ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年11月20日付(マーヴィン・ゲイ、復活!だが…) ]
2012-11-16(Fri) 14:50:30
01/01「愛と青春の旅立ち」ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ
02/02「トゥルーリー」ライオネル・リッチー
03/03「ハート・アタック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
04/04「グロリア」ローラ・ブラニガン
05/05「ハートライト」ニール・ダイアモンド
06/06「ノックは夜中に」メン・アット・ワーク
07/13「ミッキー」トニー・ベイジル
08/12「マンイーター」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
09/14「夜の街へ」ジョー・ジャクソン
10/10「マッスルズ」ダイアナ・ロス

11/07「ジャック・アンド・ダイアン」ジョン・クーガー
12/30「ロックタウンは恋の街」ストレイ・キャッツ
13/32「ダーティ・ラウンドリー」ドン・ヘンリー
14/36「ガール・イズ・マイン」マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー
15/19「ノーバディ」シルヴィア
16/16「冷たい仕打ち」スティール・ブリーズ
17/18「アメリカン・ハートビート」サヴァイヴァー
18/20「サザン・クロス」クロスビー、スティルス&ナッシュ
19/52「セクシャル・ヒーリング」マーヴィン・ゲイ
20/22「プレッシャー」ビリー・ジョエル

21/23「シャドウ・オブ・ザ・ナイト」パット・ベネター
22/25「イッツ・レイニング・アゲイン」スーパートランプ
23/08「風のマジック」アメリカ
24/26「ラヴ・ミー・トゥモロウ」シカゴ
25/09「アイ・キープ・フォーゲッティン」マイケル・マクドナルド
26/11「アイ・イン・ザ・スカイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
27/31「ルック・オブ・ラヴ」ABC
28/34「ハートブレイカー」ディオンヌ・ワーウィック
29/29「ゲット・クローサー」リンダ・ロンシュタット
30/33「I.G.Y」ドナルド・フェイゲン

31/35「ミッシング・ユー」ダン・フォーゲルバーグ
32/40「ユー・アンド・アイ」エディ・ラビット&クリスタル・ゲイル
33/37「ソゥ・エキサイテッド」ポインター・シスターズ
34/15「恋人」グレン・フライ
35/38「ロック・ザ・カスバ」クラッシュ
36/39「ビーマイ・レイディ」ジェファーソン・スターシップ
37/50「アフリカ」トト
38/17「ラヴ・カム・ダウン」イヴリン・キング
39/42「二人だけのバラード」タヴァレス
40/43「愛の翼」ジェフリー・オズボーン


【ニューエントリーこめんと】

☆「セクシャル・ヒーリング」マーヴィン・ゲイ
(Sexual Healing / Marvin Gaye)

>1939年ワシントンD.C.出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名マーヴィン・ペンツ・ゲイJr.。
60年~70年代にソウル/R&Bシンガーのヒットメーカーとして活躍したスーパースターによる、80年代初となるトップ40ヒット。52位→19位という超ジャンプアップにて鮮烈なトップ40デビューを飾ったのだが、ワタシの初聴きとなった前回のトップ40ヒットである77年のNo.1ソング「黒い夜」(Got To Give It Up)が超ニガテだったため、ちょっと身構えてしまったあの当時。しかし、5年ぶりとなるこのちょっとセクシーなR&Bナンバーはなかなか聴かせてくれる一品で、最高位3位&ミリオン・セラーを獲得。
復活への足がかりを掴んだかと思いきや、84年4月、実の父親に射殺されるという衝撃的な事件により、ラスト・トップ40ヒットとなってしまった。享年44。

アルバム「ミッドナイト・ラヴ」(Midnight Love)に収録。
Midnight Love
↑いくら“好事魔多し”とはいえ…合掌。
【試聴はコチラ】
「黒い夜」

☆「アフリカ」トト
(Africa / Toto)

>初トップ40ヒットである「ホールド・ザ・ライン」(Hold The Line)の最高位である5位に到達時点で、“このあたりが最高位かな?”と思っていた当時のワタシの予想を簡単に突破し、その後5位→2位→1位と驚きの全米No.1ヒット(1週)へと記録を刻む。民族音楽風のリズムを上手く取り入れたポップなソフト・ロックは、彼らの代表作のひとつとして親しまれる事となる。

アルバム「聖なる剣~TOTO Ⅳ」(TOTO Ⅳ)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「二人だけのバラード」タヴァレス
(A Penny For Your Thoughts / Tavares)

>1959年マサチューセッツ州で結成されたR&B系ファミリー・コーラス・グループ。
5年ぶりのトップ40ヒットとなった、ケニー・ノーラン作による美しきソウル・バラード。最高位33位止まりとはいえ、Hot100内滞在21週、トップ40内においては39位→39位→36位→34位→34位→33位→(正月休暇)→33位→33位と、実にしぶとく滞在期間9週というロング・ヒットを記録。現在も地元のAMラジオからそれなりに流れてくるたびに、楽曲と男性ボーカルがミスマッチなような気がしてならないのは、やっぱワタシだけ?

アルバム「二人だけのバラード」(New Directions)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「愛の翼」ジェフリー・オズボーン
(On The Wings Of Love / Jeffrey Osborne)

>A.O.R.風のラヴ・ソングなれど物足りなさも否めないためか、最高位29位と中途半端な結果に。それでも空気だった1stヒットよりはマシであろうかな。(スミマセン)

アルバム「フー・フー・フー」(Jeffrey Osborne)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外68位★

☆「愛に気づいて」ジョージ・ハリスン
(Wake Up My Love / George Harrison)

>高いランクでの初登場ながらも、結果的にはHot100滞在わずか5週、最高位53位という体たらく。正直申しますと、この時期に彼が新作を発表していたとは全く気づかずに現在に至っており、新たな気持ちでこの作品を試聴してみたら…ナルホド当時の全米での評価は間違ってはいな(以下自粛)。「愛に気づいて」どころか、「存在に気(再度自粛)。

アルバム「ゴーン・トロッポ」(Gone Troppo)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年11月チャートTB : 0CM : 0
『Robbie Dupree』Robbie DupreeHOME『The Best Of Peaches & Herb The Millennium Collection』Peaches & Herb

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/680-68cebcfd



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。