ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年10月15日付(驚きのハードロック・ヒット!クワイエット・ライオット) ]
2013-10-11(Fri) 16:34:26
01/01「愛のかげり」ボニー・タイラー
02/02「渚の誓い」エア・サプライ
03/03「キング・オブ・ペイン」ポリス
04/04「トゥルー」スパンダー・バレエ
05/06「アイランド・イン・ザ・ストリーム」ケニー・ロジャーズ&ドリー・パートン
06/09「ワン・シング」フィクス
07/14「オール・ナイト・ロング」ライオネル・リッチー
08/08「セーフティ・ダンス」メン・ウィズアウト・ハッツ
09/07「あの娘にアタック」ビリー・ジョエル
10/05「セクシー&セヴンティーン」ストレイ・キャッツ

11/16「テレフォン」シーナ・イーストン
12/15「バーニング・ダウン・ザ・ハウス」トーキング・ヘッズ
13/17「デリリアス」プリンス
14/10「ファー・フロム・オーヴァー」フランク・スタローン
15/11「プロミセス・プロミセス」ネイキッド・アイズ
16/12「愛を知って」ローラ・ブラニガン
17/23「想い出のラスト・サマー」モーテルズ
18/25「イフ・エニワン・フォールズ」スティーヴィー・ニックス
19/20「愛のセレブレイション」ピーボ・ブライソン&ロバータ・フラック
20/21「ビッグ・ログ」ロバート・プラント

21/18「踊るリッツの夜」タコ
22/36「モダン・ラヴ」デヴィッド・ボウイ
23/13「マニアック」マイケル・センベロ
24/32「アップタウン・ガール」ビリー・ジョエル
25/31「ディス・タイム」ブライアン・アダムス
26/初「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
27/28「ローリング・ホイール」ムーディ・ブルース
28/19「ドント・クライ」エイジア
29/37「ドクター・ヘッケルとミスター・ジャイヴ」メン・アット・ワーク
30/38「ハート・アンド・ソウル」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース

31/53「カモン・フィール・ザ・ノイズ」クワイエット・ライオット
32/42「ラヴ・イズ・ア・ストレンジャー」ユーリズミックス
33/33「イット・マスト・ビー・ラヴ」マッドネス
34/26「見つめていたい」ポリス
35/48「愛の嵐」パット・ベネター
36/40「フーリン」デフ・レパード
37/39「キャント・シェイク・ルース」アグネタ
38/41「エヴリディ・アイ・ライト・ザ・ブック」エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクション
39/35「君はハート泥棒」ロッド・スチュワート
40/45「エヴリディ・ピープル」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ


【ニューエントリーこめんと】

☆「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
(Say Say Say / Paul McCartney and Michael Jackson)

>ポール&マイケルという2大スーパースターによって共同制作された、とってもライトでポップなナンバー。Hot100内初登場26位という脅威のデビューを飾った後チャートを急上昇し、6週に渡り全米を席捲。ミリオン・セラーにも認定される大ヒットを記録したのだが、ちょっとワタシには魅力に乏しい作品だったのでこの大騒ぎには退屈しかり。(ゴメン)

アルバム「パイプス・オブ・ピース」(Pipes Of Peace)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「カモン・フィール・ザ・ノイズ」クワイエット・ライオット
(Cum On Feel The Noise / Quiet Riot)

>1973年カリフォルニア州で結成されたハードロック・バンド。
70年代も後期に差し掛かる頃、同系統のバンドであるライオットとごっちゃにしていたような彼らが、73年スレイドによるヒットのカバーにて全米で大ブレイクを果たす。ハードロックが苦手だった当時のワタシの心をも揺さぶるそのサウンドは、ポップな作品でひしめくアメリカン・チャートを異質の存在のまま急上昇を続け、最高位5位をマーク、そしてミリオン・セラーをもゲット。82年に事故死したバンドの中心人物だったランディ・ローズに届けとばかりに、アルバムに至っては全米No.1の快挙も手中に。かの名番組「SONY MUSIC TV」を初めて目にした時に流れてきたのがこの作品だったなぁ…。
なお、個性的なルックスとパワフルなボーカルを提供してくれていたケヴィン・ダブロウは、07年11月オーバードーズにより死去。享年52。

アルバム「メタル・ヘルス~ランディ・ローズに捧ぐ~」(Metal Health)に収録。
Metal Health
↑いや~、当時アルバムも買っちゃいましたよぉ☆
【試聴はコチラ】
(スレイド)

☆「ラヴ・イズ・ア・ストレンジャー」ユーリズミックス
(Love Is A Stranger / Eurythmics)

>大ヒットを記録した無機質なエレ・ポップだった前作と比較すると、幾分か温か味が増したポップ・ナンバー。とはいえ、彼らが持つ独特の不気味さは健在で彼らのサウンドに興味を抱くまでには至らず。最高位23位。

アルバム「スウィート・ドリームス」(Sweet Dreams (Are Made Of This))に収録。
【試聴はコチラ】

☆「愛の嵐」パット・ベネター
(Love Is A Battlefield / Pat Benatar)

>この週2曲目のエントリーとなる"Love Is A..."。ハードなロックでトップ40ヒットを量産していた彼女にしては珍しくソフト系な作品だったのだが、最高位5位という初となるトップ5ヒットを記録。でも彼女のヒット曲にしてはインパクト不足は否めず、ワタシにとってはちょっと空気な存在かも。(スミマセン)

アルバム「ライブ・フロム・アース」(Live From Earth)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「エヴリディ・アイ・ライト・ザ・ブック」エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクション
(Everyday I Write The Book / Elvis Costello & The Attractions)

>1954年ロンドン出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼プロデューサー。本名デクラン・パトリック・アロイシャス・マクマナス。
79年に3rdアルバムがシングル・ヒットもなしにトップ10入りしてきたのに驚かされ、当時は日本で少し話題になった「アクシデント」(Accidents Will Happen)が気に入っていたのもあり、思い切ってアルバムを入手(中古)してみたのだが当時のワタシには敷居が高い内容で、“ナゼにこのような作品が全米のトップ10に?”なんて感想を勝手に下す有り様。(スミマセン) ところが、この83年になってアルバム・アーティストと割り切っていた彼が、まさかまさかのシングル・ヒットをトップ40へと送り込んでくる日が来るとは!?と、驚かされたあの遠き日々よ…。(遠い目) 38位→36位(最高位)→45位という突如トップ40から姿を消すというお馴染みのチャート・アクションを披露してしまったのだが、この自作によるお耳に優しいメロディは結構記憶に刻まれる一曲である。

アルバム「パンチ・ザ・クロック」(Punch The Clock)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「エヴリディ・ピープル」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
(Everyday People / Joan Jett and The Blackhearts)

>この週2曲目のエントリーとなる"Everyday..."。(ひつこい?) 68年スライ&ファミリー・ストーンによるヒットのカバー。サウンドとしてはまさに彼らの音なのだが、カバー曲の選択をミスっているのかアレンジをミスっているのかよく分かりませんが、何か物足んないのよねぇ。最高位37位も、やむなしってか?

アルバム「アルバム」(Album)に収録。
【試聴はコチラ】
(スライ&ファミリー・ストーン)
音楽チャート1983年10月チャートTB : 0CM : 0
1983年10月22日付(イメチェン成功!?ジョン・クーガー・メレンキャンプ)HOME1983年10月8日付(快進撃開始!ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/750-ac2735d7



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。