も堪能出来る彼らの代表作として現在も受け継げられているロック・ナンバー。
余談ですが、85年の元旦、地元の山頂にて初日の出用のウォークマンBGMとして“1984~ジャンプ”を選択した自分に酔いしれたあの当時。(遠い目)

アルバム「1984」(1984)に収録。
1984.jpg
↑アルバムはNo.1に届いていないという、当時のアルバム・チャートの激戦区といったら…!
【試聴はコチラ】

☆「ナイトバード」スティーヴィー・ニックス
(Nightbird / Stevie Nicks)

>アルバムからの3rdシングルとあってか、地味で記憶に残りづらいポップ・ナンバー。最高位33位と、チャート的にも不発気味。

アルバム「ワイルド・ハート」(The Wild Heart)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ノーバディ・トールド・ミー」ジョン・レノン
(Nobody Told Me / John Lennon)

>ジョンがアルバム「ダブル・ファンタジー」の次作アルバム用にと、生前に形として遺していた未発表作品のひとつ。「ダブル~」からのシングル・ヒットのように洗練こそされてはいないものの、彼らしい持ち味が発揮されたポップ・ナンバーではなかろうか。最高位は5位。ライターこそジョンの名義がクレジットされているものの、プロデュース名には"Not Listed"と記名されているのがちと物悲しい。

アルバム「ミルク・アンド・ハニー」(Milk And Honey)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年1月チャートTB : 0CM : 0
1984年1月28日付(三十路過ぎてからノリノリのデビュー!シンディ・ローパー)HOME1984年1月14日付(またまたオージーからの新旋風、リアル・ライフ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/764-29add457



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。