ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年2月12日付(日本市場を意識?スティクス) ]
2013-02-08(Fri) 14:21:55
01/02「ダウン・アンダー」メン・アット・ワーク
02/04「あまねく愛で」パティ・オースティンwithジェームス・イングラム
03/03「セクシャル・ヒーリング」マーヴィン・ゲイ
04/05「月に吠える」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・バレット・バンド
05/01「アフリカ」トト
06/06「マンイーター」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
07/09「ユー・アンド・アイ」エディ・ラビット&クリスタル・ゲイル
08/08「ロック・ザ・カスバ」クラッシュ
09/12「ストレイ・キャット・すとらっと」ストレイ・キャッツ
10/10「恋はあせらず」フィル・コリンズ

11/11「二人の愛は」リトル・リバー・バンド
12/13「グッディ・トゥ・シューズ」アダム・アント
13/14「パス・ザ・ダッチー」ミュージカル・ユース
14/18「ドライヴィング・ミー・クレイジー」サミー・ヘイガー
15/15「ハート・トゥ・ハート」ケニー・ロギンス
16/19「オール・ライト」クリストファー・クロス
17/17「アレンタウン」ビリー・ジョエル
18/21「君は完璧さ」カルチャー・クラブ
19/22「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」デュラン・デュラン
20/20「ユー・ガット・ラッキー」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

21/24「ユー・アー」ライオネル・リッチー
22/26「チェイン・ギャング」プリテンダーズ
23/27「ビリー・ジーン」マイケル・ジャクソン
24/28「愛・ひととき」ケニー・ロジャース&シーナ・イーストン
25/25「ハート・オブ・ザ・ナイト」ジュース・ニュートン
26/33「トワイライト・ゾーン」ゴールデン・イヤリング
27/36「セパレイト・ウェイズ」ジャーニー
28/37「ワン・オン・ワン」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
29/30「ホワット・アバウト・ミー」ムーヴィング・ピクチャーズ
30/31「スペース・エイジ・ラヴ・ソング」フロック・オブ・シーガルス

31/34「オン・ザ・ルーズ」サーガ
32/07「ダーティ・ラウンドリー」ドン・ヘンリー
33/39「危険な関係」ジョー・ジャクソン
34/16「ガール・イズ・マイン」マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー
35/42「フォール・イン・ラヴ」アース、ウインド&ファイア
36/41「予感」フリーダ
37/38「さよならのページ」リンダ・ロンシュタット
38/43「ザ・クラッピング・ソング」ピア・ザドラ
39/40「ウーマン・イン・ミー」ドナ・サマー
40/初「ミスター・ロボット」スティクス


【ニューエントリーこめんと】

☆「フォール・イン・ラヴ」アース、ウインド&ファイア
(Fall In Love With You / Earth, Wind and Fire)

>モーリス・ホワイトによるプロデュース&制作というポップなファンク調ダンス・ナンバーだったのだが、最高位17位と伸び悩み。日本でも人気を集めた彼らによるラスト・トップ40ヒットとなってしまった。

アルバム「創世記」(Powerlight)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「予感」フリーダ
(I Know There's Something Going On / Frida)

>1945年ノルウェー生まれのスウェーデン出身女性シンガー。本名アンニ=フリッド・リングスタッド。
かのポップ・グループ、アバのメンバーであった金髪女性の方によるソロ名義での初トップ40ヒット。フィル・コリンズによるプロデュース、そしてラス・バラード制作というこの贅沢で個性的なサウンドを有したポップ・ナンバーは、Hot100内チャート・イン後、実に15週という時を要してのトップ40入り、そして最高位13位という好成績をマーク。ソロとしては一発ヒットとなってしまったのだが、Hot100内通算29週滞在というロング・ヒットを記録している。

アルバム「サムシングズ・ゴーイング・オン」(Something's Going On)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ザ・クラッピング・ソング」ピア・ザドラ
(The Clapping Song / Pia Zadora)

>1954年ニュージャージー州出身の女優兼シンガー。本名ピア・アルフレッダ・シパニ。
65年シャーリー・エリスによるヒットのカバー。実はワタシにとってとてもレアな存在で、当時からエアチェックどころか音源すら不明だったトップ40ヒットのひとつでありまして、今回30年ぶりに初ご対面となった民族音楽風なポップ・ナンバー。最高位36位。まぁ、それほどたいした作品では(以下自粛)。

アルバム"Pia"に収録。
【試聴はコチラ】
(シャーリー・エリス)

☆「ミスター・ロボット」スティクス
(Mr. Roboto / Styx)

>デニス・デ・ヤングによる“ノベルティ・ソング”とも呼べるような、このたどたどしい日本語を交えたポップ・ロックがHot100内初登場40位で紹介された時は、正直スティクスというバンドの未来を案じたりもしたワタシでしたが、その不安をかき消すように全米チャートを上昇し、結果的には最高位3位&ミリオン・セラーという大ヒット(?)を記録。日本でも当時話題を呼んだこのナンバーなのだが、上昇マークである★印が付いているのに関わらず、翌週には★印が取れて後退するというアクションに不満を抱いたものだったが、その怪現象(?)はこの後さらに悪化の一途をたどるコトに…。

アルバム「ミスター・ロボット~キルロイ・ワズ・ヒア」(Kilroy Was Here)に収録。
Kilroy Was Here
↑実は、“名盤”ではなかろうか☆
【試聴はコチラ】


★圏外76位★

☆「俺だって夢中」リック・オケイセック
(Something To Grab For / Ric Ocasek)

>1949年メリーランド州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼プロデューサー。本名リチャード・T.・オケイセック。
ロックバンド・カーズのフロントマンでもある彼による、初のソロ名義アルバムからの1stシングル。最高位こそ47位とトップ40には届かなかったものの、やっぱカーズ・ファンであるワタシからの紹介として記しておきたかったので。(あはは)

アルバム「ビアティテュード」(Beatitude)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年2月チャートTB : 0CM : 0
『Thirty Three & 1/3』George HarrisonHOME1983年2月5日付(人気沸騰!ジャーニー)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/699-c19f8e64



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。