ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年11月19日付(まさにブリティッシュ・インヴェイジョンなこの週!) ]
2013-11-15(Fri) 11:41:48
01/01「オール・ナイト・ロング」ライオネル・リッチー
02/04「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
03/03「アップタウン・ガール」ビリー・ジョエル
04/02「アイランド・イン・ザ・ストリーム」ケニー・ロジャーズ&ドリー・パートン
05/07「カモン・フィール・ザ・ノイズ」クワイエット・ライオット
06/05「愛のかげり」ボニー・タイラー
07/13「愛の嵐」パット・ベネター
08/06「ワン・シング」フィクス
09/10「想い出のラスト・サマー」モーテルズ
10/17「セイ・イット・イズント・ソゥ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ

11/08「デリリアス」プリンス
12/15「ハート・アンド・ソウル」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
13/18「P.Y.T.(Pretty Young Thing)」マイケル・ジャクソン
14/19「クランブリン・ダウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
15/11「テレフォン」シーナ・イーストン
16/09「渚の誓い」エア・サプライ
17/22「ポイズン・マインド」カルチャー・クラブ
18/16「愛のセレブレイション」ピーボ・ブライソン&ロバータ・フラック
19/14「モダン・ラヴ」デヴィッド・ボウイ
20/28「ホワイ・ミー」アイリーン・キャラ

21/12「トゥルー」スパンダー・バレエ
22/21「イフ・エニワン・フォールズ」スティーヴィー・ニックス
23/25「マイ・ラヴ」ジャーニー
24/42「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」デュラン・デュラン
25/26「テンダー・イズ・ザ・ナイト」ジャクソン・ブラウン
26/30「インナ・ビッグ・カントリー」ビッグ・カントリー
27/27「さよならは一度だけ」ディオンヌ・ワーウィック&ルーサー・ヴァンドロス
28/32「メイジャー・トム」ピーター・シリング
29/29「エイント・ノーバディ」ルーファス&チャカ・カーン
30/31「ミラー・マン」ヒューマン・リーグ

31/23「ラヴ・イズ・ア・ストレンジャー」ユーリズミックス
32/38「運命のいたずら」オリヴィア・ニュートン・ジョン
33/36「ソウルズ」リック・スプリングフィールド
34/41「シンクロニシティ2」ポリス
35/35「偽りの微笑み」エイジア
36/37「ジャスト・ガット・ラッキー」ジョーボクサーズ
37/45「ロンリー・ハート」イエス
38/46「ブルースはお好き?」エルトン・ジョン
39/48「アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト」ローリング・ストーンズ
40/20「キング・オブ・ペイン」ポリス


【ニューエントリーこめんと】

☆「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」デュラン・デュラン
(Union Of The Snake / Duran Duran)

>本国イギリス同様、全米での人気も本物へと進化したようで、ニュー・アルバムからの1stシングルが勢い良くトップ40デビュー。エレクトリック系ポップ・ロックとしてはかなり完成度が高いと思われるこの作品だったのだが、やはり最高位3位と十分納得のいく成果を残すことに成功。おっと、このアルバムからは、全英米を制覇する強力な作品が控えているのを忘れてはいけません。(バレバレですか?)

アルバム「セヴン&ザ・ラグド・タイガー」(Seven And The Ragged Tiger)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「シンクロニシティ2」ポリス
(Synchronicity Ⅱ / The Police)

>ベストセラー・アルバムからの3rdシングルは、ちょっと肩の力を抜いたかのようなスピーディーなロック・ナンバー。34位→22位と、トップ10ヒットを伺うかのようなジャンプアップも見せたりもしたのだが、結果的には最高位16位と納得の順位(?)に落ち着く。ちなみに「シンクロ~Ⅰ」を耳にするには、アルバム購入しかない?(当時限定ネタ)

アルバム「シンクロニシティ」(Synchronicity)に収録。
【試聴はコチラ】
(シンクロニシティ Ⅰ)

☆「ロンリー・ハート」イエス
(Owner Of The Lonely Heart / Yes)

>1968年ロンドンで結成されたプログレシヴロック・バンド。
プログレ系バンドにありがちなアルバム・アーティストという図形が、見事に当てはまるような大物グループだった彼らが、今回トレヴァー・ホーンのプロデュースを受け、シングル・ヒットをも生み出すバンドとしても大成長。ようやく通算3曲目のトップ40ヒットとなったこのニューウェイヴ系のポップ・ロックが、なんと全米チャートを制覇(2週)するという偉業を達成。この時が来るまで、彼らの作品は78年に発表された「クジラに愛を」(Don't Kill The Whale)というちょっと微妙な作品しか知らなかったワタシは、イエスというプログレ・バンドの“力”というモノを本格的に知らされたものである。
さらに近年、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のエンディングに使用されていた作品が、"Casey Kasem American Top 40 The 70's" から流れてきた時には『ああっ!これってイエスのナンバーだったの!?』なんて飛び起きて驚いたのも、実に情けないお話しであーる。(カッコ悪)

アルバム「ロンリー・ハート」(90125)に収録。
90125.jpg
↑少し前に某国営放送にて「ロンリー~」のPVが流れたのだが、あの“さば虫”シーンはカットされてました。(あはは)
【試聴はコチラ】
(クジラに愛を)
(ラウンドアバウト)

☆「ブルースはお好き?」エルトン・ジョン
(I Guess That's Why They Call It The Blues / Elton John)

>アルバムからの3rdシングルなれど、実に聴かせるバラード調のブルースなのであろうか。実質、スーパースターである彼のアルバムを初入手するきっかけとなったのが、スティーヴィー・ワンダーによる間奏のハーモニカが映える最高位4位まで上昇した、まったりとしたこのナンバーなのである。

アルバム「トゥー・ロウ・フォー・ゼロ」(Too Low For Zero)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト」ローリング・ストーンズ
(Undercover Of The Night / The Rolling Stones)

>なんていいますか、この突拍子もないサウンドに当時は大きな衝撃を受けた作品。ロックといえばロック、ちゃんとしたストーンズ風のロックなのだが、どういう発想でこのようなメロディが開発されるのだろうかと、しきりに頭を傾げながら耳にしたニューウェイブ系ロックンロール。ミック&キースの共作とはいえ全米のファンも同様だったのか、33位→15位というジャンプアップがあったものの最高位9位と、彼らのアルバムからの1stシングルとしてはちょいと微妙な結果に。なお、ヒットの翌年になってアルバムを入手したのだが、なんか当時のワタシにはちょっと難解だったような気が…。はてさて、現在耳にするとどのような感想が浮かぶのやら?(あはは)

アルバム「アンダーカヴァー」(Undercover)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外77位★

☆「ユー・ドント・ビリーヴ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
(You Don't Believe / The Alan Parsons Project)

>初となるベスト盤に収録された新曲。ここまでのトップ40ヒットの出来栄えからして、ベスト盤購入も悪くはないかなぁと思っていた当時だが、この微妙なポップなナンバーを耳にしてから購入意欲を失ってしまったというワタシ的にはとってもアレな一曲。最高位54位以前の問題作ってか?(スミマセン) でも、ちゃっかり次のニュー・アルバムにも収録されていたという…。

アルバム「ベスト・オブ・アラン・パーソンズ・プロジェクト~ユー・ドント・ ビリーヴ」(The Best Of The Alan Parsons Project)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年11月チャートTB : 0CM : 0
1983年11月26日付(涙のラスト・トップ40ヒット、バリー・マニロウ)HOME1983年11月12日付(印象に残る一発ヒットが2曲)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/755-0dae85a9



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。