ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年11月12日付(印象に残る一発ヒットが2曲) ]
2013-11-08(Fri) 12:39:45
01/02「オール・ナイト・ロング」ライオネル・リッチー
02/01「アイランド・イン・ザ・ストリーム」ケニー・ロジャーズ&ドリー・パートン
03/05「アップタウン・ガール」ビリー・ジョエル
04/06「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
05/03「愛のかげり」ボニー・タイラー
06/04「ワン・シング」フィクス
07/12「カモン・フィール・ザ・ノイズ」クワイエット・ライオット
08/08「デリリアス」プリンス
09/07「渚の誓い」エア・サプライ
10/11「想い出のラスト・サマー」モーテルズ

11/09「テレフォン」シーナ・イーストン
12/10「トゥルー」スパンダー・バレエ
13/17「愛の嵐」パット・ベネター
14/15「モダン・ラヴ」デヴィッド・ボウイ
15/18「ハート・アンド・ソウル」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
16/16「愛のセレブレイション」ピーボ・ブライソン&ロバータ・フラック
17/19「セイ・イット・イズント・ソゥ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
18/20「P.Y.T.(Pretty Young Thing)」マイケル・ジャクソン
19/21「クランブリン・ダウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
20/13「キング・オブ・ペイン」ポリス

21/14「イフ・エニワン・フォールズ」スティーヴィー・ニックス
22/26「ポイズン・マインド」カルチャー・クラブ
23/24「ラヴ・イズ・ア・ストレンジャー」ユーリズミックス
24/22「バーニング・ダウン・ザ・ハウス」トーキング・ヘッズ
25/30「マイ・ラヴ」ジャーニー
26/31「テンダー・イズ・ザ・ナイト」ジャクソン・ブラウン
27/32「さよならは一度だけ」ディオンヌ・ワーウィック&ルーサー・ヴァンドロス
28/37「ホワイ・ミー」アイリーン・キャラ
29/43「エイント・ノーバディ」ルーファス&チャカ・カーン
30/44「インナ・ビッグ・カントリー」ビッグ・カントリー

31/36「ミラー・マン」ヒューマン・リーグ
32/46「メイジャー・トム」ピーター・シリング
33/23「セーフティ・ダンス」メン・ウィズアウト・ハッツ
34/35「ブロークン・ハート」ラヴァーボーイ
35/41「偽りの微笑み」エイジア
36/45「ソウルズ」リック・スプリングフィールド
37/39「ジャスト・ガット・ラッキー」ジョーボクサーズ
38/49「運命のいたずら」オリヴィア・ニュートン・ジョン
39/42「マイ・タウン」マイケル・スタンリー・バンド
40/40「スパイス・オブ・ライフ」マンハッタン・トランスファー


【ニューエントリーこめんと】

☆「エイント・ノーバディ」ルーファス&チャカ・カーン
(Ain't Nobody / Rufus with Chaka Khan)

>ファンク・バンドであるルーファスのメイン・ボーカリストとしては、これが最後となるトップ40ヒット。30位代を飛び越えてのハイエスト・デビューだったのだが、20位代では足踏み状態が続き、結果的には最高位22位止まりだったとはいえ、ノリのいいファンク・サウンドを提供してくれている。そして翌年には、ソロ名義にて大きなヒットを放つ事となる。

アルバム「ライヴ/サヴォイでストンプ!」(Live-Stompin' At The Savoy)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「インナ・ビッグ・カントリー」ビッグ・カントリー
(In A Big Country / Big Country)

>1981年イギリスで結成されたロック・バンド。
バグパイプ風のサウンドを奏でるという摩訶不思議なギターの音色や、“ハッ”やら“シュワッ”という合いの手(?)がめっさ印象深い彼らの代表曲。楽曲の良さからしてトップ10入りは間違いないかと思いきや、意外と最高位17位にて足踏み。2ndシングルにも期待したのだが、残念ながら全米では一発屋にて終了。
01年11月、中心人物だったスチュアート・アダムソンが自殺。享年43。

アルバム「インナ・ビッグ・カントリー」(The Crossing)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「メイジャー・トム」ピーター・シリング
(Major Tom (Coming Home) / Peter Schilling)

>1956年ドイツ出身のシンガー・ソングライター。本名ピエッレ・ミハエル・シリング。
デヴィッド・ボウイによる69年の作品「スペイス・オディティ」に登場した架空の宇宙飛行士・トム少佐を、80年代になって再び取り上げたアンサー・ソング的作品。と、まぁそのような逸話があるらしいポップ・ナンバーだが、最高位14位とアポロ計画並の好結果を遺したのではなかろうかと。(なんじゃ、そりゃ?) でも、全米では一発屋で終了。

アルバム「メイジャー・トム」(Error In The System)に収録。
【試聴はコチラ】
(「スペイス・オディティ」デヴィッド・ボウイ)

