ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年10月22日付(イメチェン成功!?ジョン・クーガー・メレンキャンプ) ]
2013-10-18(Fri) 10:31:29
01/01「愛のかげり」ボニー・タイラー
02/02「渚の誓い」エア・サプライ
03/05「アイランド・イン・ザ・ストリーム」ケニー・ロジャーズ&ドリー・パートン
04/04「トゥルー」スパンダー・バレエ
05/07「オール・ナイト・ロング」ライオネル・リッチー
06/06「ワン・シング」フィクス
07/03「キング・オブ・ペイン」ポリス
08/13「デリリアス」プリンス
09/12「バーニング・ダウン・ザ・ハウス」トーキング・ヘッズ
10/11「テレフォン」シーナ・イーストン

11/08「セーフティ・ダンス」メン・ウィズアウト・ハッツ
12/17「想い出のラスト・サマー」モーテルズ
13/09「あの娘にアタック」ビリー・ジョエル
14/10「セクシー&セヴンティーン」ストレイ・キャッツ
15/24「アップタウン・ガール」ビリー・ジョエル
16/18「イフ・エニワン・フォールズ」スティーヴィー・ニックス
17/19「愛のセレブレイション」ピーボ・ブライソン&ロバータ・フラック
18/22「モダン・ラヴ」デヴィッド・ボウイ
19/26「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
20/20「ビッグ・ログ」ロバート・プラント

21/31「カモン・フィール・ザ・ノイズ」クワイエット・ライオット
22/15「プロミセス・プロミセス」ネイキッド・アイズ
23/30「ハート・アンド・ソウル」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
24/14「ファー・フロム・オーヴァー」フランク・スタローン
25/25「ディス・タイム」ブライアン・アダムス
26/35「愛の嵐」パット・ベネター
27/16「愛を知って」ローラ・ブラニガン
28/29「ドクター・ヘッケルとミスター・ジャイヴ」メン・アット・ワーク
29/32「ラヴ・イズ・ア・ストレンジャー」ユーリズミックス
30/27「ローリング・ホイール」ムーディ・ブルース

31/36「フーリン」デフ・レパード
32/55「P.Y.T.(Pretty Young Thing)」マイケル・ジャクソン
33/37「キャント・シェイク・ルース」アグネタ
34/42「クランブリン・ダウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
35/21「踊るリッツの夜」タコ
36/38「エヴリディ・アイ・ライト・ザ・ブック」エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクション
37/40「エヴリディ・ピープル」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
38/46「マイ・ラヴ」ジャーニー
39/49「テンダー・イズ・ザ・ナイト」ジャクソン・ブラウン
40/41「ミラクルズ」ステイシー・ラティソウ


【ニューエントリーこめんと】

☆「P.Y.T.」マイケル・ジャクソン
(P.Y.T.(Pretty Young Thing) / Michael Jackson)

>モンスター・セールスを記録中のアルバムから6曲目となるシングル。クィンシー・ジョーンズ&ジェームス・イングラムという師弟コンビによって制作されたポップなファンク・ナンバー。さすがにシングル・ヒットとしての勢いは衰えてはきたものの、最高位10位とトップ10ヒットを記録。♪鼻の穴~というフレーズ(?)に惹かれたのか、当時はこのヒットの時点でようやくアルバムを入手。

アルバム「スリラー」(Thriller)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「クランブリン・ダウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
(Crumblin' Down / John Cougar Mellencamp)

>期待のニュー・アルバムからの1stシングル。アーティスト名義に“メレンキャンプ”が追加され、徐々に本名へと近づきつつある彼だが、そのサウンドは前アルバムからの洗練された一連のシングル・ヒットとはちょっと趣向が変化し、やや泥臭さを付加させたようなポップ・ロックで勝負。大ヒットとはいかないまでも最高位9位と、全米ではしっかりと受け入れられたようでなにより。

アルバム「天使か悪魔か」(Uh-Huh)に収録。
Uh-Huh.jpg
↑アルバムの完成度としては、前作を上回っている気が…☆
【試聴はコチラ】

☆「マイ・ラヴ」ジャーニー
(Send Her My Love / Journey)

>アルバムからの4thシングルとなったソフトなポップ・ロック。最高位23位と、当時の人気と比較すると順当な位置か。

アルバム「フロンティアーズ」(Frontiers)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「テンダー・イズ・ザ・ナイト」ジャクソン・ブラウン
(Tender Is The Night / Jackson Browne)

>イントロなしでいきなりボーカルからスタートするポップ・ナンバー。最高位25位と、これまた順位的には妥当かな。

アルバム「愛の使者」(Lawyers In Love)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ミラクルズ」ステイシー・ラティソウ
(Miracles / Stacy Lattisaw)

>この後、名プロデューサーとしてその名を馳せる事となるナラダ・マイケル・ウォルデンのバックアップを受け、13歳でトップ40デビューした彼女によるラスト・トップ40ヒット。聴かせるソウル・バラードが1週のみの最高位40位という記録とはいえ、この時点でまだ16歳だったのは脅威なのだが、89年に発表したアルバムを最後に23歳で引退したようだ。もったいないなぁ…。

アルバム"Sixteen"に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外95位★

☆「コート・イン・ザ・ゲーム」サヴァイヴァー
(Caught In The Game / Survivor)

>イントロのギターで“あっ、こりゃダメだ”と思った当時だったのだが、最高位77位とやっぱ見事にコケた。一時期全米を席捲した彼らもこれまでかと思われたのだが…?

アルバム「制覇への野望」(Caught In The Game)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年10月チャートTB : 0CM : 0
1983年10月29日付(♪ミラーナイフが敵を裂く?ヒューマン・リーグ)HOME1983年10月15日付(驚きのハードロック・ヒット!クワイエット・ライオット)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/751-b45d4bf2



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。