ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年5月21日付(日本でも人気!カジャグーグー) ]
2013-05-17(Fri) 18:32:55
01/02「レッツ・ダンス」デヴィッド・ボウイ
02/01「今夜はビート・イット」マイケル・ジャクソン
03/07「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」アイリーン・キャラ
04/04「オーバーキル」メン・アット・ワーク
05/05「彼女はサイエンス」トーマス・ドルビー
06/08「リトル・レッド・コルベット」プリンス
07/09「哀しみのソリテアー」ローラ・ブラニガン
08/03「ジェパーディ」グレッグ・キーン・バンド
09/12「マイ・ラヴ」ライオネル・リッチー
10/17「タイム」カルチャー・クラブ

11/10「秘密警察」アフター・ザ・ファイア
12/13「フォトグラフ」デフ・レパード
13/15「フロム・ザ・ハート」ブライアン・アダムス
14/14「リオ」デュラン・デュラン
15/11「ホールド・ユー・バック」トト
16/19「アフェア・オブ・ザ・ハート」リック・スプリングフィールド
17/06「カモン・アイリーン」デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
18/22「僕はこんなに」ネイキッド・アイズ
19/20「時への誓い」ジャーニー
20/23「愛の炎を燃やせ」スティクス

21/21「モーニン」アル・ジャロウ
22/26「ファミリー・マン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
23/16「ミスター・ロボット」スティクス
24/25「ストレンジャー・イン・マイ・ハウス」ロニー・ミルサップ
25/27「シーズ・ア・ビューティ」チューブス
26/18「イーヴン・ナウ」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
27/35「愛をもう一度」セルジオ・メンデス
28/30「やり直そうよ」シャンペーン
29/24「ビリー・ジーン」マイケル・ジャクソン
30/41「君はTOO SHY」カジャグーグー

31/45「エレクトリック・アベニュー」エディ・グラント
32/33「アイ・クドゥント・セイ・ノー」ロバート・エリス・オラールwithカーレン・カーター
33/39「アイム・スティル・スタンディング」エルトン・ジョン
34/40「ワン・シング」インエクセス
35/28「君に想いを」スティーブン・ビショップ
36/32「君は恋フレンド」バリー・マニロウ
37/38「ギミ・オール・ユア・ラヴィン」ZZトップ
38/29「セパレイト・ウェイズ」ジャーニー
39/46「悲しきメモリー」クリストファー・クロス
40/44「ルッキング・フォー・ア・ストレンジャー」パット・ベネター


【ニューエントリーこめんと】

☆「君はToo Shy」カジャグーグー
(Too Shy / Kajagoogoo)

>1982年イギリスで結成されたロック・バンド。
本国では既に大成功を収めていたこのニュー・ウェイヴ系ポップ・ナンバーが全米にも人気が飛び火し、最高位5位という衝撃のデビュー。当時、アイドル・バンドとして色眼鏡で見ていたのワタシですが(スミマセン)、この超好成績にはちょっと嫉妬のようなモノを覚えたものであーる。全米では一発ヒットだったのだが、83年にグループを脱退したボーカリストのリマールが、85年にソロ名義にてトップ40ヒットを放つ事となる。なお、この奇妙なバンド名は、赤ちゃんの泣き声"GagaGooGoo"をもじったもの。

アルバム「君はToo Shy」(White Feathers)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「エレクトリック・アベニュー」エディ・グラント
(Electric Avenue / Eddy Grant)

>1948年南米ガイアナ生まれ、ロンドン育ちのレゲエ系シンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名エドモンド・モンタギュー・グラント。
68年レゲエロック・バンドのイコールズのメンバーとして、"Baby, Come Back"のヒットを放っている彼のソロ名義によるビッグ・ヒット。レゲエとエレクトロを絶妙に融合させたこのポップ・ナンバーが、強敵“ポリス”を抜きあぐね、惜しくも5週に渡り2位にて足踏み、しかしミリオン・セラーをマーク。個性的なサウンドだけに当時は黄金の一発かと思いきや、翌年馴染みの音色にてトップ40にカムバック。

アルバム「カリビアン・キラー」(Killer On The Rampage)に収録。
Killer On The Rampage
↑入手しようしようと思いながらも、現在まで未入手継続…。
【試聴はコチラ】
(Baby,Come Back)

☆「悲しきメモリー」クリストファー・クロス
(No Time For Talk / Christopher Cross)

>80年のグラミー賞5部門を独占した“南から来た男”による、邦題が示す通り(?)本格的没落が始まったA.O.R.ナンバー。シングルとしてはちょっと無理がありそうな自作曲なれど、アルバム収録作品としてはそこそこイケているのではなかろうかな。最高位33位。

アルバム「アナザー・ページ」(Another Page)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ルッキング・フォー・ア・ストレンジャー」パット・ベネター
(Loking For A Stranger / Pat Benatar)

>ヒット・メイカーである彼女による、1枚のアルバムから初となる3曲目のトップ40ヒット。珍しくライト調なポップ・ロックで、最高位39位とはいえ別の意味でインパクトを持った作品。意地でもバラードには手を染めない?(あはは)

アルバム「ゲット・ナーヴァス」(Get Nervous)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年5月チャートTB : 0CM : 0
『Strikes』BlackfootHOME『Hi Infidelity』REO Speedwagon

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/723-577206b8



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。