ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年12月17日付(意外と名曲?ネイキッド・アイズ) ]
2013-12-13(Fri) 10:52:20
01/01「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
02/04「セイ・イット・イズント・ソゥ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
03/02「オール・ナイト・ロング」ライオネル・リッチー
04/03「アップタウン・ガール」ビリー・ジョエル
05/07「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」デュラン・デュラン
06/05「愛の嵐」パット・ベネター
07/11「ロンリー・ハート」イエス
08/06「アイランド・イン・ザ・ストリーム」ケニー・ロジャーズ&ドリー・パートン
09/12「運命のいたずら」オリヴィア・ニュートン・ジョン
10/10「ポイズン・マインド」カルチャー・クラブ

11/14「アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト」ローリング・ストーンズ
12/08「カモン・フィール・ザ・ノイズ」クワイエット・ライオット
13/13「ホワイ・ミー」アイリーン・キャラ
14/09「クランブリン・ダウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
15/18「メイジャー・トム」ピーター・シリング
16/16「シンクロニシティ2」ポリス
17/17「インナ・ビッグ・カントリー」ビッグ・カントリー
18/19「想い出のステップ」マシュー・ワイルダー
19/21「ブルースはお好き?」エルトン・ジョン
20/24「トーキング・ユア・スリープ」ロマンティックス

21/15「ハート・アンド・ソウル」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
22/22「エイント・ノーバディ」ルーファス&チャカ・カーン
23/23「ソウルズ」リック・スプリングフィールド
24/27「涙のラスト・レター」バリー・マニロウ
25/30「ランニング・ウィズ・ザ・ナイト」ライオネル・リッチー
26/26「時のささやき」デバージ
27/35「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
28/29「愛は消えても」38スペシャル
29/31「ジョアンナ」クール&ザ・ギャング
30/34「ザッツ・オール」ジェネシス

31/32「I・STILL・ 愛してる」レイ・パーカーJr.
32/45「ピンク・ハウス」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
33/39「ホリディ」マドンナ
34/43「ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト」ジェフリー・オズボーン
35/36「涙のリトル・ガール」ストレイ・キャッツ
36/20「P.Y.T.」マイケル・ジャクソン
37/44「ゴールド」スパンダー・バレエ
38/46「サイン・オブ・ファイア」フィクス
39/41「灯が消えるころ」ネイキッド・アイズ
40/40「イエントル~愛のテーマ」バーブラ・ストライサンド


【ニューエントリーこめんと】

☆「ピンク・ハウス」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
(Pink Houses / John Cougar Mellencamp)

>アメリカの政治家たちがこぞって自身のテーマ曲として使用しようとした、ちょっとアンニュイなカントリー風ロック・ナンバー。最高位8位と、連続トップ10ヒットを記録。

アルバム「天使か悪魔か」(Uh-Huh)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト」ジェフリー・オズボーン
(Stay With Me Tonight / Jeffrey Osborne)

>ソロへと転向後、ようやく“らしさ”が発揮されたかのように思えるファンク調のR&Bナンバー。チャート・イン10週目にしてようやくトップ40入り、しかも最高位は30位という決して目立った結果は残せてはいないのだが、Hot100内滞在21週というデータは決して伊達ではないと思いますよ、あたしゃ。

アルバム「ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト~貴方と過ごすおしゃれな夜」(Stay With Me Tonight)に収録。
Stay With Me Tonight
↑アルバムのサブ邦題が、なんか台無しな気が…★
【試聴はコチラ】

☆「ゴールド」スパンダー・バレエ
(Gold / Spandau Ballet)

>感動的な前ヒットと比較すると明らかに格が下がる(スミマセン)のだが、それでもバンドとしての気品の高さが伺えるかのようなポップ・ナンバー。最高位29位には納得の結果か。

アルバム「トゥルー」(True)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「サイン・オブ・ファイア」フィクス
(The Sigh Of Fire / The Fixx)

>アルバムからの3rdシングルというコトで、ちょっと出涸らし感をも受けるエレ・ポップだが、取りこぼしていた新規ファンを取り込める要素は含んでいる気配はあるかも。最高位32位。

アルバム「リーチ・ザ・ビーチ」(Reach The Beach)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「灯が消えるころ」ネイキッド・アイズ
(When The Lights Go Out / Naked Eyes)

>こちらもアルバムからの3rdシングルということで、ヒット曲としての派手さは小さいかもしれないエレ・ポップだが、当時はアルバム収録曲のひとつとして気に入っていた作品。チャート・イン9週目にて弱々しくトップ40入りしてきた翌週末に小学生時代の同窓会があり、酔って帰宅したため「全米トップ40」を聞かずに爆睡してしまったためこの曲のチャート動向がつかめず、ちょっとイラついたという思い出が含まれている作品でもあーる。(あはは) 最高位は37位でしたぁ。

アルバム「ネイキッド・アイズ」(Burning Bridges)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年12月チャートTB : 0CM : 0
1983年12月24日付(イミフな一発ヒット?ジャンプン・ザ・サドル)HOME1983年12月10日付(未来のスーパースター始動!マドンナ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/759-ae7ee3f3



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。