ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年7月9日付(トップ40初登場!フィクス) ]
2013-07-05(Fri) 17:30:01
01/03「見つめていたい」ポリス
02/02「エレクトリック・アベニュー」エディ・グラント
03/01「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」アイリーン・キャラ
04/05「愛をもう一度」セルジオ・メンデス
05/07「君はTOO SHY」カジャグーグー
06/09「スタート・サムシング」マイケル・ジャクソン
07/04「タイム」カルチャー・クラブ
08/11「カム・ダンシング」キンクス
09/06「愛の炎を燃やせ」スティクス
10/13「アワ・ハウス」マッドネス

11/08「ファミリー・マン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
12/14「アイム・スティル・スタンディング」エルトン・ジョン
13/17「プリーズ・テル・ミー・ナウ」デュラン・デュラン
14/19「スタンド・バック」スティーヴィー・ニックス
15/23「1999」プリンス
16/10「シーズ・ア・ビューティ」チューブス
17/18「オール・ディス・ラヴ」デバージ
18/25「情熱物語」ドナ・サマー
19/21「ベイビー・ジェーン」ロッド・スチュワート
20/26「スィート・ドリームス」ユーリズミックス

21/12「アフェア・オブ・ザ・ハート」リック・スプリングフィールド
22/33「カッツ・ライク・ア・ナイフ」ブライアン・アダムス
23/35「ホット・ガールズ」ラヴァーボーイ
24/16「今夜はビート・イット」マイケル・ジャクソン
25/39「マニアック」マイケル・センベロ
26/28「ウィッシング」フロック・オブ・シーガルズ
27/27「ロール・ミー・アウェイ」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
28/32「ファッシネイション」ヒューマン・リーグ
29/38「ドリーム・ハート」クォーターフラッシュ
30/41「セイヴド・バイ・ゼロ」フィクス

31/15「レッツ・ダンス」デヴィッド・ボウイ
32/42「イッツ・ア・ミステイク」メン・アット・ワーク
33/20「僕はこんなに」ネイキッド・アイズ
34/43「ロック・オブ・エイジ」デフ・レパード
35/40「ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」ホリーズ
36/36「ホワイト・ウェディング」ビリー・アイドル
37/22「時への誓い」ジャーニー
38/45「チャイナ・ガール」デヴィッド・ボウイ
39/44「ロックン・ロール・イズ・キング」E.L.O.
30/40「やり直そうよ」シャンペーン


【ニューエントリーこめんと】

☆「セイヴド・バイ・ゼロ」フィクス
(Saved By Zero/ The Fixx)

>1979年ロンドンで結成されたロック・バンド。
日本人にも馴染みやすいブリティッシュ系ポップ・ロック勢がトップ40を賑わせている中、どこか渋さを含んだニューウェイヴ系ポップ・ロックをひっさげてトップ40デビューを果たしたのが彼ら。デュラン・デュランやカルチャー・クラブのような輝きはなく、かといってユーリズミックスやヒューマン・リーグのようなダークでもない、そんな独自のクールなサウンドに惹かれた当時のワタシはアルバム入手に興味を持ち始めたのだが…。(はてさて) 最高位は20位。

アルバム「リーチ・ザ・ビーチ」(Reach The Beach)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「イッツ・ア・ミステイク」メン・アット・ワーク
(It's A Mistake / Men At Work)

>コミカルなミリタリー風ブラック・ジョークが炸裂するPVを観て、やっぱ今作もアルバム購入を決定した当時でしたが、現在もこのスッとぼけたようなリズムが脳裏にこびり付くポップ・ロック。快調にチャートを上昇したものの、最高位は6位とちょっと物足りないか。

アルバム「カーゴ」(cargo)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ロック・オブ・エイジ」デフ・レパード
(Rock Of Ages / Def Leppard)

>名プロデューサーであるロバート・ジョン・“マット”・ランジのうめき声(?)でスタートするハードなロック・ナンバー。最高位16位に達する頃には、「このロック・バンド、結構いいんじゃね?」と、ハード・ロックにはあまり関心を持たなかった当時のワタシが、AC/DC以来のアルバム入手に目を向け始めた作品でもあーる。(恐るべし、“マット”・ランジ!)

アルバム「炎のターゲット」(Pyromania)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「チャイナ・ガール」デヴィッド・ボウイ
(China Girl / David Bowie)

>中華風のリズムが挿入されたポップ・ナンバー。1947年ミシガン州出身のロック・シンガー、イギーポップとの共同作で77年に完成されていたこの作品を、今回ボウイによってリメイクされ、最高位10位にまで上昇するヒット曲へと成長。楽曲には文句はありませんが、あえて申せばPVに登場する中華なねーちゃんの人選を…と思ったけれど、イケメンさんが素で楽しんでいるようだから、まっいっか。

アルバム「レッツ・ダンス」(Let's Dance)に収録。
【試聴はコチラ】
(イギー・ポップ)

☆「ロックン・ロール・イズ・キング」E.L.O.
(Rock 'N' Roll Is King / E.L.O.)

>ノリのいいオールディーズ風ロックン・ロール・ナンバーなのだが、彼らのファンであるワタシからすれば、“作りが雑になったなぁ”と感じさせられたあの当時。それでもジェフ・リンによる製作・プロデュースというのは強力なのか、最高位19位まで上昇している。

アルバム「シークレット・メッセージ」(Secret Messages)に収録。
Secret Messages
↑アルバム・チャート初登場99位(だっけ?)には、ちょっとショックを受けたあの当時。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年7月チャートTB : 0CM : 0
1983年7月16日付(好調!ジャクソン・ブラウン)HOME1983年7月2日付(同じサントラからまたもNo.1ソング!マイケル・センベロ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/733-d0a9fe8a



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。