ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年7月2日付(同じサントラからまたもNo.1ソング!マイケル・センベロ) ]
2013-06-28(Fri) 19:04:49
01/01「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」アイリーン・キャラ
02/03「エレクトリック・アベニュー」エディ・グラント
03/04「見つめていたい」ポリス
04/02「タイム」カルチャー・クラブ
05/08「愛をもう一度」セルジオ・メンデス
06/07「愛の炎を燃やせ」スティクス
07/10「君はTOO SHY」カジャグーグー
08/06「ファミリー・マン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
09/15「スタート・サムシング」マイケル・ジャクソン
10/14「シーズ・ア・ビューティ」チューブス

11/17「カム・ダンシング」キンクス
12/09「アフェア・オブ・ザ・ハート」リック・スプリングフィールド
13/19「アワ・ハウス」マッドネス
14/16「アイム・スティル・スタンディング」エルトン・ジョン
15/05「レッツ・ダンス」デヴィッド・ボウイ
16/11「今夜はビート・イット」マイケル・ジャクソン
17/25「プリーズ・テル・ミー・ナウ」デュラン・デュラン
18/21「オール・ディス・ラヴ」デバージ
19/27「スタンド・バック」スティーヴィー・ニックス
20/13「僕はこんなに」ネイキッド・アイズ

21/26「ベイビー・ジェーン」ロッド・スチュワート
22/12「時への誓い」ジャーニー
23/33「1999」プリンス
24/24「ウーマン・イン・ユー」ビー・ジーズ
25/30「情熱物語」ドナ・サマー
26/32「スィート・ドリームス」ユーリズミックス
27/31「ロール・ミー・アウェイ」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
28/29「ウィッシング」フロック・オブ・シーガルズ
29/22「思い出フリーウェイ」リトル・リバー・バンド
30/23「やり直そうよ」シャンペーン

31/18「オーバーキル」メン・アット・ワーク
32/41「ファッシネイション」ヒューマン・リーグ
33/40「カッツ・ライク・ア・ナイフ」ブライアン・アダムス
34/35「ザ・フェリーマン」クリス・デ・バー
35/45「ホット・ガールズ」ラヴァーボーイ
36/38「ホワイト・ウェディング」ビリー・アイドル
37/20「マイ・ラヴ」ライオネル・リッチー
38/43「ドリーム・ハート」クォーターフラッシュ
39/48「マニアック」マイケル・センベロ
40/44「ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」ホリーズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ファッシネイション」ヒューマン・リーグ
((Keep Feeling) Fascination / The Human League)

>無機質な前大ヒット曲から一転し、ダンス・クラブっぽさを感じさせるテクノ・ポップ。最高位8位と、トップ10入りという大健闘にもうなづける一曲。

ミニ・アルバム"fascination!"に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ホット・ガールズ」ラヴァーボーイ
(Hot Girls In Love / Loverboy)

>彼らの売りであろうキーボードとギターを上手く絡み合わせた、イカしたハードなポップ・ロックが最高位11位まで上昇。なお、この作品を収録した3rdアルバムは、前作同様トップ10入りを果たしている。

アルバム「ホット・ガールズ」(Keep It Up)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ドリーム・ハート」クォーターフラッシュ
(Take Me To Heart / Quarterflash)

>初トップ40ヒット曲同様、サックスが印象的なアダルト風ポップ・ナンバー。最高位14位と好調さをアピールしたのだが、ラスト・トップ40ヒットとなってしまった。

アルバム「アナザー・ピクチャー」(Take Another Picture)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「マニアック」マイケル・センベロ
(Maniac / Michael Sembello)

>1954年ペンシルバニア州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼プロデューサー。
共同プロデューサー&共同制作者として名を連ねた彼による、初となるトップ40ヒット。アイリーン・キャラによる先行大ヒットからやや遅れる形でシングル・リリースされたこの躍動感にあふれたポップなダンス・ナンバーも、結果的にアイリーン同様全米の頂点に躍り出る事に成功(2週)!当時、姉がこのサントラ盤をヘヴィローテしていたので、「フラッシュダンス」同様勝手に良く聴かされた(?)ものであーる。

サントラ「フラッシュダンス」(Flashdance)に収録。
Flashdance.jpg
↑とにかく、日本でもよく売れたってこってす☆
【試聴はコチラ】

☆「ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」ホリーズ
(Stop In The Name Of Love / The Hollies)

>1962年イギリスで結成されたロック・バンド。
ベテラン・グループによる9年ぶりとなるトップ40ヒットは、お馴染み65年スプリームスによる大ヒット・ナンバーのカバー。そのバンド名は知りながらも初めて耳にする楽曲がカバーというのもアレな話なのだが、当時はカバー曲というコトも知らず、美しいコーラス等を純粋に楽しんでいたのでそのあたりはOKなポップ・ナンバー。最高位29位。

アルバム「ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」(What Goes Around...)に収録。
【試聴はコチラ】
(スプリームス)


★圏外90位★

「ユア・ラヴ」トト
(Waiting For Your Love / Toto)

>どこかフュージョンっぽさも感じさせられるポップ・ロック。楽曲としては完成度は高いと思うのだが、いかんせんアルバムから5曲目のシングルという事もあってか、最高位73位と低迷。

アルバム「TOTO Ⅳ~聖なる剣」(Ⅳ)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年7月チャートTB : 0CM : 0
1983年7月9日付(トップ40初登場!フィクス)HOME1983年6月25日付(2ndヒットも好調!ブライアン・アダムス)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/732-fc3c20b1



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。