ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『Thirty Three & 1/3』George Harrison ]
2013-02-12(Tue) 20:18:04
Thirty Three & 1/3Thirty Three & 1/3
(2004/01/13)
George Harrison

商品詳細を見る


01. Woman Don't You Cry For Me
02. Dear One
03. Beautiful Girl
04. This Song
05. See Yourself

06. It's What You Value
07. True Love
08. Pure Smokey
09. Crackerbox Palace
10. Learning How To Love You

11. Tears Of The World (Bonus track)

76年発表。邦題「33 1/3」。

1943年イギリス出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。
01年11月に肺がんのため58歳で逝去。

元ビートルズのギタリストとして活躍した彼による、通算7枚目となるソロ名義でのオリジナル・アルバム。

70年に発表し、大ヒットを記録した「マイ・スウィート・ロード」(My Sweet Lord)の盗作疑惑に関連し制作されたという(04)を、リアルタイムにてラジオ番組『オール・ジャパン・ポップ20』で耳にして以来、30数年間ずっとお気に入りだったもののベスト盤からは必ずこぼれ落ちるのにイラついていたワタシでしたが、ようやくそれを収録したオリアルを入手。

(04)のみを聴くだけのシングルCDみたいな一枚になっちゃうのかと思いきや、収録された作品すべてがワタシの感性と相性が良かったのか、アルバムそのものを楽しめる存在として立ち上がってきちゃいましたよ☆

おそらく彼の発表してきたアルバムの中では、それほどの評価を受けた作品ではないかもしれないのだが、リアルタイムでこのアルバムを入手していたなら、おそらくワタシの人生に刻まれる“名盤”のひとつだったのは間違いはあるまいて。

入手後、ヘビーローテーションで聴きまくったこのCDは、実は忌み嫌っていたCCCD仕様だったのにようやく気付いたのだが、そんなのはどーでもいいくらいの今更“名盤”の誕生なのであーる♪


余談ですが、(09)邦題「人生の夜明け」が、A.J.P20のチャート圏外発表時に、アイドル系グループだったフリントロックの「青春の夜明け」(Dawn)と順位が並んで紹介された時は、思わず苦笑いしたあの若かりし頃のワタシ…。(遠い目)


↑"This Song"(ジス・ソング)
洋楽CDレビューAmazonと旅する(洋楽編)TB : 0CM : 0
1983年2月19日付(安定を継続、エリック・クラプトン)HOME1983年2月12日付(日本市場を意識?スティクス)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/700-51c1334d



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。