ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年3月26日付(初のトップ40ヒット、デバージ) ]
2013-03-22(Fri) 11:51:57
01/01「ビリー・ジーン」マイケル・ジャクソン
02/03「君は完璧さ」カルチャー・クラブ
03/04「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」デュラン・デュラン
04/06「ユー・アー」ライオネル・リッチー
05/05「チェイン・ギャング」プリテンダーズ
06/07「愛・ひととき」ケニー・ロジャース&シーナ・イーストン
07/10「ミスター・ロボット」スティクス
08/08「セパレイト・ウェイズ」ジャーニー
09/09「ワン・オン・ワン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
10/13「トワイライト・ゾーン」ゴールデン・イヤリング

11/14「カモン・アイリーン」デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
12/02「月に吠える」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・バレット・バンド
13/15「予感」フリーダ
14/16「ジェパーディ」グレッグ・キーン・バンド
15/24「今夜はビート・イット」マイケル・ジャクソン
16/20「秘密警察」アフター・ザ・ファイア
17/17「フォール・イン・ラヴ」アース、ウインド&ファイア
18/19「ロックン・ロール・ハート」エリック・クラプトン
19/12「オール・ライト」クリストファー・クロス
20/25「リトル・トゥー・レイト」パット・ベネター
23/21「ストレイ・キャット・すとらっと」ストレイ・キャッツ
22/18「危険な関係」ジョー・ジャクソン
23/21「あまねく愛で」パティ・オースティンwithジェームス・イングラム
24/22「ダウン・アンダー」メン・アット・ワーク
25/27「ポイズン・アロー」ABC
26/23「アレンタウン」ビリー・ジョエル
27/37「リトル・レッド・コルベット」プリンス
28/28「チェンジ・オブ・ハート」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
29/29「メイク・ラヴ・ステイ」ダン・フォーゲルバーグ
30/32「ライズ」トンプソン・ツインズ

31/36「彼女はサイエンス」トーマス・ドルビー
32/26「ユー・アンド・アイ」エディ・ラビット&クリスタル・ゲイル
33/30「ドリーミン・イズ・イージー」スティール・ブリーズ
34/50「イーヴン・ナウ」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
35/51「ホールド・ユー・バック」トト
36/31「変わらぬ愛を」スーパートランプ
37/41「アイ・ライク・イット」デバージ
38/38「奇跡の風」ジェファーソン・スターシップ
39/43「空虚な心」フィル・コリンズ
40/40「ソー・クローズ」ダイアナ・ロス


【ニューエントリーこめんと】

☆「イーヴン・ナウ」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
(Even Now / Bob Seger & The Silver Bullet Band)

>当時から78年のヒット「ハリウッド・ナイト」(Hollywood Nights)の焼き直し風に聴こえて仕方ないのだが(大きなお世話?)、ボブおじさんらしいストレートなロック・ナンバーとして楽しめる一曲。最高位も「ハリウッド~」同様の12位。(しつこい?)

アルバム「ザ・ディスタンス」(The Distance)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ホールド・ユー・バック」トト
(I Won't Hold You Back / Toto)

>当時としましては、“まさか4枚目のシングル・カットを、しかもかようなロック・バラードを、しかも最高位10位まで上昇するとは!?”なんて三段オチ風な驚きをワタシに与えてくれた作品。正直あまり好みではないバラードなれど、やっぱここまでブレイクした彼らには拍手を送りたいものであーる。
なおB.B.誌では、先週まで原題から"You"が抜け落ちていたのが泣ける。(苦笑)

アルバム「Toto Ⅳ~聖なる剣」(Toto Ⅳ)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「アイ・ライク・イット」デバージ
(I Like It / Debarge)

>1979年ミシガン州で結成されたR&B系ファミリー・グループ。
最高位31位という低位置はいえ、当時から結構印象に残ったソフトなソウル・ナンバー。近年、日本でもCMで使用された時は驚いたものである。

アルバム「オール・ディス・ラヴ」(All This Love)に収録。
All This Love
↑以降、良質なヒット曲を提供してくれるナイスな姉弟5人組☆
【試聴はコチラ】

☆「空虚な心」フィル・コリンズ
(I Don't Care Anymore / Phil Collins)

>まぁなんていいますか、「夜の囁き」(In The Air Tonight)風な作品をもう一度、ってなポップ・ナンバーでありましょうか。当時の彼は、このようなダーク調のメロディに凝っていたのかも。最高位39位と、セールス的には失敗…。

アルバム「フィル・コリンズ2~心の扉」(Hello, I Must Be Going!)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年3月チャートTB : 0CM : 0
『Greatest Huts』klymaxxHOME『Millennium Collection-The Best Of Village People』Village People

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/711-79204a8a



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。