ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『Sleeper Catcher / Time Exposure』Little River Band ]
2012-10-29(Mon) 21:06:37
Sleeper Catcher/Time ExposureSleeper Catcher/Time Exposure
(2002/05/21)
Little River Band

商品詳細を見る


【Disk 1】
01. Shut Down Turn Off
02. Reminiscing
03. Red-Headed Wild Flower
04. Light Of Day
05. Fall From Paradise

06. Lady
07. Sanity's Side
08. So Many Paths
09. One For The Road

【Disk 2】
01. The Night Owls
02. Man On Your Mind
03. Take It Easy On Me
04. Ballerina
05. Love Will Survive

06. Full Circle
07. Just Say That You Love Me
08. Suicide Boulevard
09. Orbit Zero
10. Don't Let The Needle Win

11. Guiding Light
12. We Two
13. You're Driving Me Out Of My Mind


75年オーストラリアで結成されたポップ・ロック・バンド。

78年に発表された「夢追人」(Sleeper Catcher)と、81年に発表された「光ある時を」(Time Exposure)のセット販売品。

後者は当時LPにてそれなりに聴いた作品ですが、総じて“地味”というウワサを耳にしていた前者を耳にするのは今回が初めて。

(02),(06)といった今でも大好きなシングル・ヒットだけが浮いた内容なのかと思いきや、以外とまとまりがある一枚でありまして、アルバム全体が楽しめたその事実に“儲けた♪”という実感が…☆(おいおい)

約30年ぶりに聴いた「光ある~」ですが、こちらもLPにてリアルタイムで聴いていた時よりも聴き応えを感じたのは、やはり時の流れによる嗜好の変化なのでありましょうか?

なお、オマケとして83年に発表された「ネット」(Net)からのシングル・ヒット、(12),(13)が収録されているのはご愛嬌?


↑"Reminiscing"(追憶の甘い日々)
洋楽CDレビューAmazonと旅する(洋楽編)TB : 0CM : 0
1982年11月6日付(絶好調は止まらない!ホール&オーツ)HOME1982年10月30日付(名曲だと思うのだがチャート上では…、スーパートランプ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/675-f6c1f649



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。