ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年9月17日付(“おもいで”が2曲エントリー、キンクスとモーテルズ) ]
2013-09-13(Fri) 18:33:15
01/01「マニアック」マイケル・センベロ
02/05「あの娘にアタック」ビリー・ジョエル
03/03「セーフティ・ダンス」メン・ウィズアウト・ハッツ
04/08「愛のかげり」ボニー・タイラー
05/02「スィート・ドリームス」ユーリズミックス
06/06「見つめていたい」ポリス
07/09「ヒューマン・ネーチャー」マイケル・ジャクソン
08/04「踊るリッツの夜」タコ
09/15「渚の誓い」エア・サプライ
10/11「ドント・クライ」エイジア

11/07「情熱物語」ドナ・サマー
12/14「セクシー&セヴンティーン」ストレイ・キャッツ
13/13「愛の使者」ジャクソン・ブラウン
14/17「ファー・フロム・オーヴァー」フランク・スタローン
15/19「プロミセス・プロミセス」ネイキッド・アイズ
16/21「キング・オブ・ペイン」ポリス
17/22「トゥルー」スパンダー・バレエ
18/10「君のためなら」カルチャー・クラブ
19/20「愛を知って」ローラ・ブラニガン
20/12「ファッシネイション」ヒューマン・リーグ

21/18「ヒューマン・タッチ」リック・スプリングフィールド
22/16「イッツ・ア・ミステイク」メン・アット・ワーク
23/25「デッド・ギヴアウェイ」シャラマー
24/23「チャイナ・ガール」デヴィッド・ボウイ
25/27「泣かないでSO MAD」ジェフリー・オズボーン
26/34「アイランド・イン・ザ・ストリーム」ケニー・ロジャーズ&ドリー・パートン
27/28「キッス・ザ・ブライド」エルトン・ジョン
28/33「バーニング・ダウン・ザ・ハウス」トーキング・ヘッズ
29/38「ワン・シング」フィクス
30/37「テレフォン」シーナ・イーストン

31/31「テル・ハー・ノー」ジュース・ニュートン
32/32「ビッグ・ログ」ロバート・プラント
33/30「レイディ・ラヴ・ミー」ジョージ・ベンソン
34/36「愛のセレブレイション」ピーボ・ブライソン&ロバータ・フラック
35/24「スタンド・バック」スティーヴィー・ニックス
36/42「思い出のダンス」キンクス
37/55「デリリアス」プリンス
38/41「イット・マスト・ビー・ラヴ」マッドネス
39/46「ローリング・ホイール」ムーディ・ブルース
40/44「想い出のラスト・サマー」モーテルズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「思い出のダンス」キンクス
(Don't Forget To Dance / The Kinks)

>しかしこの当時のレイ・デイヴィスは神がかっていたようで、前ヒットが“動”とするならこの2ndシングルは“静”での完成度の高さといったらねぇ。夏の終わりを表現したような哀愁漂うソフトなポップ・ナンバーだが、チャート上昇中の29位(最高位)からいきなり圏外62位へ後退っていうのは、あまりにも“酷”っていうものではなかろうか。(涙)

アルバム「ステイト・オブ・コンフュージョン~夜なき街角」(State Of Confusion)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「デリリアス」プリンス
(Delirious / Prince)

>ファンキーでありながらもちょっとファニーさを漂わすメロディ・ラインが楽しいポップ・ナンバー。最高位8位と、トップ10ヒット常連の片鱗を見せ付けてきたのがこのあたりであり、一気にそれを開花させるのが翌年84年のサントラ名義のアルバムなのであーる。なお、日本ではシングル盤のB面が「リトル・レッド・コルベット」というゴージャス仕様だったのだが、果たして当時はどれだけ売れたのやら?

アルバム「1999」(1999)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「イット・マスト・ビー・ラヴ」マッドネス
(It Must Be Love / Madness)

>71年ラビ・シフレによるヒットのカバー。最高位33位と前作のような大ヒットとはならなかったものの結構印象に残るナンバーで、単なる一発屋を阻止したトップ40ヒットではないのはたしかな一曲である。

アルバム"Madness"に収録。
【試聴はコチラ】
(ラビ・シフレ)

☆「ローリング・ホイール」ムーディ・ブルース
(Sitting At The Wheel / The Moody Blues)

>60年代から一線で活躍してきたプログレ・バンドの彼らにしては、明らかにヒット狙いに走ったような問題作ではなかろうか?彼らが持ち合わせる独特の渋味やカッコ良さがこの作品によって一気に失われてしまったような気がし、最高位こそ27位とはいえ、ちょっとした黒歴史かも…?しかし、3年後の新作にてこの汚名(?)を返上させるのは、さすがベテラン職人ってか。

アルバム「新世界への道程」(The Present)に収録。
The Present
↑前アルバムはオニのように聴いたが、コチラは興味の対象にすら…。
【試聴はコチラ】

☆「想い出のラスト・サマー」モーテルズ
(Suddenly Last Summer / The Motels)

>アンニュイなサウンド作りの代表格(?)である彼らによる、2曲目となるトップ40ヒット。前ヒットよりは劣るかな?というワタシの勝手な感想をよそに、最高位9位と同様の順位にまで押し上げるパワーを発揮。(恐れ入りました)

アルバム「可愛い泥棒たち」(Little Robbers)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年9月チャートTB : 0CM : 0
1983年9月24日付(ちょっと退屈なニューエントリー陣?)HOME1983年9月10日付(カントリー界の大御所男女デュエットによる大ヒット)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/746-0a542e42



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。