ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年4月16日付(ハードロック・バンド、デフ・レパード発進!) ]
2013-04-12(Fri) 21:30:30
01/01「ビリー・ジーン」マイケル・ジャクソン
02/04「カモン・アイリーン」デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
03/05「ミスター・ロボット」スティクス
04/09「ジェパーディ」グレッグ・キーン・バンド
05/10「今夜はビート・イット」マイケル・ジャクソン
06/03「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」デュラン・デュラン
07/07「ワン・オン・ワン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
08/08「セパレイト・ウェイズ」ジャーニー
09/12「秘密警察」アフター・ザ・ファイア
10/02「君は完璧さ」カルチャー・クラブ

11/06「愛・ひととき」ケニー・ロジャース&シーナ・イーストン
12/11「ユー・アー」ライオネル・リッチー
13/16「彼女はサイエンス」トーマス・ドルビー
14/13「予感」フリーダ
15/29「レッツ・ダンス」デヴィッド・ボウイ
16/22「イーヴン・ナウ」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
17/19「リトル・レッド・コルベット」プリンス
18/14「チェイン・ギャング」プリテンダーズ
19/28「オーバーキル」メン・アット・ワーク
20/23「ホールド・ユー・バック」トト

21/21「チェンジ・オブ・ハート」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
22/26「哀しみのソリテアー」ローラ・ブラニガン
23/15「トワイライト・ゾーン」ゴールデン・イヤリング
24/18「ロックン・ロール・ハート」エリック・クラプトン
25/17「月に吠える」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・バレット・バンド
26/25「ポイズン・アロー」ABC
27/20「リトル・トゥー・レイト」パット・ベネター
28/24「フォール・イン・ラヴ」アース、ウインド&ファイア
29/32「君に想いを」スティーブン・ビショップ
30/34「ワリィGIRL」オクソ

31/31「アイ・ライク・イット」デバージ
32/47「フォトグラフ」デフ・レパード
33/33「愛のハートライト」ケニー・ロギンス
34/38「君は恋フレンド」バリー・マニロウ
35/40「リオ」デュラン・デュラン
36/27「オール・ライト」クリストファー・クロス
37/55「マイ・ラヴ」ライオネル・リッチー
38/52「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」アイリーン・キャラ
39/43「フロム・ザ・ハート」ブライアン・アダムス
40/48「ソゥ・ロング」パトリック・シモンズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「フォトグラフ」デフ・レパード
(Photograph / Def Leppard)

>1977年イギリスで結成されたロック・バンド。
ハードロック・バンドのAC/DCを大成功へと導いた敏腕プロデューサー、ロバート・ジョン・“マット”・ランジによるハードロック・バンド大成功物語第二弾。本国よりも全米にてセールス的に成功を収めていた彼らだが、ついにトップ40ヒットを放つ事にも成功。ハードながらもメロディアスな楽曲&美しいコーラスと、“聴かせる”ロックとして最高位12位まで上昇。この時点ではまだまだノーマークだった彼らのサウンドだが、この後じわじわと惹きつけられていく事となる。

アルバム「炎のターゲット」(Pyromania)に収録。
Pyromania.jpg
↑まさかロックの“名盤”の一枚になるとは…☆
【試聴はコチラ】

☆「マイ・ラヴ」ライオネル・リッチー
(My Love / Lionel Ricie)

>良い意味での(?)、彼お得意の空気的存在なソウル・バラード。最高位5位。

アルバム「ライオネル・リッチー」(Lionel Richie)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」アイリーン・キャラ
(Flashdance...What A Feeling / Irene Cara)

>80年に記録した2曲のトップ40ヒットで終了していたかに思えた(スミマセン)彼女が、ジョルジオ・モロダーのプロデュースの下、またしても映画絡みとはいえその時代を象徴するであろうビッグ・ヒットを生み出す事に成功。映画「フラッシュダンス」のテーマ曲あるでもあるこの80's色バリバリのダンス・ナンバーは、チャ-トを急上昇後6週間にも渡り全米を制覇!そして、ミリオン・セラーをも記録。洋楽はつまみ聴き程度だったワタシの姉ですらサントラ盤を購入するほどその人気は日本にも波及し、オリコン・シングル・チャートでの1位をも記録。また麻倉未稀によるカバーも話題に。ちなみに、あたしゃ未だにこの映画観たコトありません…。

サントラ「フラッシュダンス」(Flashdance)に収録。
【試聴はコチラ】
(「ホワット・ア・フィーリング~フラッシュダンス」麻倉未稀)

☆「フロム・ザ・ハート」ブライアン・アダムス
(Straight From The Heart / Bryan Adams)

>1959年カナダ出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名ブライアン・ガイ・アダムス。
一聴しただけでは記憶には留まらないくらいの、とても地味なアコースティック調ロック・バラード。ワタシがこの作品の良さに気付いたのは、「全米トップ40」にて湯川さんによる“それではトップ10の発表です!”の掛け声の後にイントロが流れてきた、最高位10位の時点。まさにそれまで空気だった作品が、いきなり“名曲”へと超進化した瞬間だったのだが、木漏れ日がきらめくようなイメージがある間奏が実に素晴らしい。以降、お気に入りのミュージシャンの一人として、ワタシのお耳を楽しませてくれる事となる。

アルバム「カッツ・ライク・ア・ナイフ」(Cuts Like A Knife)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ソゥ・ロング」パトリック・シモンズ
(So Wrong / Patrick Simmons)

>1948年ワシントン州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。
ドゥービー・ブラザーズのメンバーとして活躍した彼による、初となるソロ名義でのトップ40ヒット。ソロ名義とはいえ、やはりドゥービー・サウンドを色濃く受け継いだポップ・ロックだったのだが、最高位30位と伸びず。

アルバム「メロウ・アーケード」(Arcade)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外83位★

☆「ホワイ・ミー」プラネットP
(Why Me / Planet P)

>84年にソロ名義にてトップ40ヒットを放つトニー・ケアリーを中心とし、ドイツ人プロデューサーのピーター・ホークによって結成された架空のプロジェクト・ロック・バンド。
重厚でなかなか完成度の高いプログレ・ロックだったのだが、全米での成果は最高位64位とイマイチ。日本でも一部で話題にはなったのだが、結局ワタシもアルバム購入にまでは至らず…。

アルバム「2000光年からの帰還」(PLANET P)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年4月チャートTB : 0CM : 0
『Destroyer』KissHOME1983年4月9日付(2曲目の全米No.1ヒット、デヴィッド・ボウイ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/715-6eb65f5a



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。