ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年3月5日付(存在感バツグンの一発ヒット、アフター・ザ・ファイア) ]
2013-03-01(Fri) 14:55:59
01/04「ビリー・ジーン」マイケル・ジャクソン
02/02「月に吠える」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・バレット・バンド
03/03「ストレイ・キャット・すとらっと」ストレイ・キャッツ
04/05「君は完璧さ」カルチャー・クラブ
05/06「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」デュラン・デュラン
06/01「あまねく愛で」パティ・オースティンwithジェームス・イングラム
07/07「ユー・アンド・アイ」エディ・ラビット&クリスタル・ゲイル
08/09「愛・ひととき」ケニー・ロジャース&シーナ・イーストン
09/11「チェイン・ギャング」プリテンダーズ
10/10「パス・ザ・ダッチー」ミュージカル・ユース

11/14「ユー・アー」ライオネル・リッチー
12/16「オール・ライト」クリストファー・クロス
13/13「ドライヴィング・ミー・クレイジー」サミー・ヘイガー
14/08「ダウン・アンダー」メン・アット・ワーク
15/20「セパレイト・ウェイズ」ジャーニー
16/18「トワイライト・ゾーン」ゴールデン・イヤリング
17/17「アレンタウン」ビリー・ジョエル
18/21「ワン・オン・ワン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
19/23「危険な関係」ジョー・ジャクソン
20/24「ミスター・ロボット」スティクス

21/27「フォール・イン・ラヴ」アース、ウインド&ファイア
22/25「予感」フリーダ
23/12「グッディ・トゥ・シューズ」アダム・アント
24/15「ハート・トゥ・ハート」ケニー・ロギンス
25/31「カモン・アイリーン」デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
26/26「オン・ザ・ルーズ」サーガ
27/19「アフリカ」トト
28/32「ロックン・ロール・ハート」エリック・クラプトン
29/22「恋はあせらず」フィル・コリンズ
30/34「ドリーミン・イズ・イージー」スティール・ブリーズ

31/55「秘密警察」アフター・ザ・ファイア
32/37「変わらぬ愛を」スーパートランプ
33/33「ウーマン・イン・ミー」ドナ・サマー
34/41「ジェパーディ」グレッグ・キーン・バンド
35/35「愛に生きて」ニール・ダイアモンド
36/39「ポイズン・アロー」ABC
37/47「リトル・トゥー・レイト」パット・ベネター
38/38「タイド・アップ」オリビア・ニュートン・ジョン
39/42「メイク・ラヴ・ステイ」ダン・フォーゲルバーグ
40/40「炎の彼方」ナイト・レンジャー


【ニューエントリーこめんと】

☆「秘密警察」アフター・ザ・ファイア
(Der Kommissar / After The Fire)

>1970年ロンドンで結成されたロック・バンド。
85年「ロック・ミー・アマデウス」の大ヒットで、一躍その名を世界に知らしめるオーストリアのミュージシャン、ファルコによる81年のヒットをカバー。ニューウェイブ系のポップ・ロックというよりも、ラップ風のダンス・ナンバーとでも表現した方がいいかもしれないナンバー。結果的にはこれ一発のみのトップ40ヒットだったとはいえ最高位5位まで上昇したその作品の完成度は高く、2ndシングルの登場を待たずしてアルバム購入に至ったあの当時。

アルバム「ATF」(Der Kommissar)に収録。
Der Kommissar
↑アルバムも結構楽しめたのだ♪
【試聴はコチラ】
(ファルコ)

☆「ジェパーディ」グレッグ・キーン・バンド
(Jeopardy / Greg Kihn Band)

>発表する楽曲の完成度にムラのある彼らだったが、ようやく2曲目となったトップ40ヒットにて代表曲が完成した!ってなトコでありましょうか。(スミマセン) 実にリズミカルなこのポップ・ロックは最高位2位まで上昇し、その後めでたく(?)かのアル・ヤンコビックにも「クイズ・ジェパーディ」(I Lost On Jeopardy)としてパロディ・カバーされ、こちらは84年に最高位84位まで上昇した上に、PVではちゃっかりグレッグ・キーン本人も御出演。でも、アルバム自体の完成度は、正直イマイチだったかなぁ…。(やっぱムラは健在?)

アルバム「シスコ、大好き」(Kihnspiracy)に収録。
【試聴はコチラ】
(クイズ・ジェパーディ)

☆「リトル・トゥー・レイト」パット・ベネター
(Little Too Late / Pat Benatar)

>最高位20位とはいえ、なかなかまとまりのいい小粋で軽快なロック・ナンバー。

アルバム「ゲット・ナーヴァス」(Get Nervous)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「メイク・ラヴ・ステイ」ダン・フォーゲルバーグ
(Make Love Stay / Dan Fogelberg)

>おなじみのカントリー・フレバーな、まったり聴かせるソフトなポップ・ナンバー。もう少し上昇したかと思いきや、以外と最高位は29位。

アルバム「グレイテスト・ヒッツ」(Greatest Hits)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年3月チャートTB : 0CM : 2
『City To City』『Night Owl』Gerry RaffertyHOME『The Best Of Franke & The Knockouts~Sweetheart-Anniversary Edition』Franke & The Knockouts

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。