ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年12月10日付(未来のスーパースター始動!マドンナ) ]
2013-12-06(Fri) 11:33:27
01/02「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
02/01「オール・ナイト・ロング」ライオネル・リッチー
03/03「アップタウン・ガール」ビリー・ジョエル
04/05「セイ・イット・イズント・ソゥ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
05/06「愛の嵐」パット・ベネター
06/04「アイランド・イン・ザ・ストリーム」ケニー・ロジャーズ&ドリー・パートン
07/11「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」デュラン・デュラン
08/07「カモン・フィール・ザ・ノイズ」クワイエット・ライオット
09/09「クランブリン・ダウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
10/10「ポイズン・マインド」カルチャー・クラブ

11/14「ロンリー・ハート」イエス
12/16「運命のいたずら」オリヴィア・ニュートン・ジョン
13/13「ホワイ・ミー」アイリーン・キャラ
14/15「アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト」ローリング・ストーンズ
15/08「ハート・アンド・ソウル」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
16/19「シンクロニシティ2」ポリス
17/17「インナ・ビッグ・カントリー」ビッグ・カントリー
18/20「メイジャー・トム」ピーター・シリング
19/27「想い出のステップ」マシュー・ワイルダー
20/12「P.Y.T.」マイケル・ジャクソン

21/25「ブルースはお好き?」エルトン・ジョン
22/22「エイント・ノーバディ」ルーファス&チャカ・カーン
23/23「ソウルズ」リック・スプリングフィールド
24/29「トーキング・ユア・スリープ」ロマンティックス
25/21「愛のかげり」ボニー・タイラー
26/33「時のささやき」デバージ
27/30「涙のラスト・レター」バリー・マニロウ
28/18「想い出のラスト・サマー」モーテルズ
29/36「愛は消えても」38スペシャル
30/35「ランニング・ウィズ・ザ・ナイト」ライオネル・リッチー

31/38「ジョアンナ」クール&ザ・ギャング
32/42「I・STILL・ 愛してる」レイ・パーカーJr.
33/24「愛のセレブレイション」ピーボ・ブライソン&ロバータ・フラック
34/43「ザッツ・オール」ジェネシス
35/52「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
36/39「涙のリトル・ガール」ストレイ・キャッツ
37/34「偽りの微笑み」エイジア
38/31「テレフォン」シーナ・イーストン
39/45「ホリディ」マドンナ
40/41「イエントル~愛のテーマ」バーブラ・ストライサンド


【ニューエントリーこめんと】

☆「I・STILL・ 愛してる」レイ・パーカーJr.
(I Still Can't Get Over Loving You / Ray Parker Jr.)

>ソロへと転向後、2枚目となるアルバムからの1stシングル。イカした邦題にはちょっとムカつくのだが、レイディオ時代から培った温かなサウンドがお耳に優しい自作のポップ・ナンバー。最高位12位と、好調を継続。

アルバム「I・STILL・ 愛してる」(Woman Out Of Control)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ザッツ・オール」ジェネシス
(That's All / Genesis)

>1stシングルが全米では大コケしてしまったのだが、さすがに2ndシングルでは襟を正したかのようにポップなプログレ・ロックをリリース。トップ40入り後も快調に上昇を続け、最高位6位と、初となるトップ10ヒットをマーク。

アルバム「ジェネシス」(Genesis)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
(Karma Chameleon / Culture Club)

>「君は完璧さ」(Do You Really Want To Hurt Me)同様、世界的な大ヒットを記録したポップ・ナンバー。日本では彼らの代表曲となる作品で、全米では3週に渡りトップに君臨し、見事ミリオン・セラーを達成するセールスを記録。しかし、この作品を早めにシングル・カットしたために、前シングルが10位止まりになってしまったのを忘れてはイケません。
さて余談ですが、LPレコード購入でお世話になっていた地元駅前の電器店にて、日本では何千枚売れているのか分からないような洋楽アルバムをいつものごとく複数枚注文購入していたワタシでありますが、その対応してくれていた店のおかみさんとその娘さん(たぶん中学生)なのだが、娘さんがLPの群れの中にこのアルバムが混じっていたのを発見し、「あっ、カルチャー・クラブ」と口にし、ニコッと笑ったのが印象的だったあの当時。(めっさ遠い目)

アルバム「カラー・バイ・ナンバーズ」(Colour by Numbers)に収録。
Colour By Numbers
↑ポップスの見本の如く作品が集合した一枚♪
【試聴はコチラ】

☆「ホリディ」マドンナ
(Holiday / Madonna)

>1958年ミシガン州出身のシンガー・ソングライター兼女優兼プロデューサー兼ダンサー兼諸々。本名マドンナ・ルイーズ・チッコーネ。
後のスーパースターである彼女による、記念すべき第一歩となる初トップ40ヒット。ジョン・“ジェリービーン”・ベニテスによるプロデュースによりトップ40デビューを果たしたこのポップなダンス・ナンバーは、聴き方によっては一発屋臭すら漂うような完成度の高い作品なのだが、最高位も16位という、いかにもな臭気がまとい憑いているような気にかられてはいた当時だったのだが…。

アルバム「バーニング・アップ」(Madonna)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「イエントル~愛のテーマ」バーブラ・ストライサンド
(The Way He Makes Me Feel / Barbra Streisand)

>スーパースターであるバーブラが、製作・監督・共同脚本・主演というマルチな才能を発揮させたミュージカル映画の主題歌。こちらはボーカル以外を他人任せにしたためか、最高位40位と撃沈してしまったドラマチックなバラード。でも、映画&サントラ盤もそれなりのヒットを記録しているのは、さすがスーパースターの面目躍如ってなトコか。

サントラ「愛のイエントル」(Yentl)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年12月チャートTB : 0CM : 2
1983年12月17日付(意外と名曲?ネイキッド・アイズ)HOME1983年12月3日付(正統派ポップ・ロックで初トップ40ヒット、ロマンティックス)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。