ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年5月28日付(復活!?キンクス) ]
2013-05-24(Fri) 16:38:05
01/03「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」アイリーン・キャラ
02/01「レッツ・ダンス」デヴィッド・ボウイ
03/02「今夜はビート・イット」マイケル・ジャクソン
04/04「オーバーキル」メン・アット・ワーク
05/05「彼女はサイエンス」トーマス・ドルビー
06/06「リトル・レッド・コルベット」プリンス
07/07「哀しみのソリテアー」ローラ・ブラニガン
08/10「タイム」カルチャー・クラブ
09/09「マイ・ラヴ」ライオネル・リッチー
10/13「フロム・ザ・ハート」ブライアン・アダムス

11/16「アフェア・オブ・ザ・ハート」リック・スプリングフィールド
12/18「僕はこんなに」ネイキッド・アイズ
13/19「時への誓い」ジャーニー
14/20「愛の炎を燃やせ」スティクス
15/08「ジェパーディ」グレッグ・キーン・バンド
16/12「フォトグラフ」デフ・レパード
17/22「ファミリー・マン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
18/11「秘密警察」アフター・ザ・ファイア
19/15「ホールド・ユー・バック」トト
20/25「シーズ・ア・ビューティ」チューブス

21/14「リオ」デュラン・デュラン
22/17「カモン・アイリーン」デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
23/24「ストレンジャー・イン・マイ・ハウス」ロニー・ミルサップ
24/27「愛をもう一度」セルジオ・メンデス
25/31「エレクトリック・アベニュー」エディ・グラント
26/30「君はTOO SHY」カジャグーグー
27/28「やり直そうよ」シャンペーン
28/33「アイム・スティル・スタンディング」エルトン・ジョン
29/21「モーニン」アル・ジャロウ
30/34「ワン・シング」インエクセス

31/23「ミスター・ロボット」スティクス
32/45「思い出フリーウェイ」リトル・リバー・バンド
33/49「ウーマン・イン・ユー」ビー・ジーズ
34/48「ザッツ・ラヴ」ジム・キャパルディ
35/44「オール・ディス・ラヴ」デバージ
36/39「悲しきメモリー」クリストファー・クロス
37/50「カム・ダンシング」キンクス
38/41「オール・マイ・ライフ」ケニー・ロジャース
39/40「ルッキング・フォー・ア・ストレンジャー」パット・ベネター
40/52「アワ・ハウス」マッドネス


【ニューエントリーこめんと】

☆「思い出フリーウェイ」リトル・リバー・バンド
(We Two / Little River Band)

>7曲ものトップ40ニューエントリーからの一番人気を飾ったのはファンであるワタシとしては嬉しいのだが、アルバムからの1stシングルにしてはやけにライトでポップ過ぎる爽やかサウンドに一抹の不安を覚えたのだが、やっぱ最高位は22位とトップ10は遥か先。それでも日本人受けそうなナンバーを提供してくれたご褒美にか、エア・サプライ風なデザインのジャケットに差し替え&マリン・ブルーのカラーLPレコードという大プッシュっぷり…。不安と嬉しさが入り混じったあの当時でしたが、なんだかんだで彼らの名曲のひとつでありましょう。

アルバム「夏への扉」(The Net)に収録。(松田聖子かよぉ★)
夏への扉The Net
↑オリジナル盤のジャケもアレだが、日本盤も相当アレじゃね…?
【試聴はコチラ】

☆「ウーマン・イン・ユー」ビー・ジーズ
(The Woman In You / The Bee Gees)

>映画界のスーパースターであるシルベスター・スタローンが監督・製作・脚本を務めた、かの「サタディ・ナイト・フィーバー」の続編映画「ステイン・アライヴ」の挿入曲。チャート・イン2週目にしてトップ40入りと、ビー・ジーズ人気は健在!?かと思われたのだが、結果的には楽曲の出来が示す通り最高位は24位と振るわず。以降ビー・ジーズとしては、しばしトップ40ヒットとは無縁の時代が続く。

サントラ「ステイン・アライヴ」(Stayin' Alive)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ザッツ・ラヴ」ジム・キャパルディ
(That's Love / Jim Capaldi)

>1944年イギリス出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名ニコラ・ジェームス・キャパルディ。
ロック・バンド、トラフックの元メンバーとして、共にバンドを支えたスティーヴ・ウインウッドをプロデューサーに迎えた自作曲。爽やかなA.O.R.調のポップ・ナンバーなれど、いかんせん色がぼやけたようなサウンド作りなためか、最高位28位とランク的にも存在感的にも印象が薄い作品。
05年、胃がんのため逝去。享年60。

アルバム「フィアス・ハート(心燃えて)」(Fierce Heart)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「オール・ディス・ラヴ」デバージ
(All This Love / Debarge)

>アダルトなムードに包まれた、まったりと聴かせるソフトなソウル・ナンバー。最高位17位。

アルバム「オール・ディス・ラヴ」(All This Love)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「カム・ダンシング」キンクス
(Come Dancing / The Kinks)

>1964年ロンドンで結成されたロック・バンド。
しばし低迷を続けていた彼らだが、メンバーの中心人物であるレイ・デイヴィスがプリテンダーズのクリッシー・ハインド嬢と蜜月状態だったためか、いきなりの復活となる本作品を生み出す事に成功。どこかオールディーズっぽさをも感じさせるこの軽快なポップ・ナンバーが、最高位6位という5年ぶりのトップ40ヒット、そして13年ぶりとなるトップ10ヒットを記録。“愛”は偉大なりってか?

アルバム「ステイト・オヴ・コンフュージョン~夜なき街角」(State Of Confusion)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「オール・マイ・ライフ」ケニー・ロジャース
(All My Life / Kenny Rogers)

>デヴィッド・フォスターとの共同プロデュースによるポップ・ナンバー。最高位37位と、カントリー畑を離れすぎた作風のためか、彼にしてはちょっと不発気味。

アルバム「愛・ひととき」(We've Got Tonight)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「アワ・ハウス」マッドネス
(Our House / Madness)

>1978年ロンドンで結成されたスカ・バンド。
日本では81年のCMで使用された「シティ・イン・シティ」(In The City)と、その滑稽なムカデ・ダンスによって知名度を高めていたのだが、この楽曲によって全米デビューを果たす事に成功。本国では既に大きな実績をのこしているバンドとはいえ、どうしてもCMのイメージが色濃く印象に残っていたワタシには、“あのマッドネスが、全米チャートで最高位7位!?”という色眼鏡にて、このしっかりと作りこまれたポップなスカ・ナンバーを見ていた時期があった事実を許してたもれ…。

アルバム「ライズ・アンド・フォール」(The Rise & Fall)に収録。
【試聴はコチラ】
(シティ・イン・シティ)
(ホンダ・シティCM集)


★圏外90位★

☆「ケルティック・ソウル・ブラザーズ」デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
(The Celtic Soul Brothers / Dexy's Midnight Runners)

>最高位86位と、二曲目のトップ40ヒットとは程遠い結果になってしまったのだが、楽曲の良さを是非ともお耳にしていただきたいッス。

アルバム「女の泪はワザモンだ!!」(Too-Rye-Ay)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年5月チャートTB : 0CM : 0
1983年6月4日付(一気に大ブレイク!ポリス)HOME『Strikes』Blackfoot

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/725-54218ff5



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。