ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年4月9日付(2曲目の全米No.1ヒット、デヴィッド・ボウイ) ]
2013-04-05(Fri) 18:55:11
01/01「ビリー・ジーン」マイケル・ジャクソン
02/02「君は完璧さ」カルチャー・クラブ
03/03「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」デュラン・デュラン
04/11「カモン・アイリーン」デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
05/07「ミスター・ロボット」スティクス
06/06「愛・ひととき」ケニー・ロジャース&シーナ・イーストン
07/09「ワン・オン・ワン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
08/08「セパレイト・ウェイズ」ジャーニー
09/12「ジェパーディ」グレッグ・キーン・バンド
10/14「今夜はビート・イット」マイケル・ジャクソン

11/04「ユー・アー」ライオネル・リッチー
12/15「秘密警察」アフター・ザ・ファイア
13/13「予感」フリーダ
14/05「チェイン・ギャング」プリテンダーズ
15/10「トワイライト・ゾーン」ゴールデン・イヤリング
16/26「彼女はサイエンス」トーマス・ドルビー
17/16「月に吠える」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・バレット・バンド
18/18「ロックン・ロール・ハート」エリック・クラプトン
19/24「リトル・レッド・コルベット」プリンス
20/20「リトル・トゥー・レイト」パット・ベネター

21/21「チェンジ・オブ・ハート」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
22/27「イーヴン・ナウ」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
23/28「ホールド・ユー・バック」トト
24/17「フォール・イン・ラヴ」アース、ウインド&ファイア
25/25「ポイズン・アロー」ABC
26/33「哀しみのソリテアー」ローラ・ブラニガン
27/19「オール・ライト」クリストファー・クロス
28/初「オーバーキル」メン・アット・ワーク
29/43「レッツ・ダンス」デヴィッド・ボウイ
30/30「ライズ」トンプソン・ツインズ

31/34「アイ・ライク・イット」デバージ
32/38「君に想いを」スティーブン・ビショップ
33/40「愛のハートライト」ケニー・ロギンス
34/36「ワリィGIRL」オクソ
35/23「危険な関係」ジョー・ジャクソン
36/29「メイク・ラヴ・ステイ」ダン・フォーゲルバーグ
37/22「ストレイ・キャット・すとらっと」ストレイ・キャッツ
38/44「君は恋フレンド」バリー・マニロウ
39/39「空虚な心」フィル・コリンズ
40/58「リオ」デュラン・デュラン


【ニューエントリーこめんと】

☆「オーバーキル」メン・アット・ワーク
(Overkill / Men At Work)

>1stアルバムが全米にて予想以上の反響を得ていたため、既に完成していたものの発売が延期されていた待望の2ndアルバムからの1stシングル。Hot100内初登場28位という、当時の彼らに対する期待度の高さを示す数値でトップ40に飛び込んで来たのだが、基本的なサウンド作りは先の連続全米No.1ヒットとほぼ同様で、1stアルバムからの3rdシングルとしても聴き取れるというのが当時の感想だったかな。独特のダークさは健在なのだが、前2曲をしこたま聴いていたためか新鮮味はあまり得られなかったものの、最高位3位というのにもまぁ納得の一品。

アルバム「カーゴ」(Cargo)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「レッツ・ダンス」デヴィッド・ボウイ
(Let's Dance / David Bowie)

>1947年ロンドン出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼プロデューサー兼俳優兼イケメン。本名デヴィッド・ロバート・ジョーンズ。
60年代からミュージシャンとして活躍している彼なれど、81年のクィーンとの共同制作ヒット「アンダー・プレッシャー」(Under Pressure)がワタシのボウイ・デビューだったため、この作品がまさにソロ名義での初聴きとなった作品。以前からミュージック・ライフ誌等でそのイケメンっぷりだけは理解していたとはいえ、彼の楽曲初体験となったのは、このナイル・ロジャースとの共同プロデュースによる自作曲。29位という高ランクにてトップ40デビューを飾り、ボウイ初心者のワタシを威嚇(?)してくれたのだが、本体同様のそのカッコ良さを臆面もなく前面に打ち出したようなサウンドに、逆に嫌味のようなモノを感じたあの当時。(あっはっは) その後、上記の派手なチャート・デビューをかましたオージー・バンドを軽く抜き去り、ついには全米の頂点に立つという(1週)イヤミっぷり!(スミマセン) 2位に後退後も☆印をつけたまま粘り続け、首位返り咲きこそならなかったとはいえ、ミリオン・セラーという名のオミヤゲをゲット。初聴きとなったイケメンによるポップ・ロックは、大成功という男前っぷりをこれ見よがしに提供してくれたのであーる。

アルバム「レッツ・ダンス」(Let's Dance)に収録。
Lets Dance
↑“意固地”というワケではないのだが、アルバムは未入手のまま現在に至る…。
【試聴はコチラ】

☆「君は恋フレンド」バリー・マニロウ
(Some Kind Of Friend / Barry Manilow)

>70年代を代表する男性シンガーである彼も、今となってはトップ40入りがやっとという惨状に嘆いていた当時のワタシでしたが、パワー・バラード以外のイメージを取り込もうと躍起になっているような気がしてならなかったのが、このアップテンポなポップ・ナンバー。快調にトップ40を上昇していくのに違和感を抱えながらも見守っていたら、最高位26位にて急停止。あ~やっぱりなぁと、胸を撫で下ろし納得していた当時のワタシは鬼畜?

アルバム「ヒア・カムズ・ザ・ナイト」(Here Comes The Night)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「リオ」デュラン・デュラン
(Rio / Duran Duran)

>アルバムの冒頭を飾った軽快なポップ・ロックとはいえ、チャート・イン2週目にトップ40入りするほどの作品ではないと感じていただけに、31位→17位というジャンプアップを見せた時には、思わず“ええっ!?”っと疑心暗鬼な叫び声を上げそうになったナンバー。(スミマセン) 結果的には最高位14位に落ち着き、やれやれひと安心。(って、ゴメンナサイ)

アルバム「リオ」(Rio)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外75位★

☆「シング・ミー・アウェイ」ナイト・レンジャー
(Sing Me Away / Night Ranger)

>ハードさをそれなりに維持しながらも、メロディアスさを重視したなかなかなポップ・ロック。最高位54位とはいえ、印象に残るのは当然ってか。

アルバム「緊急指令N.R.」(Dawn Patrol)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年4月チャートTB : 0CM : 0
1983年4月16日付(ハードロック・バンド、デフ・レパード発進!)HOME1983年4月2日付(首位から11位までが、先週と全く同じなチャート)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/714-09b8c2f7



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。