ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年11月6日付(絶好調は止まらない!ホール&オーツ) ]
2012-11-02(Fri) 12:27:02
01/05「愛と青春の旅立ち」ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ
02/01「ノックは夜中に」メン・アット・ワーク
03/06「ハート・アタック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
04/04「アイ・キープ・フォーゲッティン」マイケル・マクドナルド
05/02「ジャック・アンド・ダイアン」ジョン・クーガー
06/03「アイ・イン・ザ・スカイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
07/10「ハートライト」ニール・ダイアモンド
08/08「風のマジック」アメリカ
09/13「グロリア」ローラ・ブラニガン
10/14「トゥルーリー」ライオネル・リッチー

11/11「やさしくしてね」ジュース・ニュートン
12/12「愛のジプシー」フリートウッド・マック
13/07「誰かが彼女を見つめてる」ジャクソン・ブラウン
14/18「マッスルズ」ダイアナ・ロス
15/16「恋人」グレン・フライ
16/09「アイ・ラン」フロック・オブ・シーガルズ
17/20「ラヴ・カム・ダウン」イヴリン・キング
18/22「冷たい仕打ち」スティール・ブリーズ
19/19「ホワッツ・フォーエヴァー・フォー」マイケル・マーフィー
20/23「アメリカン・ハートビート」サヴァイヴァー

21/21「ニュー・ワールド・マン」ラッシュ
22/24「ノーバディ」シルヴィア
23/25「サザン・クロス」クロスビー、スティルス&ナッシュ
24/27「夜の街へ」ジョー・ジャクソン
25/29「プレッシャー」ビリー・ジョエル
26/26「スウィート・タイム」REOスピードワゴン
27/30「ミッキー」トニー・ベイジル
28/28「アティーナ」ザ・フー
29/31「イッツ・レイニング・アゲイン」スーパートランプ
30/33「ラヴ・ミー・トゥモロウ」シカゴ

31/34「ゲット・クローサー」リンダ・ロンシュタット
32/32「今夜はエキサイト」リック・スプリングフィールド
33/35「ロックタウンは恋の街」ストレイ・キャッツ
34/36「I.G.Y」ドナルド・フェイゲン
35/39「ルック・オブ・ラヴ」ABC
36/42「マンイーター」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
37/37「アイ・ニード・ユー」ポール・キャラック
38/41「ハートブレイカー」ディオンヌ・ワーウィック
39/40「ソゥ・エキサイテッド」ポインター・シスターズ
40/44「シャドウ・オブ・ザ・ナイト」パット・ベネター


【ニューエントリーこめんと】

☆「マンイーター」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(Maneater / Daryl Hall & John Oates)

>ヒット・メーカーとしての快進撃は止まる事を知らないかの如く、ニュー・アルバムからの1stヒットが早くもチャート・イン。「恋はあせらず」(You Can't Hurry Love)に似たイントロと“♪オレ困らない”で始まる(?)このポップなブルー・アイド・ソウルは、チャートを急上昇後、足掛け2年に渡り首位をキープ(4週)。首位から陥落後も4位→6位→6位→6位→6位という粘りを見せ、ミリオン・セラーをもマークしている。でも、正直ワタシは好みではないのよね…。(小声で)

アルバム「H2O」(H2O)に収録。
H2O.jpg
↑アルバム・チャート15週連続の3位というのもスゴイなぁ☆
【試聴はコチラ】

☆「ハートブレイカー」ディオンヌ・ワーウィック
(Heartbreaker / Dionne Warwick)

>ビー・ジーズのバックアップを受けて誕生した、とても暖か味にあふれたポップ・ナンバー。最高位10位と、本業には陰りが見えてきたとはいえ裏方に徹したギブ三兄弟はまだまだ好調なり。余談ですが、下記のパット・ベネターによる初トップ40ヒットと同名異曲とはいえ、その真逆とも呼べそうな曲調には苦笑いするしかない?

アルバム「ハートブレイカー」(Heartbreaker)に収録。
【試聴はコチラ】
(パット・ベネター「ハートブレイカー」)

☆「シャドウ・オブ・ザ・ナイト」パット・ベネター
(Shadows Of The Night / Pat Benatar)

>ハードなポップ・ロック路線を貫く彼女による、ニュー・アルバムからの1stヒット。途中40位→23位というビッグなジャンプ・アップを見せたものの、最高位は13位止まり。それでも、やっぱカッコイイ楽曲であるのには違いあるまいて。

アルバム「ゲット・ナーバス」(Get Nervous)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年11月チャートTB : 0CM : 2
『Pieces Of Eight』StyxHOME『Sleeper Catcher / Time Exposure』Little River Band

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。