ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年5月7日付(驚きのトップ10ヒット!チューブス) ]
2013-05-03(Fri) 16:39:45
01/01「今夜はビート・イット」マイケル・ジャクソン
02/03「ジェパーディ」グレッグ・キーン・バンド
03/06「レッツ・ダンス」デヴィッド・ボウイ
04/02「カモン・アイリーン」デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
05/05「秘密警察」アフター・ザ・ファイア
06/09「オーバーキル」メン・アット・ワーク
07/08「彼女はサイエンス」トーマス・ドルビー
08/04「ミスター・ロボット」スティクス
09/10「リトル・レッド・コルベット」プリンス
10/11「ホールド・ユー・バック」トト

11/14「哀しみのソリテアー」ローラ・ブラニガン
12/13「イーヴン・ナウ」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
13/23「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」アイリーン・キャラ
14/07「ビリー・ジーン」マイケル・ジャクソン
15/19「フォトグラフ」デフ・レパード
16/17「リオ」デュラン・デュラン
17/22「マイ・ラヴ」ライオネル・リッチー
18/21「フロム・ザ・ハート」ブライアン・アダムス
19/30「タイム」カルチャー・クラブ
20/29「アフェア・オブ・ザ・ハート」リック・スプリングフィールド

21/12「セパレイト・ウェイズ」ジャーニー
22/28「モーニン」アル・ジャロウ
23/31「時への誓い」ジャーニー
24/24「愛のハートライト」ケニー・ロギンス
25/27「君に想いを」スティーブン・ビショップ
26/26「君は恋フレンド」バリー・マニロウ
27/35「愛の炎を燃やせ」スティクス
28/33「僕はこんなに」ネイキッド・アイズ
29/34「ストレンジャー・イン・マイ・ハウス」ロニー・ミルサップ
30/32「ソゥ・ロング」パトリック・シモンズ

31/15「ワン・オン・ワン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
32/43「ファミリー・マン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
33/16「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」デュラン・デュラン
34/18「君は完璧さ」カルチャー・クラブ
35/42「アイ・クドゥント・セイ・ノー」ロバート・エリス・オラールwithカーレン・カーター
36/25「愛・ひととき」ケニー・ロジャース&シーナ・イーストン
37/49「シーズ・ア・ビューティ」チューブス
38/20「ユー・アー」ライオネル・リッチー
39/36「ワリィGIRL」オクソ
40/45「ギミ・オール・ユア・ラヴィン」ZZトップ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ファミリー・マン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(Family Man / Daryl Hall & John Oates)

>82年マイク・オールドフィールドによるヒットをカバー。なにわともあれ、ペンペンペンというギターのつま弾きがやけに印象に残るポップ・ナンバー。最高位6位をマークしたこの作品、当時はまさかカバーだとは全く知る由もなかったのだが、今回初めてそのオリジナルを耳にしたものの、“ああ…これじゃあ全米でのヒットは無理だ”と悟った次第。(スミマセン)。

アルバム「H2O」(H2O)に収録。
【試聴はコチラ】
(マイク・オールドフィールド)

☆「アイ・クドゥント・セイ・ノー」ロバート・エリス・オラールwithカーレン・カーター
(I Couldn't Say No / Robert Ellis Orrall with Carlene Carter)

>1955年マサチューセッツ州出身のシンガー・ソングライター兼プロデューサー。
同年テネシー州出身の女性カントリー系シンガーとのデュエットによる、唯一となるトップ40ヒット。ちょっとフリートウッド・マック風な心地良さを持つポップ・ナンバーなれど、その印象の度合いはちょっと薄くレア的存在な一曲かも。最高位32位。

アルバム"Special Pain"に収録。
【試聴はコチラ】

☆「シーズ・ア・ビューティ」チューブス
(She's A Beauty / The Tubes)

>二曲目となるトップ40ヒットも、デヴィッド・フォスターのプロデュースによる清涼感にあふれたポップ・ロック。日本のチューブ同様、夏をイメージさせるこの作品が最高位10位とトップ10ヒットにまで成長を遂げたのは、驚きと喜びを同時に味わえたものである(でも、翌週16位と一気に後退して萎え萎え)。そしてその勢いでアルバム(LP)を購入したのだが、な、なんと盤面におそらくセンター・レーベルの紙を貼り付ける時に使用する接着剤の破片(?)が付着しており、必死こいてそれを削除する作業に取り掛かかったのだが、盤面には当然傷が付いたものの幸い演奏には支障はなく、アルバムの完成度の高さにも改めて驚きと喜びを味わったあの当時。

アルバム「アウトサイド・インサイド」(Outside Inside)に収録。
Outside Inside
↑傷付きのLP盤は、現在も所有ナリ☆
【試聴はコチラ】

☆「ギミ・オール・ユア・ラヴィン」ZZトップ
(Gimme All Your Lovin' / ZZ Top)

>ニュー・アルバムからの1stシングルは、日本では受けないであろうが、お馴染みの彼ら独特のサザン・ロックが楽しめる一品。最高位37位。
…と、コレで曲紹介が終了しちゃいそうなスマッシュ・ヒットだったのだが、驚愕すべきは同じアルバムからこの一年後にリリースされたシングルが、トップ10ヒットを記録するという衝撃の事実が待ち受けていたのであーる。

アルバム「イリミネイター」(Eliminator)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年5月チャートTB : 0CM : 2
1983年5月14日付(トップ40デビュー!インエクセス)HOME『グレイテスト・ヒッツ』ガンズ・アンド・ローゼズ

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。