ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年4月30日付(2ndシングルも絶好調!カルチャー・クラブ) ]
2013-04-26(Fri) 17:38:48
01/02「今夜はビート・イット」マイケル・ジャクソン
02/01「カモン・アイリーン」デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
03/04「ジェパーディ」グレッグ・キーン・バンド
04/03「ミスター・ロボット」スティクス
05/06「秘密警察」アフター・ザ・ファイア
06/09「レッツ・ダンス」デヴィッド・ボウイ
07/05「ビリー・ジーン」マイケル・ジャクソン
08/10「彼女はサイエンス」トーマス・ドルビー
09/15「オーバーキル」メン・アット・ワーク
10/12「リトル・レッド・コルベット」プリンス

11/16「ホールド・ユー・バック」トト
12/08「セパレイト・ウェイズ」ジャーニー
13/13「イーヴン・ナウ」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
14/18「哀しみのソリテアー」ローラ・ブラニガン
15/07「ワン・オン・ワン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
16/11「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」デュラン・デュラン
17/31「リオ」デュラン・デュラン
18/14「君は完璧さ」カルチャー・クラブ
19/26「フォトグラフ」デフ・レパード
20/17「ユー・アー」ライオネル・リッチー

21/34「フロム・ザ・ハート」ブライアン・アダムス
22/32「マイ・ラヴ」ライオネル・リッチー
23/33「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」アイリーン・キャラ
24/27「愛のハートライト」ケニー・ロギンス
25/19「愛・ひととき」ケニー・ロジャース&シーナ・イーストン
26/30「君は恋フレンド」バリー・マニロウ
27/29「君に想いを」スティーブン・ビショップ
28/37「モーニン」アル・ジャロウ
29/39「アフェア・オブ・ザ・ハート」リック・スプリングフィールド
30/46「タイム」カルチャー・クラブ

31/41「時への誓い」ジャーニー
32/36「ソゥ・ロング」パトリック・シモンズ
33/40「僕はこんなに」ネイキッド・アイズ
34/38「ストレンジャー・イン・マイ・ハウス」ロニー・ミルサップ
35/初「愛の炎を燃やせ」スティクス
36/28「ワリィGIRL」オクソ
37/21「チェイン・ギャング」プリテンダーズ
38/20「予感」フリーダ
39/23「トワイライト・ゾーン」ゴールデン・イヤリング
40/35「アイ・ライク・イット」デバージ


【ニューエントリーこめんと】

☆「タイム」カルチャー・クラブ
(Time / Culture Club)

>衝撃的な全米デビューを飾った前作にも劣らない、とてもキャッチーでポップなトップ40ヒット第二弾。こちらもチャートを急上昇し今度こそ全米制覇かと思われたのだが強敵に阻まれ、今回も最高位2位に甘んじるハメに。そのそろアルバム入手も視野に入れ始めた当時のワタシだったのだが、なぜか日本盤でのフル・アルバム「ミステリー・ボーイ」(Kissing To Be Clever)には収録されておらず、特別編集のミニLPとして販売され、“限定盤”とはいえ当時ひいきにしていた駅前の個人電気店兼レコード店でも売られていたのだが、購入するにまでは至らず。

ミニ・アルバム「タイム」(Time)に収録。
Time.jpg
↑なぜ当時、このような商法に走ったかは不明のまま。
【試聴はコチラ】

☆「時への誓い」ジャーニー
(Faithfully / Journey)

>バンドのメンバーであるジョナサン・ケインが、当時の妻だったトーニーのトップ40ヒット「抱きしめて」(Holdin' On)に対するアンサー・ソング的なロック・バラード。バラードとしては「オープン・アームス」(Open Arms)の存在があまりにも絶大だったためか、最高位も12位とそれほど目立つ存在ではないのだが、作品の誕生秘話を知っていればそれなりに感動出来るナンバーであろうかな。

アルバム「フロンティアーズ」(Frontiers)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「愛の炎を燃やせ」スティクス
(Don't Let It End / Styx)

>Hot100内初登場35位と、前作に引き続き今回はバラード・ナンバーにてド派手なトップ40デビュー。しかし最高位6位止まりと、トップ5ヒットにまでは至らなかったとはいえ、ワタシにアルバム購入へと至らせるには十分なポテンシャルを秘めた一曲。
余談ですが、当時ワタシがエアチェックの定番としていた番組では、アルバムのラストに収録されていたリプライズ・バージョンを間違えて流し、萎え萎えになったのは今となってはいい思い出?(翌週に訂正)

アルバム「ミスター・ロボット~キルロイ・ワズ・ヒア」(Kilroy Was Here)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年4月チャートTB : 0CM : 2
『グレイテスト・ヒッツ』ガンズ・アンド・ローゼズHOME1983年4月23日付(良質エレ・ポップ、ネイキッド・アイズ)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。