ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1979年1月27日付 ]
2005-07-27(Wed) 10:15:16
01/01「おしゃれフリーク」シック
02/02「失われた愛の世界」ビー・ジーズ
03/04「Y.M.C.A.」ヴィレッジ・ピープル
04/10「アイム・セクシー」ロッド・スチュワート
05/03「マイ・ライフ」ビリー・ジョエル
06/08「愛は魔術師」オリヴィア・ニュートンジョン
07/07「ウー・ベイビー・ベイビー」リンダ・ロンシュタット
08/05「ホールド・ザ・ライン」トト
09/11「勝利者たち」ホット・チョコレート
10/12「セプテンバー」アース・ウィンド&ファイア

11/14「ファイア」ポインター・シスターズ
12/06「愛のたそがれ」バーブラ・ストライザンド&ニール・ダイアモンド
13/15「溢れる愛」ニコレット・ラーソン
14/16「ニューヨーク・グルーヴ」エース・フレーリー
15/17「夜のしじまに」バリー・マニロウ
16/18「ダンスに夢中」レイフ・ギャレット
17/23「ガット・トゥ・ビー・リアル」シェリル・リン
18/19「シェイク・イット」イアン・マシューズ
19/21「ソウル・マン」ブルース・ブラザーズ
20/35「恋のサヴァイヴァル」グロリア・ゲイナー

21/27「ノー・テル・ラヴァー」シカゴ
22/24「ドント・ホールド・バック」シャンソン
23/09「プロミセス」エリック・クラプトン
24/28「ザ・ギャンブラー」ケニー・ロジャース
25/29「愛は哀しみに秘めて」メリサ・マンチェスター
26/40「ヘヴン・ノゥズ」ドナ・サマー&ブルックリン・ドリームス
27/13「夜の果ての愛」ボブ・シーガー
28/30「テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー」トーキング・ヘッズ
29/37「蒼い朝」フォリナー
30/32「ホーム・アンド・ドライ」ジェリー・ラファティ

31/36「ベイビー・アイム・バーニン」ドリー・パートン
32/33「シャッタード」ローリング・ストーンズ
33/34「愛は色褪せて」ローズ・ロイス
34/20「めぐり逢う夜」ドクター・フック
35/22「愛を捨てないで」アンディ・ギブ
36/44「シェイク・ユア・グルーヴ」ピーチズ&ハーブ
37/38「ワン・ラスト・キッス」J.ガイルズ・バンド
38/42「涙のダンシング・シューズ」ナイジェル・オルソン
39/52「レイディ」リトル・リバー・バンド
40/41「ユー・ニード・ア・ウーマン」キャプテン&テニール


【ニューエントリーこめんと】

☆「シェイク・ユア・グルーヴ」ピーチズ&ハーブ
(Shake Your Groove Thing / Peaches & Herb)

>ワタシには単なるありきたりなディスコ・ソングにしか聞こえないのだが、
最高位5位まで上昇。
この順位には今でもナゾを感じさせてくれる。
しかし、次作が決定的な大ヒットになるとは思いもしなかったのである!
(彼らのバイオグラフィーについては、その時にでも・・・)
同名アルバム(2Hot!)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00006GF9R001001/

☆「涙のダンシング・シューズ」ナイジェル・オルソン
(Dancin' Shoes / Nigel Olsson)

>1949年イギリス・マージーサイド出身。
オリジナルはインディアナポリス出身のバンド、フェイス・バンド(Faith Band)
だが同時にHot100にチャート・イン。
ポール・デイヴィスのプロデュースにより、絶品のバラードに仕上がった
こちらに軍配が上がったようだ。(フェイス~は最高位54位。)
エルトン・ジョン・バンドのドラムを務めたこともあるらしいが、
彼のこの曲を含むアルバムがCD化された時、即購入しました♪
最高位18位、名曲でしょう!
同名アルバム(Nigel)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000093F001003/

☆「レイディ」リトル・リバー・バンド
(Lady / Little River Band)

>ワタシにとって数ある彼らのヒット曲の中では、ピカ一の出来だと
信じてやまない一品。
爽やかさの中にも不気味な緊張感を感じさせる部分が存在し、
何度聴いても感動させられるのである。
最高位は10位。
前シングルの出来の良さも含めて、アルバム「夢追人」(Sleeper Catcher)は
“買い!”のハズなのだが、なぜかワタシは見送っている。
B面がなんと「追憶の甘い日々」(Reminiscing)だったシングルも、
店頭で見かけながらも購入していない。
この謎は現在においても未解決のままである。
(アルバムは次作から買い続けているのになぁ・・・?)

【解決編】
実はその当時はただの“金欠”だった事をなんとなく思い出したゾ!(^^;
お店の前を通るたび気になっていた高校時代だ。
窮乏が解決した数ヶ月後(オイオイ)、ダメもとでレコード店に駆けつけたのだが、
やはりもうありませんでした。
少々苦い思い出かのぅ・・・。


ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000066JFG001006/

☆「ユー・ニード・ア・ウーマン」キャプテン&テニール
(You Need A Woman Tonight / Captain & Tennille)

>とても美しい作品なれど、いかんせんインパクトが小さすぎるかなぁ。
小さくまとまりすぎ、地味の二文字すら見え隠れしているような気が。
ゆえに1週だけチャート・インの最高位40位。
正直80年代を目前にして、彼らももはやこれまでか!?と思ったのだが・・・!

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005J73Z001015/
1979年1月チャートTB : 0CM : 0
1985年4月27日HOME『オール・ザット・シー・ウォンツ』 エイス・オブ・ベース

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/75-5be4567d



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。