ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年10月16日付(ヒットメーカーとしてのイエロー信号点灯!?ビリー・ジョエル) ]
2012-10-12(Fri) 14:27:42
01/01「ジャック・アンド・ダイアン」ジョン・クーガー
02/05「ノックは夜中に」メン・アット・ワーク
03/04「アイ・イン・ザ・スカイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
04/03「素直になれなくて」シカゴ
05/02「アブラカダブラ」スティーヴ・ミラー・バンド
06/07「アイ・キープ・フォーゲッティン」マイケル・マクドナルド
07/08「誰かが彼女を見つめてる」ジャクソン・ブラウン
08/09「風のマジック」アメリカ
09/11「ハート・アタック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
10/10「アイ・ラン」フロック・オブ・シーガルズ

11/17「愛と青春の旅立ち」ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ
12/12「ブルー・アイズ」エルトン・ジョン
13/13「やさしくしてね」ジュース・ニュートン
14/06「アイ・オブ・ザ・タイガー」サヴァイヴァー
15/21「愛のジプシー」フリートウッド・マック
16/16「ホールド・オン」サンタナ
17/18「グロリア」ローラ・ブラニガン
18/27「ハートライト」ニール・ダイアモンド
19/19「ホワッツ・フォーエヴァー・フォー」マイケル・マーフィー
20/23「サンライズ・パーティ」ケニー・ロギンスwithスティーヴ・ペリー

21/22「ビッグ・ファン」クール&ザ・ギャング
22/26「恋人」グレン・フライ
23/14「気になるふたり」メリサ・マンチェスター
24/24「ジャンプ・トゥ・イット」アレサ・フランクリン
25/34「ノーバディ」シルヴィア
26/28「冷たい仕打ち」スティール・ブリーズ
27/33「ニュー・ワールド・マン」ラッシュ
28/35「スウィート・タイム」REOスピードワゴン
29/29「愛と幻の世界」キム・カーンズ
30/32「ラヴ・カム・ダウン」イヴリン・キング

31/31「ユー・ドロップト・ア・ボム・オン・ミー」ギャップ・バンド
32/36「サザン・クロス」クロスビー、スティルス&ナッシュ
33/37「アティーナ」ザ・フー
34/48「アメリカン・ハートビート」サヴァイヴァー
35/41「夜の街へ」ジョー・ジャクソン
36/40「今夜はエキサイト」リック・スプリングフィールド
37/44「プレッシャー」ビリー・ジョエル
38/39「ミッキー」トニー・ベイジル
39/15「青春の傷あと」ジョン・クーガー
40/54「マッスルズ」ダイアナ・ロス


【ニューエントリーこめんと】

☆「アメリカン・ハートビート」サヴァイヴァー
(American Heartbeat / Survivor)

>超ビッグ・ヒットに続くある意味で重要な2ndシングルなのだが、当たり障りのないアメリカン・ロックで最高位17位というのは合格ではなかろうか。それでもワタシが所持しているベスト盤には収録されておらず、イラつかせることこの上ナシってか。

アルバム「アイ・オブ・ザ・タイガー」(Eye Of The Tiger)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「夜の街へ」ジョー・ジャクソン
(Steppin' Out / Joe Jackson)

>1954年イギリス出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名デヴィッド・イアン・ジャクソン。
チャートイン9週目でトップ40入りという超のんびり型のチャートアクションだったのだが、“ニューヨークの昼と夜”をテーマに仕上げたアルバムの"Night side"のラストに収録されている作品で、深夜の“闇”とネオンによる“光”を表現したようなサウンド作りにめっちゃシビれるニューウェイヴ系ポップ・ナンバー。最高位6位と、彼にとって最大のヒットを記録。

アルバム「ナイト・アンド・ディ」(Night And Day)に収録。
Night And Day
↑このジャケットデザインは、いつ見てもよく出来てるなぁと感心しかり☆
【試聴はコチラ】

☆「プレッシャー」ビリー・ジョエル
(Pressure / Billy Joel)

>アルバムからの1stシングルが4週目にようやくトップ40入り!?なんて事態はファンにとっては一大事な気がしたであろう当時ですが、ワタシがこの曲を初めて耳にしたのは今はなきAMラジオの老舗的深夜放送『ABCヤングリクエスト』のオープニング一曲目だったかな。“彼の作品にしてはやけに薄っぺらくて淡白過ぎるなぁ…”とショックを受けたものだが、最高位20位という結果に全米のファンも似たような反応だったようで一安心。(おいおい) 今回のアルバムに収録された作品はメッセージ性の強いナンバーが主役といった一枚に仕上がっており、全米でのセールスもあまり振るわず(といってもダブル・ミリオン!)、今回のアルバムはスルーかなと思ったのだが…。

アルバム「ナイロン・カーテン」(The Nylon Curtain)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「マッスルズ」ダイアナ・ロス
(Muscles / Dianna Ross)

>マイケル・ジャクソンによる作&プロデュース曲。独特の緊張感に包まれたポップ・ナンバーで、そのインパクトとスーパースター二人による組み合わせという作品にトップ3ヒットは確実かと思いきや、6週連続最高位10位という、ポール・マッカートニーの「テイク・イット・アウェイ」(Take It Away)同様のチャート・アクションを披露。その後の10位→41位という一気にトップ40圏外へというビッグ・ダウンも、「テイク~」同様というのもなぁ…。

アルバム「シルク・エレクトリック」(Silk Electric)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外78位★

☆「クール・マジック」スティーヴ・ミラー・バンド
(Cool Magic / Steve Miller)

>大復活を果たしたアルバムからの2ndシングルにも期待したのだが、最高位57位と撃沈。もっとイカした作品はなかったのかねぇ…。

アルバム「アブラカダブラ」(Abracadabra)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年10月チャートTB : 0CM : 0
1982年10月23日付(幸先良いスタート!ライオネル・リッチー)HOME1982年10月9日付(元気な一発ヒット!トニー・ベイジル)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/672-a19855b5



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。