☆「偽りの微笑み」エイジア
(The Smile Has Left Your Eyes / Asia)

>これでもか!というくらいキャッチーな創りの1stシングルには今回もドン引き気味だった当時のワタシですが、やっぱ今回も2ndシングルからの誘惑に負け、アルバムを購入してしまったという忌まわしい(?)過去が…。それはそうと、最高位こそ34位というへっぽこなセールスに終止してしまった壮大なロック・バラードだが、やっぱ今聴いても良いものであーる。

アルバム「アルファ」(Alfa)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ソウルズ」リック・スプリングフィールド
(Souls / Rick Springfield)

>アルバムからの3rdシングルも、やっぱすっかりお馴染みとなるハードなポップ・ナンバーだったのだが、この作品からは何か惹きつけられる特別なモノを感じ取り、結構聴きこんだ作品となったあの当時。最高位こそ23位とはいえ、ワタシがアルバムを購入するきっかけとなったのだから、そんなもんどうというコトはないってか。

アルバム「リヴィング・イン・OZ」(Living In Oz)に収録。
【試聴はコチラ】

「運命のいたずら」オリヴィア・ニュートン・ジョン
(Twist Of Fate / Olivia Newton-John)

>ジョン・トラボルタとの共演映画の挿入歌。デヴィッド・フォスターのプロデュースによるとてもスピーディーでポップなナンバーが、快調に最高位5位を記録。80年代に突入後も、絶好調を維持していた彼女だったのだが…?

サントラ「セカンド・チャンス」(Two Of A Kind)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「マイ・タウン」マイケル・スタンリー・バンド
(My Town / Michael Stanley Band)

>B級ロック・バンドとして、ワタシの心を捕らえていた彼らによる2曲目となるトップ40ヒット。今回は一週のみ39位のトップ40ランク・インだったのだが、独特の泥臭いサウンドがツボに来る軽快なロックを聴くため、アルバムを購入したのでそれはそれで良しとしておきましょう。(ピクピク)

アルバム「マイ・タウン」(You Can't Fight Fashion)に収録。
You Cant Fight Fashion
↑日本発売されたのは嬉しいのだが、一体何枚売れたのやら…。(大きなお世話?)
【試聴はコチラ】


★圏外85位★

☆「マグネティック」アース、ウインド&ファイア
(Magnetic / Earth, Wind & Fire)

>新時代へのサウンドへと変化させるためか、ホーン・セクションを一切排除して完成したネオE,W&Fによるエレクトリックなダンス・ナンバー。で、最高位57位と大コケしてしまったのだが、サウンドそのままでホーン・セクションを追加していれば、立派なトップ40ヒットに成長していたような気がしてならないのだが…?これは、プロデューサーを兼ねたモーリス・ホワイトによる大失態!?

アルバム「エレクトリック・ユニヴァース」(Electric Universe)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「地獄の回想」キッス
(Lick It Up / Kiss)

>80年代に突入後、トップ40ヒットが皆無で寂しい思いをしていた当時なのだが、ヘヴィ・メタル調に移行してからもアルバムの売り上げは好調だったのは嬉しい限り。でも、このシングルの最高位は66位。それにしても素顔のジーン・シモンズは、メイク時よりも凶悪ゥ!?(スミマセン)

アルバム「地獄の回想」(Lick It Up)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年11月チャートTB : 0CM : 2
1983年11月19日付(まさにブリティッシュ・インヴェイジョンなこの週!)HOME1983年11月5日付(好調サントラ姉さん、アイリーン・キャラ)

COMMENT

はじめまして。
アメリカンTop40のせいで土曜日はいつもラジオといっしょでした。
チャートものがよくかかるディスコがあって、メイジャートムやインナビッグカントリーなど、よくかかっていました。
どうやって踊ればいいんだって感じですが楽しかったです。
12インチ全盛期でもありますね。
ジャストガットラッキー、セーフティダンスなど、当時シングルで買った曲が多くて懐かしいです。
b y ぽんたん | 2013.11.14(06:07) | URL | [EDIT] |
  +
>ぽんたんさん

こんにちは、はじめまして☆

終末の深夜、「鶴光のオールナイトニッポン」から「全米トップ40」へと聞く放送が変化してから30年以上の月日が流れました。

ディスコとは無縁の人生でしたが、数十年前に知り合いが「全米チャートヒット曲がBGMのパチンコ屋があるぞ」なんてな情報をもらったコトがありましたが、さすがにサイフにダメージを受けながらトップ40ヒットを聞く気にはなりませんでした。(あはは)

この当時は、月に5枚以上はアルバムを購入していたような気がしますが、ホント洋楽が元気な時代でしたね♪

また、お越しくださいませ☆
b y ぶるじん | 2013.11.15(11:27) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/754-48341f5c



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。