ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年9月25日付(スティーヴ・ペリーとの共演!ケニー・ロギンス) ]
2012-09-21(Fri) 15:19:00
01/02「アブラカダブラ」スティーヴ・ミラー・バンド
02/04「ジャック・アンド・ダイアン」ジョン・クーガー
03/01「素直になれなくて」シカゴ
04/03「アイ・オブ・ザ・タイガー」サヴァイヴァー
05/05「気になるふたり」メリサ・マンチェスター
06/09「アイ・イン・ザ・スカイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
07/12「ノックは夜中に」メン・アット・ワーク
08/18「誰かが彼女を見つめてる」ジャクソン・ブラウン
09/08「青春の傷あと」ジョン・クーガー
10/11「恋の魔法使い」ドナ・サマー

11/10「テイク・イット・アウェイ」ポール・マッカートニー
12/14「風のマジック」アメリカ
13/13「愛の詩」ケニー・ロジャース
14/15「ブルー・アイズ」エルトン・ジョン
15/21「アイ・キープ・フォーゲッティン」マイケル・マクドナルド
16/16「アイム・イン・ラヴ」エディ・マネー
17/17「時へのロマン」エイジア
18/20「ファンシー」ジャーメイン・ジャクソン
19/22「ホールド・オン」サンタナ
20/25「恋するタッチ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ

21/26「アイ・ラン」フロック・オブ・シーガルズ
22/24「ホワッツ・フォーエヴァー・フォー」マイケル・マーフィー
23/23「ホット・イン・ザ・シティ」ビリー・アイドル
24/27「ビッグ・ファン」クール&ザ・ギャング
25/29「ジャンプ・トゥ・イット」アレサ・フランクリン
26/30「グロリア」ローラ・ブラニガン
27/36「やさしくしてね」ジュース・ニュートン
28/28「涙のハート・ビート」ランディ・マイズナー
29/31「愛と幻の世界」キム・カーンズ
30/33「メイク・ビリーヴ」トト

31/34「ユー・ドロップト・ア・ボム・オン・ミー」ギャップ・バンド
32/07「ホールド・ミー」フリートウッド・マック
33/35「恋人」グレン・フライ
34/43「サンライズ・パーティ」ケニー・ロギンスwithスティーヴ・ペリー
35/46「愛のジプシー」フリートウッド・マック
36/39「冷たい仕打ち」スティール・ブリーズ
37/37「抱きしめて」トニー・ケイン
38/38「OH!ジュリー」バリー・マニロウ
39/51「ハート・アタック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
40/40「レット・イット・ビー・ミー」ウィリー・ネルソン


【ニューエントリーこめんと】

☆「サンライズ・パーティ」ケニー・ロギンスwithスティーヴ・ペリー
(Don't Fight It / Kenny Roggins with Steve Perry)

>ケニー自身と、ジャーニーのリード・ボーカリストであるスティーヴによる共同作。このポップで爽快なロック・ナンバーのトップ10ヒットは確実かと思われたのだが、どこに至らぬ点があったのか解らぬまま最高位17位という結果に…。30年後の現在でも、それはナゾのままであーる。

アルバム「ハイ・アドヴェンチャー」(High Adventure)に収録。
High Adventure
↑シングル・ヒットは多かったのだが、アルバムとしての完成度はちょっと…。
【試聴はコチラ】

☆「愛のジプシー」フリートウッド・マック
(Gypsy / Fleetwood Mac)

>スティーヴィー・ニックス制作曲。スティーヴィーが持つ独特の妖艶さが、楽曲にも表現されたようなポップ・ナンバー。しかし最高位12位と、惜しくもトップ10には届かず。

アルバム「ミラージュ」(Mirage)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ハート・アタック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
(Heart Attack / Olivia Newton-John)

>39位→13位というビッグなジャンプ・アップには「フィジカル」級のヒット再び!?かと思われたが、それなりにインパクトのある曲調だったものの全体的に単調過ぎたためか、結果的には最高位3位止まり。逆にその派手なチャート・アクションに疑問が残るってか?

アルバム「O・N・J・グレイテスト・ヒッツVol.2」(Olivia's Greatest Hits Vol.2)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外76位★

☆「リボン・イン・ザ・スカイ」スティーヴィー・ワンダー
(Ribbon In The Sky / Stevie Wonder)

>最高位54位と、トップ40ヒットとはならなかったものの、81年の「レイトリー」(Lately)同様なかなか聴かせる傑作ではなかろうか。

アルバム「ミュージックエイリアム」(Stevie Wonder Original Musiqarium I)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年9月チャートTB : 0CM : 0
1982年10月2日付(スーパースターの貫禄!ニール・ダイアモンド)HOME1982年9月18日付(アメリカン・ハード・ポップ、スティール・ブリーズ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/669-8f8d1864



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。