ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年6月18日付(貫禄のトップ40デビュー!ユーリズミックス) ]
2013-06-14(Fri) 11:25:43
01/01「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」アイリーン・キャラ
02/03「タイム」カルチャー・クラブ
03/02「レッツ・ダンス」デヴィッド・ボウイ
04/11「エレクトリック・アベニュー」エディ・グラント
05/04「オーバーキル」メン・アット・ワーク
06/05「マイ・ラヴ」ライオネル・リッチー
07/09「愛の炎を燃やせ」スティクス
08/08「僕はこんなに」ネイキッド・アイズ
09/10「アフェア・オブ・ザ・ハート」リック・スプリングフィールド
10/13「ファミリー・マン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ

11/06「今夜はビート・イット」マイケル・ジャクソン
12/12「時への誓い」ジャーニー
13/15「愛をもう一度」セルジオ・メンデス
14/25「見つめていたい」ポリス
15/17「君はTOO SHY」カジャグーグー
16/16「シーズ・ア・ビューティ」チューブス
17/19「スタート・サムシング」マイケル・ジャクソン
18/18「アイム・スティル・スタンディング」エルトン・ジョン
19/22「カム・ダンシング」キンクス
20/07「彼女はサイエンス」トーマス・ドルビー

21/26「アワ・ハウス」マッドネス
22/24「思い出フリーウェイ」リトル・リバー・バンド
23/23「やり直そうよ」シャンペーン
24/27「ウーマン・イン・ユー」ビー・ジーズ
25/28「オール・ディス・ラヴ」デバージ
26/14「リトル・レッド・コルベット」プリンス
27/32「ベイビー・ジェーン」ロッド・スチュワート
28/30「ザッツ・ラヴ」ジム・キャパルディ
29/21「フロム・ザ・ハート」ブライアン・アダムス
30/40「ウィッシング」フロック・オブ・シーガルズ

31/20「哀しみのソリテアー」ローラ・ブラニガン
32/44「プリーズ・テル・ミー・ナウ」デュラン・デュラン
33/35「ロール・ミー・アウェイ」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
34/42「情熱物語」ドナ・サマー
35/39「ザ・フェリーマン」クリス・デ・バー
36/47「スタンド・バック」スティーヴィー・ニックス
37/46「スィート・ドリームス」ユーリズミックス
38/38「クローサー・ユー・ゲット」アラバマ
39/52「1999」プリンス
40/33「悲しきメモリー」クリストファー・クロス


【ニューエントリーこめんと】

☆「プリーズ・テル・ミー・ナウ」デュラン・デュラン
(Is There Something I Should Know / Duran Duran)

>邦題にもなった歌詞からスタートする、とてもキャッチーなポップ・ロック。最高位4位まで上昇したこの作品を1stアルバムに新たに収録させ、全米10位まで押し上げるという商売上手さも見せてくれたのだが、あきらかにこの曲だけが浮いていたとは、当時アルバムを買った知り合いからの感想であーる。(そんな内容だろうなぁと、手を出さなかったワタシの勝ちィ?)

アルバム「デュラン・デュラン」(Duran Duran)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「情熱物語」ドナ・サマー
(She Works Hard For The Money / Donna Summer)

>プロデューサーのマイケル・オマーティアンとの共同作。まさにドナ版“24時間闘えますか!?”といった具合の、とてもアグレッシブなポップ・ナンバーが最高位3位まで上昇。アルバムも久しぶりにトップ10入りし、かつてのディスコ・クィーン完全復活かと思われたのだが、2ndシングル以降がコケたのが痛かった。なお、当時のアイドル歌手・河合奈緒子の「UNバランス」は、この作品をオマージュしたものであろうかな。

アルバム「情熱物語」(She Works Hard for the Money)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「スタンド・バック」スティーヴィー・ニックス
(Stand Back / Stevie Nicks)

>ソロ2作目となるアルバムからの自作1stシングル。ストレートなポップ・ロックが最高位5位をマーク。この後、フリートウッド・マックのメンバーとしての活動は鈍くなってくるものの、ソロとして好調を維持していく事となる。

アルバム「ワイルド・ハート」(The Wild Heart)に収録。
The Wild Heart
↑う~む、美しいが実に魔女っぽくもある…?
【試聴はコチラ】

☆「スィート・ドリームス」ユーリズミックス
(Sweet Dreams / Eurythmics)

>1980年ロンドンにてアニー・レノックスとデイヴ・スチュワートの男女ミュージシャン・コンビによって結成されたエレ・ポップ・デュオ。
当時の流行のひとつであるエレ・ポップの中でも取り分けダークさが際立った作品で、ワタシが苦手としていたサウンドの筆頭格だったのだが、そんな事にはお構いなしにチャートを急上昇し、トップを独走していたポリスの「見つめていたい」を引きずり下ろし、首位の座に立つ(1週)。結果的にHot100内滞在26週、ミリオン・セラーという衝撃的な全米デビューを飾り、以降ヒット・メーカーとして活躍していく事となる。

アルバム「スィート・ドリームス」(Sweet Dreams (Are Made Of This) )に収録。
【試聴はコチラ】

☆「1999」プリンス
(1999 / Prince)

>82年末に44位まで上昇したアルバム・タイトル・トラックの再リリース。今回は「リトル・レッド~」のヒットの余波もあったためか、最高位12位と見事トップ40ヒット曲へと昇華。元々ワタシ好みだった作品の再ヒットには、殿下もワタシ同様の笑みを浮かべていたかも?(あっはっは) なお、世紀末目前の1998年末に一週のみながらも40位にチャートインするという実にヤラセっぽい珍事が発生しているが、まぁそちらはどーでもいいコトかも。

アルバム「1999」(1999)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外78位★

☆「ミッドナイト・ブルー」ルイーズ・タッカー
(Midnight Blue / Louise Tucker)

>1956年イギリス出身のオペラ・シンガー。
ベートーベンのピアノソナタ第8番、悲愴の第2楽章「アダージョ・カンタービレ」(知ったか発動)を、一部ポップスとして活用させた一曲。最高位46位とトップ40入りは逃したものの、当時は唯一“リクエスト・コーナー”にてエアチェックしたのをよく聴いたもので、またその後TVCMに使用された時には驚いたものである。なお同年、ビリー・ジョエルが同様に、ドゥー・ワップ調にポップス化した「今宵はフォーエバー」(This Night)を発表している。

アルバム「ミッドナイト・ブルー」(Midnight Blue)に収録。
【試聴はコチラ】
(アダージョ・カンタービレ(悲愴))
(今宵はフォーエバー)

★圏外92位★

☆「ジューシー・フルーツ」エムトゥーメ
(Juicy Fruit / Mtume)

>1978年ニューヨーク州で結成されたソウル/ファンク・グループ。
最高位45位止まりのくせしてミリオン・セラー、そんな不可思議な現象を引き起こしていたこの作品に興味を持ち、当時何度耳にしては途中で挫折していたファンクでソウルなナンバーなのだが、今回久しぶりに聴いてみるとラストまですんなりと聴き通せる己の進化っぷり(?)にびっくり!?(なんじゃ、そりゃ)

アルバム「ジューシー・フルーツ」(Juicy Fruit)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年6月チャートTB : 0CM : 0
『Greatest Hits』Shaun CassidyHOME1983年6月11日付(期待の新曲だが…、フロック・オブ・シーガルズ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/729-cb0fa5ac



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。